FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

すれ違いラプソディ


あたしは、千夜の横で添い寝をしている。
もちろんお互い全裸だ。あたしは千夜の片脚を両脚で挟むと、閉じられな
いように自分の方に引き寄せ、そうしておいて千夜の股間に右手を伸ばした。
狙いはクリちゃんだ。もちろん探すまでもなく、あたしは右手の中指の先に、
コリコリになった千夜のクリちゃんを感じた。
それはまるで柔らかめのグミのような感じで、あたしそのグミを指の腹で押し
潰すようにすると、指を小刻みに動かし、グミをグネグネと嬲り始めた。
そうすると千夜はどんどん絶頂へと登りつめ……、やがてその瞬間が訪れる。
でもあたしは、その瞬間を直前で奪ってやるのだ。
「あぁ~ん、まひるぅ、気持ちいいよぉ、逝くっ、逝くぅ~」
千夜の体はピンと張りつめたようになって、脚を閉じようと抵抗する。
でも千夜の片脚にはあたしの脚が絡み付いていて、閉じることはできない。
一方あたしは、手を動かすスペースは十分あるので、思う存分千夜を嬲ってや
ることができるのだ。

「んん? 逝っちゃうのぉ? 千夜ぁ」
「うん、逝くっ、逝くっ、あぁだめ、逝っちゃう、逝っちゃうよぉ~」
「ほらっ、千夜のクリちゃんこんなにコリコリなってるよぉ」
「うん、気持ちいいぃ」
「クリちゃんがコリコリになってる時って、凄ぉ~く敏感になってるんだよね
ぇ~。だからそんな時にぃ、こうやってコネコネされると、凄くぉ~く感じち
ゃうんだよねぇ。ねぇ、千夜」
「あぁっ、だめっ、そんなっ、あぁぁいいぃ、感じるぅ、感じるぅぅ~」
「ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ……」
千夜の張りつめていた体は更にピンと張りつめて、もう腰が持ち上がりそうに
なっている。
「千夜、とっても気持ち良さそうな顔してるよぉ」
「うん、うん、だから、だからもう逝かせて……」
「だぁ~めっ、逝かせない……。まだまだじっくり焦らすんだから……」
「いやっ、いやぁ、もう逝かせてよぉ~」
「だぁ~めっ……。うふふっ、ほらっ、もっともっとコネコネしてあげる。千
夜が逝かないようにしながらね」
「意地悪ぅ、まひるの意地悪ぅ」
「だってまだ時間あるよ。それに "しよう" って言ったのは千夜でしょう?」
「そうだけど、あぁ逝くぅ、逝く逝くっ、あぁぁまひる逝くぅぅ~。あっ」
「まぁ~だっ。まだだよ。そんなに逝きたいの?」
「うん。逝きたい逝きたい。早く逝かせて、早く逝かせてよぉ」
その言い方は、まるで早口言葉のようだ。
「そう、それじゃあ……」
「逝かせて、逝かせてっ、まひるぅ」
「やっぱりだぁ~めっ。じっくりコネコネしてあげる。ほらほらほらっ」
「あぁっ、いやっ、いやっ、また逝きそうぅ、あぁ逝くぅ~」
千夜の全身はピーンと張りつめたまま、緩むことがありません。あたしはそん
な千夜の耳元に口を寄せ、わざと小声で囁いたのです。
「んん~、逝かせないよぉ~。逝きそうでい逝けないでしょう。逝く寸前のあ
の快感が、ずぅ~っと続くようにしてあげる。ほぉ~らっ、ほぉ~ら気持ちい
いねぇ、んん? どう? ほらっ、ココ、ほらっ、あぁぁ~逝きそう逝きそ
う。だめだよぉ~。でもこうすると、あぁーまた逝きそうだ。でも逝かせな
い。だってまだまだ、じっくりじっくりコネコネするんだから。一番敏感で一
番弱いココを、コネコネコネコネ。あぁー堪らないねぇ、ほぉ~らっ、また逝
きそうなってるじゃない」

絶頂を呼び込むかのように、千夜の腰が持ち上がる。でもその時は決して訪れ
ない。だってあたしが逝かないようにギリギリで焦らしているのだから……。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日