FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

15
「そうよ千夜。もっと苦しんで、もっと喘ぎなさい。ほらっ、もっともっと」
「ひぃ~逝くぅ、逝く逝く逝くぅ。あぁいやっ、逝かせて、もう逝かせてぇ」
「んん~、逝きたい? 辛い? そうだ、首を絞めてもっと苦しめてあげる」
リリィさんは思い出したように、左手であたしの首を絞めました。それは緩や
かで優しさえ感じる絞め方でした。でも右手のGスポット責めが効きすぎて、
ただでさえ苦しいあたしには、それだけでも相当苦しいものとなるのです。
でもその苦しさと同時に、快感も確実にアップしているのです。だからあたし
はずっと絞めていて欲しくて、こう言ったのです……。
「あぁマリィさん苦しい、だめっ、やめてっ、苦しい、苦しいマリィさぁん」
「そう、その顔、その顔が好きなのよ。もっと、もっと苦しんで千夜」
やっぱり、マリィさんは首を絞め続けてくれました。
「あぁ、逝くっ、逝っちゃうっ、逝っちゃうマリィさん」
「んん? 逝けるものなら逝ってみなさい。ほぉ~らっ、逝ってごらん」
「あぁだめっ、ホントにだめっ。あぁ逝くぅ、逝く逝く逝くぅぅ~」
「あぁーまた逝きそうになって、でもだめっ、ここでお仕舞いよ」
「あぁいやっ、逝かせてっ、逝かせてください。お願い逝かせてぇ」
「それじゃ最初から。ほらっ、ここをクリクリしながら、首を……」
「ひぃぃ~逝くっ、逝くっ、あぁ~逝くぅ~。だめっ、やめないでっ」
「逝きそうねぇ。ほぉ~らっ、もう逝く寸前、1秒前でしょう」
「あぁ逝くっ、逝くっ、あぁ逝くっ、逝く逝くぅぅ~」
「ふふふっ、このまま焦らしてあげる。ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ」
「いやっ、逝かせてっ、逝かせてっ、だめっ、やめないで、お願いやめない
で。あぁぁ~逝くっ、逝く逝くっ、逝くぅぅ~、逝くぅぅ~」
「もうちょっと、あともうちょっと、もうちょっとで逝けるわよ。ほらっ、あ
と1秒、0.5秒。んん? ダメよ、逝かせない」
「あぁぁ~いやぁぁ~、逝かせてっ、逝かせてぇぇ~」
「さぁ、もう一回最初からよ。ふふふっ、可哀想ねぇ、本当に可哀想。でもあ
たしはすごく楽しいわ」
するとあたしは両脚を大きく拡げられ、その脚の間にマリィさんが滑り込むよ
うに移動したのです。
「これが千夜のおま○こね。よく見せて……」
あたしは花びらが左右に拡げられるのを感じました。
「まぁ、ホントによく濡れてるわね。もうグショグショじゃないの」
「あぁ、そんなっ、恥ずかしい。恥ずかしいですぅ」
「そうねぇ、こんなにグショグショのおま○こを間近で見られて。クリちゃん
も可愛いのねぇ。もう顔を覗かせてるわ。皮、剥くわよ。ほらっ」
「あぁん」
「まぁ、プックリと膨らんでもう真っ赤。これは凄く敏感になってる筈ね?」
そりゃ敏感になってるに決まってます。あれだけ焦らされて……。本当ならも
う何回も逝ってる筈なのですから。
「ねぇ、今ここを舌で舐められたら、堪らないわよねぇ」
「えっ、今? いやっ、そこは、そこはだめですぅ」
「うふふっ、そう言われると……。ほぉ~らっ」
マリィさんの舌先は、まるで蝶々のようにクリトリスの上を飛び回ります。
それは不規則でチロチロと、フワフワと物足りないような、でも初めて体験す
るその舌の動きに、あたしは快感の海に突き落とされたのです。その海は深
く、あたしはリリィさんにその深みへとズルズルと引き込まれていくのです。
「あぁ~、あぁぁ~いいぃ、あぁぁ感じるぅ、感じるぅ~あぁぁ~いぃぃ~」
「気持ちいいでしょう。いいのよもっと感じて。指も入れて、ほらっ、ここ」
マリィさんの指先が、またあたしのGスポットを捉えました。
「ひぃっ、そこは、そこは、ひぃぃ~、ひぃぃぃ~、あぁだめぇぇ~」
そんなあたしの反応に、マリィさんはあたしの下半身をガッシリと押さえ込み
ました。


すれ違いラプソディ

14
あぁ感じる。首を絞められると感じちゃう。
なんでかわからないけど、本当に感じちゃう。
あたしはマリィさんの左手で首を絞められ、右手の指先でGスポットを責めら
れています。特に指先は焦らすように強く弱く、絶妙触り方をしてきます。だ
からあたしの快感も波打つようになって、逝きそうになったり収束したりを繰
り返すのです。
「はぁぁ~、あぁぁ逝くぅ、逝くぅ……」
「んん? 逝っちゃうの? 千夜。可愛いわね。ホントに可愛いわ」
「あぁぁ~逝くっ、逝く逝くぅ、あぁ逝かせてっ、逝かせてマリィさぁん」
「んん~? だめよぉ~。まだまだじっくり気持ちよくしてあげる」
「でも、あたし、あぁん、あぁぁ~、逝きたい、逝きたいですぅ~」
「そうねぇ、あぁー逝きそう逝きそう。あぁー逝きそうだ。でもまだだめよ」
「そんなっ、あぁぁ~いいぃ、そうそこっ、そこ気持ちいい、あぁ逝くぅぅ」
「んん~ここねぇ。ここここ。こうすると、ほぉ~ら気持ちいいでしょう」
「ひぃぃ~逝くぅ、あぁそこっ、逝く逝く逝くぅ。あぁぁ~逝くぅぅ~」
「ほぉ~らっ、また逝けない」
「いやっ、逝かせてっ、逝かせてぇ~」
「だめよ。これを何度も何度も繰り返してあげる」
「いやっ、そんなのおかしくなっちゃう」
「そうねぇ、逝く寸前の快感が何度も訪れて。そしてその度に逝けなかった
ら。気が狂っちゃうわね」
「そんな、マリィさん……、意地悪」
「そう、あたし、意地悪なの。い・じ・わ・る……。だからこうやって焦らし
て千夜を虐めるの。もういつでも逝かせられるのに」
「いやっ、いやっ、そんなのいや……」
でもマリィさんは、この "いや" の意味をちゃんと分かってくれています。
「もう逃げられないのよ。もう千夜はあたしの玩具……」
それは期待通りの、いえ期待以上の答え方でした。
「あぁ、そんな……」
「可愛い千夜。あたしの千夜。さぁ、たっぷり焦らしてあげる……」
「いやっ、焦らされるなんていやですぅ」
「ダメよ。その可愛い顔が苦痛に歪むのを見て楽しむんだから。あたしの気の
済むまでね。言ったでしょう、苦しみ喘ぐ顔が大好きだって」
「マリィさん、赦して……」
「赦すも何も、玩具は遊ぶものでしょう。どう遊ぼうとあたしの勝手よ」
するとリリィさんの指先が、またあのスポットをクリクリと嬲り始めて……。
「はぁぁ~、だめっ、だめだめっ、逝くぅ、逝くぅ、逝っちゃうぅぅ~」
「ほぉ~らっ、また逝きそうだ。ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ。あぁー気持ち
いいねぇ。あぁー堪らない。この堪らない責めをじっくりじっくり……」
「いやっ、いやぁぁ~、あぁ~だめっ、もうだめっ、もうだめっ、もう逝かせ
てっ、お願い逝かせてぇ~」
「んん~、このクリクリがそんなに堪らないの。んん? それじゃたっぷりク
リクリしてあげようねぇ。ほぉ~らっ、クリクリクリクリ、クリクリクリク
リ、クリクリクリクリ、クリクリクリクリ、あぁーまだだよ。まだまだ。クリ
クリクリクリ、クリクリクリクリ、そうそう、その顔、その顔よ千夜」
その責めに、あたしの腰は持ち上がり、背中は反り返っています。それでもマ
リィさんは責めをやめません。逝きそうで逝けない快感。そんな残酷な快感の
大波にあたしは小舟のように翻弄されていたのです。
「いやっ、お願いもう逝かせてっ、もう逝かせてぇぇ~、あぁ逝きたいぃ~」
「まだよっ、まだ逝かせない。このままこれがずぅ~っと続くのよ」
「いやっ、そんなのいやっ、もう我慢できない。もう限界ぃ」
「あらあらっ、まだ始まったばっかりよ。ここから腰を据えてじっくりと虐め
てあげるから。覚悟しなさい。。そう、その顔、あぁー楽しい玩具ねぇ」

リリィさんはとても楽しそうな、でも酷薄な微笑みを浮かべていました。

すれ違いラプソディ

13
マリィさんは、あたしの乳首に噛み付くと、少しづつ力を入れてきました。
それは確かな痛みを伴いつつも、甘噛みの範疇を出ない力加減です。
「はぁぁっ、いっ、痛いっ……」
「痛い? ずぅ~っと噛んでてあげよっか」
マリィさんはあたしの両手首を握るとそのまま畳に押し付けて、自身の体重で
あたしを押さえつけてきました。
「えっ?」
「どう? レイプされてるみたいでしょう」
そう言って、とっても妖艶な顔で見上げています。
その圧迫感と拘束感は、あたしの被虐感を倍増させてくれます。
マリィさんはあたしの脚の間に自分の脚を割り込ませ、脚を閉じられなくする
と、片手をそのスペースに入れてきました。
あたし、動けない自分を相手が好き勝手にする。そんなシチュエーションが大
好きなんです。だからつい……。
「あぁ、いやっ、犯さないで……」
なんて言ってしまったんです。
「だめよ。ゆっくり犯してあげる。だって誰より可愛い千夜だもの……」
コリコリになってるあたしの乳首に、また歯が食い込みます。
そして右手の指が、あたしの股間の真ん中に……。
「あらっ、濡れてる。濡れてるわよ、千夜」
「あっ、いやっ、そんなっ」
「中はどうなってるの? 指を入れて調べてみましょうか」
すると触っていただけの指が、ジワジワとあたしの中に入ってきたのです。
「あぁっ、だめっ、だめですマリィさぁん。指が、指が入っちゃうぅ~」
「そうよぉ、指が入っちゃうの。ほらっ、あぁー入っちゃう入っちゃう。ほぉ
~らっ入っちゃった……」
そして指は当然のように、あたしの中でクネクネと動き回ります。
「あらあら、奥までこんなにヌルヌルだなんて、濡れやすいのね」
すると今度はあたしの乳首に口を近づけ、舌先でチロチロと往復ビンタを始め
たのです。
「あぁっ、あぁぁ~、そんなっ……」
噛まれ続けてジンジンと疼いている乳首を、マリィさんは舌で舐め、転がし、
時に強く吸い上げるのです。
「あぁっ、あはぁ、あぁぁ~ん、だめですぅ」
まだ十分に痛みも残っているのに。よりによって今このタイミングで。でもそ
れこそが、あたしの望んでいたタイミングなのです。
「うふふっ、まだズキズキするんでしょう。でも、だから感じちゃう。そうで
しょう? 千夜」
あたしは黙って首を縦に数回振りました。だってその時にはもう、マリィさん
の指先があたしの中の快感スポットを見つけていたのです。
「お返事もできないくらい感じちゃって、ここがそんなにいいの? ほらっ」
その指先は憎らしいくらい正確に、あたしのスポットを、その一点を捉えてい
ました。そしてクリクリと、まるで薬でも塗るように指先を動かすのです。
「ここでしょう、ここ。お返事しないと止めちゃうわよ」
「あぁぁ、そうです。そこです。そこ、そこそこ……」
「まぁ、ちゃんとお返事できるじゃない。気持ちいいことには貪欲なのね」
「だって、だって、あぁ~、あぁぁ~気持ちいいぃ~。あぁそこぉ~」
「んん~、気持ちいいの。そう。それじゃ、ここをクリクリしながら、首を絞
めてあげる。苦しくて、もっと気持ちよくなるわよ」
そう言い終わらないうちに、マリィさんはあたしの首を絞め始めました。
「あぁ~。あぁっ、あぁっ、くっくぅぅ~」
目を閉じたあたしが薄目を開けると、マリィさんは少し膝立ちになって、真上
から苦しむあたしの顔を見つめていたのです。
その顔は、とても楽しそうでした。

すれ違いラプソディ

12
「お願い、千夜。あなたの時間をちょっとだけあたしに分けて」
マリィさんの両手が、あたしの両手を握ります。
「マリィさん……」
そしてそのまま、あたし達はまたキスをしたのです。
でもそれはごく自然な流れで、あたしの中にも抵抗はありませんでした。それ
どころか、気がつくとあたしもマリィさんの背中に両手を回していたのです。
「千夜……、好きよ」
「えっ……」
「ねぇ、この間みたいなこと、またしてもいい?」
「は、はい」
「本当、嬉しいわ。あたしってちょっと変わってるのかしら? 首を絞めた
り、苦しんでる姿に興奮したり……」
「そんな、そんなことないです。人はみんなどこか変わってるんです。あたし
だって……」
「あたしだって?」
「あたしだって、ああいうことされるの……、好きですし」
「そう、やっぱりね。あたしの目に狂いはなかったわ。絶対千夜はそうだと思
ってた」
「そうなんですか」
「そうよ。千夜。あたしの言うこと聞ける?」
「はい」
「なんでも? どんなことでも?」
「はい」
「それじゃ、服を脱いで、裸になりなさい」
「えっ……、裸に?」
「そうよ。貴重な時間なんだから楽しまなきゃ」
「は、はい……」
戸惑いはあるものの、ついにマリィさんと。そう思うと、ちょっとあたしは興
奮しています。それにこの間みたいなこと、まひるとでは無理なんです。
「それにこれは絶対二人だけの秘密よ。いいわね」
「はい。わかってます」
あたしが服を脱ぎ始めると、マリィさんも脱ぎ始めました。
「下着も全部よ。ありのままの千夜が見たいの」
「はい……」

あたし達は全裸になると、畳の上に立ったまま向かい合いました。
そして抱き合ってキス。服を着ている時よりも、肌の温もりを感じます。
マリィさんはあたしの両肩を握ると、そのまま二枚並べた座布団の上にあたし
を横たえました。あたしが素直に仰向けになると、マリィさんはあたしの腰を
跨いでそのまま座りました。そして覆い被さりながら、あたしの首に両手を回
すとユルユルと締めてきたのです。
「くっ、くくっ……」
「苦しい? 千夜」
「は、はい。苦しい……、ですぅ」
「うふふっ、可愛い。苦しんでるあなた。本当に可愛いわ」
「あぁ、くっくぅぅ~」
「今日はもっと色んなことシテあげる」
「えっ……?」
そう言うとマリィさんは一気に体をズラして、あたしの胸に顔を近づけたので
す。
「ピンク色で可愛い乳首ね。もう勃ってるわよ。まだ首を絞めただけなのに」
「そんなっ、恥ずかしぃ……、です」
「こんな可愛い乳首を見ると、虐めたくなっちゃうのよね。こうやって」
マリィさんの口が乳首を吸い込みました。するとすぐに、あたしは乳首が硬い
ものに挟まれるのを感じたのです。

すれ違いラプソディ

11
千夜、どうして帰りが遅いの。何をしているの。もしかしたら誰かと……。
あたしはそんな不安と胸騒ぎの中、バスルームでオナニーを始めていた。

「あぁ、お願い千夜。そんなことされたら逝っちゃう、あぁだめ、だめよぉ」
もうあたしの両手は千夜の手だ。千夜の手はあたしが感じるように感じるよう
にあたしの性感帯を責め嬲る。一切の無駄がないその動きは、あたしをどんど
ん絶頂へと向かわせるのだ。
「あぁ逝くっ、逝っちゃう千夜、あぁだめっ、逝くぅ~」
甘美な絶頂を味わうその瞬間、千夜の指はまたピタリと停止した。
「あぁぁっ、いやっ、やめないで、逝かせて、逝かせてよぉ」
「だぁ~めっ。でも本当に逝きそうだったねぇ、まひる」
「ねぇ、お願い逝かせてっ」
「それじゃ、もう少し虐めてからね」
「えっ……?」
すると左の指が、あたしの中でクネクネと幼虫のように動き、右の指は一番敏
感なアソコを、コネコネと嬲り始めます。
「あぁっ、あぁぁ~だめっ、だめだよぉ千夜ぁ。また逝きそうになっちゃう」
「いいじゃない逝きそうになっても、だって逝きたいんでしょう?」
「でも、でも、あぁ~いいぃ、そう、そうだよ千夜。そうそう、あぁ感じる、
感じる、気持ちいいよぉ、千夜ぁ~」
「感じる? 感じてるねぇまひる。逝きたい? 逝きたいの?」
「逝きたい逝きたい。ねぇ逝かせて、逝かせて千夜」
「そう、それじゃ……」
次の瞬間、あたしは一気にあたしの指に責め立てられて……。

快感が電流のように全身を走り、体は感電したようピンと突っ張った。
大きな波が行き過ぎると、膝の力がガクッと抜けて、あたしはバスルームの床
にしゃがみ込んだ。出しっ放しのシャワーが降りかかり、あたしはそのままポ
ツリと呟いた。
「千夜、あなた今頃なにしてるの……?」



「今頃まひる、なにしてるのかな?」
あたしはマリィさんと、またライブハウスの楽屋に来ていました。
今日は休業日。鍵を持っているのはオーナーのマリィさんぐらいだから、朝か
らここには誰も来ていないはずです。
「なに考えてるの、千夜」
「えっ……?」
楽屋に入るとマリィさんはドアを閉め、あたしの横の座布団に座り込んだ。
ここの楽屋は、ちょっとした和風旅館を思わせる作りだ。
「なにって、別に……」
「本当? 後ろめたいんじゃない? まひるちゃんに」
「えっ……?」
「やっぱり。図星ね……。千夜わかりやすいもんね。そういうの」
「前ににも言ったけど、あたしは二人の仲を壊す気は無いの。ただ、時間をち
ょっとだけ分けて欲しいの。今だけ、この時間だけあれば、あたしはいいの。
だから、ねっ、千夜。お願い。あなたの時間をちょっとだけ私に分けて」
その時のリリィさんの目は、あの目になっていました。ねっとりと粘りつくよ
うな、無数の触手のように絡みついてくる目に……。
その目で見つめられては、あたしはもうマリィさんに絡め取られた小魚です。
もう身動きできず、マリィさんのなすがままになってしまうのです。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日