FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

12
「ねぇマリアちゃん。こんなものもあるのよぉ」
そう言って良子がバックから取り出したもの。それは2本のバイブだった。
1本は血管のような筋が走る、サイズ的には太いバイブ。もう1本はアナルバ
イブだろう。サイズ的にはずっと細いがとても長く、サイの角を思わせるカー
ブを描いてる。色はどちらも漆黒のように黒い。

「えっ、まさかママさん、それで……」
「そうよぉ。さぁ、これでじっくりと虐めてあげましょうねぇ」
「いやっ、そんなの……、堪えられないですぅ」
「そうね、指でも逝きそうになっちゃうのに、バイブなんか使われたら、あっ
という間にで逝っちゃうわよねぇ」
「そうです、ホントにそうですぅ」
「これを前と後ろに入れてぇ、じっくりと焦らすの。今まで以上に感じるか
ら、きっと凄く辛いわよぉ」
「あぁ、ママさん。お願いそれだけは……」
「それで下半身はバイブに任せて……。あたしは上半身を指と舌と唇で味わう
の。どう? 素敵でしょう? それじゃ早速……」
「あぁ、だめっ、ママさん」
「まず前にこのバイブを……、ほらっ」
良子は右手に持った黒いバイブの先端を、マリアの蜜壺の入り口に合わせると
そのまま押した。
「あらあら、濡れ過ぎなくらい濡れてるから。スーって入ってくわぁ」
「あぁっ、あぁぁ~ん、だめっ、あぁぁ~ん、あぁぁ~」
「次はアナル。こっちは長ぁ~いバイブよぉ。ほらっ、見てぇ」
そう言って、入れる前のバイブをわざわざマリアに見せた。
「そ、そんな長いのが……、入る、の……」
「そうよ。マリアちゃんの奥の奥まで。ほらっ、入れるわよ」
そして指先くらいのアナルバイブの先端を、マリアのアナルに合わせるとその
まま押していく。バイブは徐々に太くなり、最終的には指3本くらいの太さに
までなる。
「あぁっ、あぁぁ~、凄いっ、まだ、まだ入ってくるぅ」
「ほぉ~らっ長いでしょう。」
「はぁぁ~、そ、そんな奥までぇ。あぁっ、もう、もうだめぇぇ~」
「だめよぉ。奥までしっかり入れますからね」
「あぁぁ~、変な感じぃ。あぁっ、あぁぁ~ん深いぃ~」
「ふふふっ、どう? 2本のバイブにくし刺しにされた気分は……。でもここ
からが本番よ」

2本のバイブでマリアをくし刺しすると、良子はそれぞれのバイブレーション
のスイッチを入れた。マリアは前後同時に振動を感じ、それはすぐに快感へと
昇華していく。
「ひぃ~、ママさん逝っちゃいます、逝くぅ、逝くっ、あぁぁ~逝くぅぅ~」
ソファの上で腰を押し出すようにもがくマリア。そんなマリアに寄りかかりな
がら押さえつけ、良子は目の前の乳首に吸い付いた。
「あぁいやぁ、そんなっ、あぁぁ~もうだめっ、逝くぅぅ~」
しかしやはり絶頂は蜃気楼と化す。それは良子の巧みなバイブ操作によるもの
だった。
やがてアリアはソファから落ちそうなほど腰を突き出し、良子は隣のテーブル
の椅子を持ってくると、マリアの正面に起きそこに座った。
今、マリアは真正面に座る良子に向かって大股びらきの格好となっている。
そんなマリアの股間には当然2本のバイブが刺さり、良子は両手でこれをマリ
アが感じるように感じるように操作していた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日