FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

43
地下二階で分娩台に拘束された弥生。そんな彼女に、魔女の媚薬と呼ばれる媚
薬が、その効果を遺憾無く発揮し始めた。
呼吸は荒く、全身は紅潮し、赤みを増した粘膜はヌメヌメと濡れ光っている。

「はぁぁ、あたし、あたし……」
「媚薬が効いてきたみたいね。その状態がずっと続くのよ。薬が切れるまで」
「えぇ?」
「大丈夫。別に毒でもないし、体にも害はないわ。ただ性欲が高まって、全身
が敏感になって。いつもより強い快感を得られるだけよ」
「あぁ、あのぅ、トイレに……、トイレ、は、だめです、か……? さっきか
らずっと苦しくて……」
「だめよ。せっかく膀胱も直腸も媚薬でパンパンにしたんだから」
「でも苦しくて、あぁ苦しいぃ……」
バンビのような目が、救いを求めるように潤んでいる。しかしそんな目は、雪
絵にとっては逆効果だ。
「ねぇ、弥生。今シタいでしょう。凄くシタいでしょう。おま○こが疼いて、
今すぐ突っ込んで、なんでもいいから突っ込んで、って感じじゃない?」
「は、はい、そうです。シタいですぅ。凄くシタいですぅ~」
「そうよねぇ、逝きたくて逝きたくてしょうがないでしょう。手が自由なら絶
対オナニーしてる。早く逝かせてって、体が訴えてくるのよねぇ」

院長にこの媚薬を使われ、その身をもって体験した雪絵には、今の弥生の気持
ちが手に取るようによくわかる。
患者の痛みや苦しみを取り除き、少しでも軽く楽に……。そんな普段の看護
は、裏を返せばもっと苦しく辛くできるということだ。雪絵にはその知識も
技術もある。まして同じ女の体。今この状況でなにをされたら辛いか、分から
ないはずがない。
そんな雪絵が手にしたもの、それは一本の新しい筆だった。習字で使う小筆。
その筆を、雪絵は弥生に見える位置でチラつかせた。

「ほらっ、これ……」
「筆……?」
「そう、筆よ。これであなたを責めてあげる」
「筆……? で?」
「そうよ。シタくてシタくて堪らない、逝きたくて堪らないおま○こを、これ
でくすぐって焦らすの」
そう言いながら、雪絵は筆先をバラバラにほぐしていく。
「えっ、いやっ……、そんなのいやですぅ」
「ふふふっ、媚薬が効いてる今この時に……、辛いわよぉ、焦らされるのは」
尖っていた筆先は、もうフサフサにバラけている。
「いやです、いやです。やめてください」
「この毛先でね、触るか触らないかの感じで、そぉ~っとソフトなソフトなフ
ェザータッチで、敏感になってるココを触られたら。想像つくでしょう」
「いやっ、そんなのいやっ」
「時間を掛けてじっくと。何度も何度も繰り返されたら? しかも排尿と排泄
の苦しみも一緒になって。効くわよぉこれは。絶対耐えられないわ」
「いやっ、そんなの絶対いやですぅ」
「でもあなたは何もできない。ただ泣くしかないのよ」
「そ、そんなっ……」
「ましてやここは地下二階。どんなに泣いても叫んでも、地上階にその声が聞
こえるははずがない。どうするのぉ? ねぇ弥生ぃ」
雪絵は腰を上げて椅子の位置を微調整すると、改めて座り直した。
「さっ、これでいいわ」
そして右手に持った筆を、弥生の股間に近づけた。
「あたしね、こういうの大好きなの。たっぷり楽しませてもらうわよ」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日