FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ

8
「そ、そんなっ、だめですよ。マリィさん」
するとマリィさんは急に立ち上がって、あたしの正面に回り込みました。
そして "あの目" であたしを見つめたのです。そうあの目、ねっとりと粘りつ
くような、無数の触手のように絡みついてくる、あの目です。
でもあたしはその時、その粘りついて離れない、無数の触手に絡め取られてし
まったのです。
「千夜……」
マリィさんは一言そう言うと、あたしを両腕ごと羽交い絞めにして、強引に唇
を重ねて来たのです。
「うぅ、マリィ……、さん」
柔らかな胸。柔らかな唇。そしていい匂い。そんなマリィさんの情報が一度に
あたしの中で溢れかえります。
「あぁ、千夜。思った以上に柔らかい唇。それにいい匂い。胸も大きいのね。
服の上からじゃ分からなかったわ。着痩せするタイプ?」
えっ……? マリィさんも同じことを……。
「離して……、ください」
「だめ。せっかく千夜を抱きしめたんだから。そう簡単には離さないわ」
「そんなぁ~、マリィさん」
「まぁ、可愛い顔して」
そしてまたキスをしました。
「本当に可愛い……」
そしてまたキス。
そのキスは長いキスでした。って言うより、両腕であたしを羽交い絞めにした
まま、マリィさんが一方的に唇を離さなかったのですが……。
でもあたしはなんとなく全身の力が抜けてしまって……。
そんなあたしを感じたのか、マリィさんの舌があたしの唇をノックしました。
マリィさんの舌が、唇を開けなさい開きなさいとノックを続けます。
それでも唇が開かないと見ると、今度は背中に回った指が、背筋をスーッと撫
で上げたのです。あたしがビクンと反応してしまうと、今度は10本の指がサ
ワサワと背中をくすぐりました。
これには堪らず、あたしは口を開けて喘いでしまったのです。
「あぁぁ」
その瞬間を逃さず、マリィさんの舌があたしの中に滑り込みました。
「んっ、んん~」
マリィさんの舌はあたしの舌を舐めて吸って、まるで二匹の蛇の絡み合いのよ
うです。
「んぁぁ~、マ、マリィさぁん」

あたしはまた一段と力が抜けてしまいました。
でもそれはマリィさんからすれば、 "もうあたしを好きにして" 。という意思
表示の表れと解釈したのかもしれません。
だってマリィさんは羽交い絞めを解くと、両手でまた首を絞めてきたのです。

「んん? 苦しい? 千夜」
「んんっ、んんぁ~」
「うふふっ。苦しんでるあなたの顔、とっても可愛いわ。あたしその顔大好
き。ねぇ、もっと絞めていい? いいわよねぇ? ねぇ、千夜ぁ」
そう言ってマリィさんは、力を少しづつ強めていきます。
「あぁっ、あぁっ、マ、マリィ、さん……」
あたしは徐々に息苦しさを感じ始めました。でもマリィさんの両手は、相変わ
らず、 "ググッググッ" とあたしの首を絞めてくるのです。だからきっと、今の
あたしの顔は苦痛に歪んでいるはずです。
「あぁ可愛い。ホントに可愛いわ」
「あぁ、くっ、苦しいです」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日