FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

47
「10分我慢しなさい。我慢できたら逝かせてあげるわ」
その約束を信じ、弥生は10分を堪え抜いた。

「よく頑張ったわね。それじゃ、これを使って逝かせてあげるわ」
雪絵が弥生に見せたもの、それは黒いディルドだった。数本のベルトで腰に装
着して使うそれは、表面に血管のような筋が走る、長くて太くいモノだった。
「どう? 逞しいでしょう」
「そ、それを……、あたしに」
「そうよ、これであなたを犯すの。あなたはあたしに犯されながら逝くのよ」
雪絵はそれを腰に装着し始めた。
「そ、そんな……。それにそんな大きいモノ……、あたし……」
「あらっ、いいじゃない。逝けるんだから。ほらっ、見てっ。立派でしょう」
雪絵は最後のベルトを締めると、腰を反らせてディルドを弥生に見せつけた。
「あ、あのう、トイレは」
「あらっ、それは約束に入ってないわ。約束は "逝かせてあげる" 。それだけ
のはずでしょう。トイレはまた別よ」
「そんなっ……」
雪絵は弥生の正面に歩み寄ると、ディルドの先端を股間へとあてがった。
「直腸も膀胱もパンパンにされて。そんな時にこれでジュボジュボされたら、
苦しいわよぉ。媚薬もしっかり効いてるし」
ディルドはゆっくりと、弥生の肉壺へと潜り込んでいく。
「いやっ、いやですぅ」
しかし分娩台に固定された弥生に、なす術があろうはずがない。
「大丈夫。約束通り逝かせてあげるから。あたしがたっぷり楽しんだ後にね」
「そんな、そんな、いやっ、あぁ大きい……、大きい、いやぁ、いやぁぁ~」
「そう、あなたには少し大きいサイズ、でもこれくらいの方が苦しいのよ」
「いやぁぁ、だめっ、こんなの、こんなので……、あぁいやですぅぅ~」
弥生の肉壺を押し拡げ、ディルドが収まった。しかしディルドにはまだ少し余
裕がある。その余裕をもったいないとばかりに、雪絵は腰を突き出した。
「ほらっ、奥まで "グッ" っと入れて」
「あうぅぅ~、あぁぁ~苦しいぃ」
「これでおま○こもパンパンね。さっ、犯してあげる」
雪絵が腰を引くとディルドがヌルヌルと引き出され、押すと今度はメリメリと
潜り込む。それはディルドの長さをいっぱいに生かしたグラインドで、ディル
ド越しに伝わる肉の感触が、その太さと長さを物語っているようだった。

「あぁー大きいわねぇ、あなたの肉を押しのけてグイグイ入っていくのが分か
るわぁー。それに、ほらっ、こんなに奥まで届いて、苦しいでしょう」
「やめてっ、あぁだめっ、苦しいぃ。トイレに、トイレに……」
「トイレはまだだめよ。でも気持ちいいでしょう。媚薬がしっかり効いて」
雪絵は腰の使い方を思い出したと言わんばかりに、リズミカルに動き始めた。
しかもその動きは簡単には逝かせない、微調整をしながらの動きだった。
「ほらっ、ほらっ、苦しいのに感じちゃうでしょう。それが凄く気持ちいいの
よ。だからすぐに逝っちゃうわよ。ほらっ、ジュボジュボ、ジュボジュボ」
「あぁいい、凄くいい、こんなに苦しいのに感じる。あぁ逝くっ、逝くぅ~」
「ねっ、もう逝きそうでしょう。ほらっ、ほらほらほらっ」
「あぁ逝くっ、逝きますぅ、あぁ~逝くぅ、逝くぅ、逝くぅ」
「逝きそうねぇ。ほぉ~らっ逝っちゃう、ほぉ~らっ逝っちゃう逝っちゃう」
「逝くぅ、あぁ逝くぅ、逝く逝くっ、逝く逝く逝くぅぅ~」
「んん~逝くの? 逝っちゃうの? あぁーもう我慢できない。ほぉ~らっ」
「ひぃぃ~、逝く逝くっ、逝く逝く逝くっ、逝く逝く逝くぅ~」
「あぁー逝きそうだ、ほぉ~らっ、ほぉ~ら逝っちゃう、ほぉ~らっ」
「逝かせてっ、逝かせてっ、逝く逝くっ、逝く逝くっ、逝く逝く逝くぅ~」
「どうしようかしらぁ? んん? もっとジュボジュボしてもいいのよぉ」
「ひぃぃ~、お願い焦らさないで、逝かせて、逝かせて、逝かせてぇぇ~」
雪絵は魔女のような微笑みで、喘ぐ弥生を見下ろしていた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土