FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

16
もとより抵抗するつもりなどありません。
でも、こうして下半身を押さえ込まれる感覚が、あたしの脳内に怪しい媚薬を
生み出すのは確かです。動けない。抵抗できない。もうやめて。虐めないで。
でもそんな気持ちとは裏腹に、もっと虐めて。もっと責めて、焦らして……。
そんな相反するあたしが、悶々と淫らな世界を彷徨うのです。

「うふふっ、どう? 皮を剥かれたクリちゃんを舐められて、Gスポットを指
嬲りされるのは……」
「感じます。凄く感じます。もう逝っちゃいそうですぅ」
「そうねぇ、凄く締め付けてるもの。ねぇ、今凄く逝きたいでしょう」
「は、はい。逝きたいです。逝かせてください」
「そうね。あんまり遅くなってもね。あとひと焦らししたら逝かせてあげる
わ。今度はギリギリを極めるわ。いく寸前の快感をどれだけ引き伸ばせるか」
「あぁ、そんな寸止め……」
「そうよ。逝きそうで逝けないギリギリがずぅ~っと続くようにするの」
「そんなこと……」
「あらっ、いいじゃない。あなたは気持ちいい。あたしは楽しめる。問題ない
でしょう。ないわよねぇ~? 千夜」
「は、はい」
「いい子ねぇ。それじゃ早速」

そこからのマリィさんの責めは絶妙を極めました。指は探るように、舌は味わ
うように、強く弱く優しく厳しく、そして色々な角度で……。それは意思でコ
ントロールできない体の反応を見ながらの、試行錯誤といった感じでした。
「はぁぁ~、あぁ~逝くぅ~、逝くぅ~、あぁ逝くっ、逝く逝くっ」
「んん~、やっぱりここねぇ、ここをこれくらいの力で、こう?」
「あぁぁ~、あぁぁそこ、そこそこ、あぁ逝くっ、逝く逝く逝くぅぅ~」
「それでこのままジワジワと……、ほぉ~らっ、どう?」
「あぁっ、だめっ、逝かせてっ、逝くっ、あぁ逝くっ、あぁぁ逝くぅぅ~」
「だめよまだ。成程ちょっと弱めるだけで……。でもまた強めるとぉ?」
「あぁ~逝くぅ、逝く逝く逝っちゃうぅ~。あぁ逝くっ、逝く逝くぅぅ~」
「んん~凄い凄い、凄い締まってるわ。奥が熱くてもうトロトロよ。全身も突
っ張って、痙攣が始まってる。もう本当に逝きそうなのね」
「逝くぅ、逝くぅ、逝く逝く逝くぅ、あぁ逝っちゃうぅ、あぁ逝く、逝くぅ」
「ほらっ、今まさに逝く寸前。この快感ずぅ~っと続くようにするの」
「そ、そんな、いっ、逝かせて、あぁ逝くっ、逝くっ、あぁ逝かせ、てっ」
「だめよ。このままじっくり焦らしてあげる。辛いわよぉ~、感じれば感じる
ほど辛い。こんなに感じてるのに逝けないの。ほぉ~らっ、じっくりと……」

もうマリィさんはあたし以上に、あたしの体を知り尽くしているようでした。
その証拠に、あたしは彼女の指先一本でどうしようもなく感じてしまい、彼女
は指先一本で、いつでもあたしを逝かせられるのです。
「それじゃそろそろ……、逝かせてあげるわ」
そう言ったマリィさんの指と舌は、今度こそ止まることはありませんでした。
全身が反り返っても硬直しても責め続けられ、何度も止められていた絶頂とい
う名の噴火のエネルギーが、ようやく解放されたのです。
「凄い凄い。こんなに締まって、あぁー逝ってるわ。千夜が逝ってる」

全てが終わると、マリィさんはあたしを優しく抱きしめてくれました。

あたしはマリィさんに全てを晒け出し、全てを見られました。でも不思議に後
悔はなく、またこの快感を味わいたいと……。
あたしはマリィさんの胸に顔を埋め、そんなことを思っていたのです。

ふと見上げた楽屋の時計は、2時間近く経過していました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日