FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

46
「トイレに、トイレに……」
「そうね、膀胱も直腸もパンパンのはずだものね。それも媚薬入りで」
「だから、だからトイレに行かせてくださいぃ」
「今すぐはだめ。一度逝ってそれからよ。それもこの筆責めでね。このソフト
な責めで逝けたら、排便と排尿を赦してあげるわ」
「は、はい……、わかりました」
弥生は素直に返事をした。しかしそれは、差し迫った便意と尿意が正常な思考
を妨げ、最短の道を模索させるのを知っている、雪絵の策略だった。

「いつでも逝っていいわよ。逝けるものならね」
筆先が媚薬に疼く肉芽に触れた。それは甘美とも言える絶妙な触り方だ。
ジワジワとサワサワと、筆は剥き出しの肉芽に襲いかかる。しかしそれは決定
的な刺激を欠いている。あと一歩。後ひと押しがない。だから弥生は逝くに逝
けず、それでも媚薬の力で、絶頂間近の快感を味わい続けることになる。

「ひぃぃ~、あぁぁ~、逝かせて、早く逝かせてくださいぃ」
「だからいいのよ、逝っても。逝きたくなったらいつでも逝って、弥生」
「でも、でもぉ~、あぁぁ~いやっ、もっともっと強くっ、もっと強くして」
「ふふふっ、どうしたの? 逝けないの? 逝きたいんでしょう?」
「あぁぁ~、逝きたい、逝きたいですぅ~、あぁっ、あぁっ、あぁぁ~」
「逝きたいなら逝けば……。ほらっ、逝けっ、逝け逝けっ」
「逝かせてっ、逝かせてっ、ひぃっ、ひぃぃ~もう逝かせてぇ~」
「ふふふっ、逝くに逝けないみたいねぇ。逝けないということは、この状態が
ずぅ~っと続くっていうことよ。いいの? まぁ、あたしは構わないけどね」
「そんな、そんな、逝かせて、逝かせてくださいぃ。ひぃぃ~、あぁぁぁ~」
「あらあら、また逝けなのぉ? んん~可哀想ねぇ。ほらっ、ほらっ、筆先だ
けで丁寧に丁寧に……」
「ひぃぃ~、いやっ、いやいやっ、だめっ、だめですぅ~」
「これが堪らないの? んん? あなたの堪らないない責めを何回も何回も。
ほぉ~らっ、どうだ。んん? まだよ、まだよ。ほぉ~ら、もう一回……」
「ひぃぃぃ~、もうだめっ、もうだめぇ~。あぁぁ気が狂いそう」
「そうよぉ、でもここからじっくりじっくり、じっくぅ~り。ほぉ~らっ」
「ひぃぁぁぁ~、もう堪えられない、もう堪えられない、もう限界ぃ~」
「もう限界? 限界になったところで、腰を据えて虐めてあげる。ふふふっ」
「あぁぁ~逝くぅ、逝くぅ、逝く逝く逝くぅ、逝くぅ~ あぁいやっ……」
「どうしたの? 逝かないの? 弥生。逝きたいんでしょう」
「逝きたいです、逝きたいです。逝かせて、もう逝かせてくださいぃ~」
「そうね、それじゃ後10分我慢しなさい。我慢できたら逝かせてあげるわ」
「えぇ……」
「ふふふっ、辛いわよ10分は。あたしには10分でも、あなたには100分に
も感じるはずよ。いいわね」
「は、はい……」
「一番敏感なところを、一番感じてた触り方で責めてあげるわ。ほぉ~らっ、
こうやって下からそぉ~っと……」
「ひぃ~、だめぇぇ~」
「やっぱりこれが堪らないみたいねぇ。 下からそぉ~っと……」
「ひぃ~、だめっ、だめぇぇ~、やめてっ、もうやめてぇ~」
「ふふふっ、やっぱり堪らないのね。今度は連続でほぉ~らっ、ほらほらっ」
「ひぃっ、そんなっ、ひぃぃ~、ひぃぃ~、だめっ、だめぇぇ~だめぇぇ~」
「まだよぉ。こうやって何回も何回も、ほぉ~らっ、ほぉ~らっ堪らない」
「あぁだめっ、もうだめっ、やめてっ、お願いやめてっ。だめっ、だめぇ~」
「だって逝きたいんでしょう。だから一番効く触り方で触ってるのよ。あなた
の為に。そう、みんなあなたの為なの。あなたに協力してるのよ。だから逝っ
て。ほらっ、丁寧に丁寧に、そぉ~っとじっくり何回も、ほぉ~らっ……」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日