FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

19
便器を跨いで腰を突き出しているマリア。そんなマリアの尿道口を、響子の髪
の毛がくすぐった。
「ねぇ、だめぇ。出ちゃうぅ、出ちゃうよぉ~、ねぇ、響子ってばぁ~」
「だぁ~めっ。出したらあたしとママでお仕置きだからね」
「そんなぁ」
「ふふふっ。しかもぉ~、マリアの一番弱いアソコをぉ~」
響子は右手で摘んでいた髪の毛を離すと、手のひらを上に向けた。そして中指
と薬指をマリアの蜜壺に差し込んだ。
「あっ、そんなっ……」
「そんでもって、こうだよ」
そしてそのまま親指で肉芽にタッチすると、3本の指でマリアの股間を摘むよ
うに動かした。
「あぁぁ~ん、ソコは、ソコはだめだよぉ~」
「だってぇ、電車の続きをしにここに来たんでしょう?」
「でもぉ」
「でもぉ、じゃないの。ほらっ、ここも押すよ。ほらっ、ほらほらっ」
右手に続き、左手が再び膀胱を押し始めた。
「えっ? また? あぁっだめっ、強い、強い。もうだめ出ちゃうぅ」
「ふふふっ、逝きながらお漏らしだよ。マリア」
「いやっ、そんなの恥ずかしいよぉ……」
「嬉しいなぁ、逝きながらオシッコするマリアが見られるなんて」
「いやっ、いやいやっ、絶対いやっ」
「いやって言っても。Gスポットとクリちゃんをクリクリするとぉ~?」
「あぁぁ~だめっ、ソコは、そっちもだめぇ。あぁ感じるっ、感じるぅぅ~」
「うふふっ、更に膀胱も……。ほぉ~らっ。さっきまでは出したらだめだった
けど、今からは出してもいいよ。その代わり逝きながらね」
「ひぃやぁぁ~、だめっ、こんなの、こんなのだめぇ~。ホントに、ホントに
逝きながら漏らしちゃうよぉ~」
「そうだよ。あたし本気だよマリア。だってあたしそれが見たいんだもん」
「あぁぁ~、だめだめっ、逝っちゃうぅ、あぁ逝っちゃうよぉ~」
「いいよ、逝っても。その代わりちゃんとオシッコもするんだよ」
「あぁぁ~そんなっ、あぁぁ逝くぅ、逝くぅ、逝く逝く逝くぅぅ~」
「逝きながら出さなかったら、ママとお仕置きだからね」
「いやっ、それは赦して。響子、お願い……」
「だぁ~めっ。あたしとママでマリアを何時間も焦らしてあげる。逝きたくて
逝きたくて堪らないマリアをじっくりジワジワ。ママも喜ぶだろうなぁ」
実際マリアにとっては嬉しい申し出ではある。しかし今は本当に一緒に逝って
しまいそうなのだ。
「あぁー締まる締まる、マリアのおま○こが凄い締め付けてくるぅ」
「あぁぁ~逝くぅ、逝くぅ、逝く逝くっ、逝く逝くっ、逝っちゃうぅぅぅ~」
次の瞬間、硬直したマリアの股間から、熱い銀線が迸った。
「あぁー凄いねマリア。逝きながらこんなにお漏らしして。わぁーまだ出るま
だ出る。わぁー……」
やがて迸りはポタホタとした水滴に変わった。マリアはグッタリと背中でドア
に寄り掛かった。
「うふふっ、凄かったよマリア。体がブルブル震えて、すごく気持ち良さそう
だった」
「うん、本当に気持ちよかったよ。響子」
響子はそんなマリアに歩み寄ると、ドアを背にしたマリアにキスをした。二人
の舌は、長い間二匹の蛇のように絡み合った。

二人はトイレを出ると駅へと向かった。駅までの道を歩きながら、二人はこん
な約束をした。
「ねぇ、マリア。今度ママのマンションに泊まりに逝かない?」
「うん、いいよ」
「そしたらさぁ、本当にママと何時間も焦らしてあげる」
「うん」
「縛って動けなくして、何時間も何時間もずぅ~っとだよ」
「うん。一杯虐めて。二人の気の済むまであたしを虐めて」
「うん。たっぷりと生き地獄を味あわせてあげる」
「わぁー、なんか楽しみぃ」
「もう、マリアったら。それじゃあね。麗子さんによろしく」
「うん。ママさんんによろしく。バイバイ」

そしてマリアは麗子のおつかいに、響子は学校へと向かった。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土