FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

19
「由梨ちゃん……」
「ごめんなさい。突然こんなこと……。先輩だって困りますよね」

後輩の相談。それは突然の告白に形を変えた。
「うぅん……。いいの。大丈夫よ由梨ちゃん」
「えっ?」
「ねぇ由梨ちゃん。本当に私のこと好き?」
「は、はい……」
「だったらぁ……、ホテル……。行こっか」
「えっ? ホ・テ・ル……。ですか?」
「そう。行けるでしょう? 好きだったら」
「も、もちろんです。でも……」
「でも、なぁに?」
「いえっ、まさか、先輩の方から、それもホテルって……」
「いいじゃない。あたしだって……」
「そ、そうですよね。わかります、わかります」
「由梨ちゃんかわいいし、むしろ嬉しいくらいよ」
「ほ、本当ですか?」
「本当よぉ。嘘でこんなこと言うわけないでしょう」

でもあたしは、どこかで彼女と千夜を天秤にかけている。そんなズルイあたし
があたしは嫌いで、だからこの子への思いが本物なんだと思い込もうとする。

「なんかあたし、いいのかなぁ。先輩にこんな……」
「なにがぁ?」
「だって、願ったり叶ったりで。もう大好きです先輩」
「とにかく会社では絶対バレないようにしなきゃね」
「はい。わかってます」
それからのあたしたちは、周りを気にしながらのちょっと声をひそめた会話が
続いた。
「ねぇ、由梨」
あたしはいつの間にか、彼女のことを呼び捨てで呼んでいた。
「はい。なんでか?」
「あなた、スルのとサレルの、どっちが好き?」
「えっ? スルのとサレルの?」
「だからぁ、SかMかってこと」
「あぁ、だったらMです」
「そう、M。Mなの……」
「先輩はぁ?」
「あたしはSよ」
「だったら、相性ピッタリじゃないですかぁ」
そこからは、互いの性癖のカミングアウトのようなものが始まった。
「そうね。オナニーは? する?」
「は、はい。たまに……」
「たまにって。どれくらいの頻度?」
「周1くらいです。もう、こんなところで恥ずかしいですよぉ。先輩」
「いいじゃない。刺激があって。オナニーのオカズは?」
「オカズですかぁ? そうですねぇ。レイプ願望っていうか……」

結局、彼女は可愛い従順なネコちゃん。あたしはそんなネコちゃんを責めるの
が大好きなタチ。といったことが判明した。
「じゃ、行こっか……」
「はい」
私たちはフリージアを出ると、相合傘で近くのタクシー乗り場へと歩いた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土