FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

27
マリィは千夜をマングリ返しにすると、右手の人差し指と中指を蜜壺に、左手
の人差し指をアナルに根元まで入れた。

「どう? おま◯ことお尻の穴を一緒に責められるのは」 
「あぁっ、そんなっ……」
「んん~、気持ちいいでしょう。気持ちいいわよねぇ。千夜は両方感じるんだ
から」
それは確かに事実だった。表と裏の快感は背徳の二重奏となって、千夜に襲い
掛かり始めていた。
「でも逝かせないわよ」
「えっ?」
「知ってるでしょう? あたしがそうやって虐めるのが好きなこと」
「は、はい」
「うふふっ、このままじっくり虐めてあげるからね。覚悟しなさい」

そして本格的に指が動き始めた。前後同時ピストン、前はクリクリ後ろはグネ
グネ。的確なスポットを責めに、腸壁を撫で回すような直腸責め。それらがじ
っくりと、ジワジワと執拗に続くのだ。

「あぁっ、あぁぁ~マリィさぁん……」
「ふふふぅ、存分に、思いっきり嬲ってあげる。可愛い千夜をヒーヒー言わせ
てあげるわ。やってみたかったのよねぇ。こういうの……」
「あぁぁ~だめっ、そこは、そこは、あぁぁだめっ、だめだめぇ~」
「そうねぇ、ここよねぇ~。ここ、ここ。ここを指先でこうするとぉ?」
「ひぃぃ~、だめっ、あぁ逝くぅぅ~、逝っちゃいますぅぅ~」
「だめよぉ~まだまだ。まだ逝っちゃだめ」
「そんなっ、そんなっ、もう、もう逝かせてぇ」
「だぁ~めっ。逝かせないぁ~い。もっともっと楽しんでから。もっとあたし
を楽しませて頂戴、千夜……」
「いやっ、もういやぁぁ。もう我慢できないぃ~」
「楽しいわねぇ。ほらっ、ほらっ、ほらほらほぉ~らっ、ここだ、ここここ」
「あぁぁ~だめっ、そこだめぇ、もうだめっ、逝くぅ、あぁ逝くぅぅ~」
「まぁ、千夜ったら、こんなに締め付けて。本当に逝きそうなのね」
「はい、はい、ホントに、ホントに逝きそうです」
「そう、どうしようかしらぁ」
「逝かせて、もう逝かせてくださいマリィさん……」
「そう、そんなに逝きたいの。それじゃ……。ねぇ、千夜。あたしの奴隷にな
らない?」
「えっ? 奴隷……、ですかぁ……」
「そう、奴隷。千夜があたしの奴隷になるっていうなら、逝かせてあげてもい
いけど……」

千夜にしてみれば、最初からそこまでの気持ちはない。
心のどこかにはいつもまひるがいたし、マリィさんとこうなってしまったの
も、今にして思えばまひるとの距離を感じ始め、寂しさが日ごとに増してい
って……、人肌を求める心の隙間をつかれたかもしれない……。
だから千夜の出した答えは "NO" だった。
やっぱりマリィさんはまひるとは違う。そんな当たり前のことを千屋は感じて
いた。するとマリィへの熱は、急激に冷めていった。

「そういえば今夜は七夕か……。彦星はまひる。織姫はあたし。やっぱりあた
し達、ダメかな?」
千夜はポツリと呟いた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日