FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

18
マリアはまだ雫の光る響子の股間にキスをした。
そしてそれを舐め取るように下から上に舌を這わせる。
「あぁぁ~ん、そう、上手よぉ、マリア。あぁん、そう、そう、あぁぁ~ん」
マリアが響子の花びらを左右に開いた。
「そう、いい子ねぇマリア。中もちゃんと綺麗にして」
「うん」
ひし形に広がった紅い粘膜を、マリアは丹念に舐めた。そして口を尖らせる
と、まだ尿道内に残っている尿を吸い出すように小さな穴に吸い付いた。
「あぁぁ~ん、もう、それっ、あぁぁ~いいぃ。ねぇ、クリちゃんも、クリち
ゃんも舐めて」
「うん。クリちゃんも……。いいよ」
京子は腰を突き出しながら、自ら両手の指先で肉芽の皮を剥いた。
「ココよ、ココ……」
「うん。舐めてあげるから、そのままにしといて」
マリアは向かれた肉芽を舌の先でチロチロとくすぐるように舐めた。
「あぁぁん、あぁぁ~いいぃ、マリア。やっぱり上手ぅ」
響子の腰が一瞬引け、そしてまた伸ばされた。
マリアはそんな響子の腰に、両手を巻きつけるように抱きしめた。そしてその
まま顔を股間に押し付け、肉芽をチュウチュウと吸い上げた。
「あぁぁ~いいぃ~、マリア逝くぅ、逝っちゃうよぉ~」
返事のできないマリアは、その代わりに響子を絶頂へと追い立てていく。
「あぁぁぁ~、逝くっ、逝く逝くっ、逝くぅ~、逝く逝く逝っちゃうぅぅ~」
腰がガクンと震え、膝から崩れ落ちそうな響子をマリアが下から支えた。
「大丈夫? 響子……」
「うん、大丈夫。ありがとうマリア。こんなところで転びたくないからね」
呼吸のまだ荒い響子は、とりあえずといった感じでドアに寄りかかった。
「そうだよね」
そんな響子を、マリアは下から見上げていた。

「さぁ、今度はマリアの番だよ」
「えっ、あっ、うん……」
二人は場所を入れ替えた。今度はマリアが便器を跨いで腰を突き出し、響子が
その正面にしゃがみ込んだ。
「マリアもオシッコしたい?」
「うん。実は結構我慢してる」
「そうなんだぁ。どれどれ……?」
今日の右手がマリアの膀胱の上を軽く押した。
「あぁん。響子ぉ、出ちゃうよぉ」
響子が意地悪そうな微笑みを浮かべ、マリアを見上げた。
「えぇ、これだけで出ちゃいそう? そう、それはそれは……」
響子はウイークポイントを見つけたとばかりに、今度はギュウギュウと強めに
押し始めた。
「ほらっ、ほらっ、どう?」
「あぁ~ん、だめぇ、ホントにしたいんだからぁ」
「まだダメだよ。今出したらお仕置き。そうだなぁ、今度あたしとママの二人
掛かりで、じっくり虐めてあげる」
すると響子は左手でマリアの花びらをしっかりと開き、右手で自分の肩より長
い髪の毛を十数本束ね、その毛先でマリアの尿道口をくすぐった。
「あぁん、そんなぁ。そんなことされら我慢できないよぉ」
「だめっ。我慢して。ほらっ、ほぉ~らっ、毛先ちょっと入れてみようか」
「いやぁ、だめぇ、あぁ、あぁぁ~、出ちゃう、出ちゃうよぉ~」
「またそんなこと言ってぇ。いいのぉ? 二人でお仕置きしても。だってマリ
アがいけないんだからねぇ……」
「えぇ? あたしぃ? もう、響子の意地悪ぅ」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土