FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

14
あぁ感じる。首を絞められると感じちゃう。
なんでかわからないけど、本当に感じちゃう。
あたしはマリィさんの左手で首を絞められ、右手の指先でGスポットを責めら
れています。特に指先は焦らすように強く弱く、絶妙触り方をしてきます。だ
からあたしの快感も波打つようになって、逝きそうになったり収束したりを繰
り返すのです。
「はぁぁ~、あぁぁ逝くぅ、逝くぅ……」
「んん? 逝っちゃうの? 千夜。可愛いわね。ホントに可愛いわ」
「あぁぁ~逝くっ、逝く逝くぅ、あぁ逝かせてっ、逝かせてマリィさぁん」
「んん~? だめよぉ~。まだまだじっくり気持ちよくしてあげる」
「でも、あたし、あぁん、あぁぁ~、逝きたい、逝きたいですぅ~」
「そうねぇ、あぁー逝きそう逝きそう。あぁー逝きそうだ。でもまだだめよ」
「そんなっ、あぁぁ~いいぃ、そうそこっ、そこ気持ちいい、あぁ逝くぅぅ」
「んん~ここねぇ。ここここ。こうすると、ほぉ~ら気持ちいいでしょう」
「ひぃぃ~逝くぅ、あぁそこっ、逝く逝く逝くぅ。あぁぁ~逝くぅぅ~」
「ほぉ~らっ、また逝けない」
「いやっ、逝かせてっ、逝かせてぇ~」
「だめよ。これを何度も何度も繰り返してあげる」
「いやっ、そんなのおかしくなっちゃう」
「そうねぇ、逝く寸前の快感が何度も訪れて。そしてその度に逝けなかった
ら。気が狂っちゃうわね」
「そんな、マリィさん……、意地悪」
「そう、あたし、意地悪なの。い・じ・わ・る……。だからこうやって焦らし
て千夜を虐めるの。もういつでも逝かせられるのに」
「いやっ、いやっ、そんなのいや……」
でもマリィさんは、この "いや" の意味をちゃんと分かってくれています。
「もう逃げられないのよ。もう千夜はあたしの玩具……」
それは期待通りの、いえ期待以上の答え方でした。
「あぁ、そんな……」
「可愛い千夜。あたしの千夜。さぁ、たっぷり焦らしてあげる……」
「いやっ、焦らされるなんていやですぅ」
「ダメよ。その可愛い顔が苦痛に歪むのを見て楽しむんだから。あたしの気の
済むまでね。言ったでしょう、苦しみ喘ぐ顔が大好きだって」
「マリィさん、赦して……」
「赦すも何も、玩具は遊ぶものでしょう。どう遊ぼうとあたしの勝手よ」
するとリリィさんの指先が、またあのスポットをクリクリと嬲り始めて……。
「はぁぁ~、だめっ、だめだめっ、逝くぅ、逝くぅ、逝っちゃうぅぅ~」
「ほぉ~らっ、また逝きそうだ。ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ。あぁー気持ち
いいねぇ。あぁー堪らない。この堪らない責めをじっくりじっくり……」
「いやっ、いやぁぁ~、あぁ~だめっ、もうだめっ、もうだめっ、もう逝かせ
てっ、お願い逝かせてぇ~」
「んん~、このクリクリがそんなに堪らないの。んん? それじゃたっぷりク
リクリしてあげようねぇ。ほぉ~らっ、クリクリクリクリ、クリクリクリク
リ、クリクリクリクリ、クリクリクリクリ、あぁーまだだよ。まだまだ。クリ
クリクリクリ、クリクリクリクリ、そうそう、その顔、その顔よ千夜」
その責めに、あたしの腰は持ち上がり、背中は反り返っています。それでもマ
リィさんは責めをやめません。逝きそうで逝けない快感。そんな残酷な快感の
大波にあたしは小舟のように翻弄されていたのです。
「いやっ、お願いもう逝かせてっ、もう逝かせてぇぇ~、あぁ逝きたいぃ~」
「まだよっ、まだ逝かせない。このままこれがずぅ~っと続くのよ」
「いやっ、そんなのいやっ、もう我慢できない。もう限界ぃ」
「あらあらっ、まだ始まったばっかりよ。ここから腰を据えてじっくりと虐め
てあげるから。覚悟しなさい。。そう、その顔、あぁー楽しい玩具ねぇ」

リリィさんはとても楽しそうな、でも酷薄な微笑みを浮かべていました。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日