FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

10
「マリアちゃん。今日はどんなふうに縛られたい? 何かご希望は……?」
一度逝った良子は、休憩を兼ねてマリアの隣に座った。
「ご希望って言われてもぉ……?」
「そう、それじゃあたしの好きなようにさせてもらうわよぉ」
「はい、ママさんのお好きなように……」
「いいのね」
「はい」
すると良子はマリアの左足首と左手首を一つに、同じように右足首と右手首を
一つに縛った。
「ママさん、こんな格好……」
「あらっ、いいじゃない。ほらっ、ソファに寄り掛かって……」
マリアがソファに寄り掛かると、良子は真正面からマリアに脚を開かせた。
手首と一つになった脚を拡げたその格好は、どうぞ好きに触ってくださいと言
わんばかりの格好だ。
良子はマリアの足の間に斜めに腰掛けた。
マリアは良子の体で足を閉じることができず、涼子はマリアを触り放題だ。
「うふふっ……」
左手をマリアの首の後ろから回し胸を揉むと、耳たぶを甘噛みしながら右手で
も胸を揉み始めた。
「あぁぁ~ん、ママさぁん」
「マリアちゃん、可愛いわ……。ほらっ、乳首がこんなに固くなった」
良子の手が、乳首を親指と人差し指で摘んだ。
「あぁん……」
そして首から回した左手はそのままに、右手は下半身へと移動を始める。
胸からお臍、お臍から下腹。そしてその下の柔らかな恥毛を触っても。手は止
まらない。やがて長い中指が、マリアの淫花の真ん中に蓋をした。
「もう濡れてるんでしょう……?」
すると淫花の真ん中に蓋をしていた中指が、そのままグイグイと中に押し込ま
れて来た。
「あぁっ、あぁん、ママさぁん」
「やっぱり濡れてる。さっきあたしを責めて、マリアちゃんも感じてたのね」
「えっ? あっ、あぁん。は、はい……」
「そう、それじゃ今度はあたしの番。可愛い奴隷をじっくりと虐めさせてもら
うわ」
指先が一気に潜り込み、一瞬でマリアのGスポットに触れた。
「あぁっ、あぁぁ~ん。ソコはぁ~」
「ほぉ~らっココ。ちゃぁ~んと分かるんだから。さっきはこうやって触って
くれたわよねぇ。こぉ~んな感じで……。ほらっ」
良子はさっきマリアがした指の動きを真似した。
「あぁぁ~ママさん。だめっ、だめですぅ。あぁいいぃ~、いいぃぃ~」
「うふふっ、やっぱりねぇ、自分がされたら感じる動き、それをあたしに教え
てくれてたのよねぇ。ねぇ、マリアちゃん」
「あたしはそんなっ、そんなっ、あぁだめっ、いいぃぃ~。ソコ、ソコォ~」
「わかってるわよぉ。ココでしょう? ココ。ほぉ~らっ。あたしのココをク
リクリしてくれたわよねぇ、こうやってこうやってこうやってぇ」
「あぁっ、あぁっ、あぁぁ~ん、いいぃ、ママさんそれ感じるぅぅ~」
「そうねぇ。マリアちゃんのココ、凄く締め付けてるもの。もう逝きそうなん
でしょう? 正直におっしゃい」
「はい、はい、もう逝きそうですぅ」
「そう、でも簡単には逝かせてあげないわよぉ」
「えっ? どうして、あたしはすぐにママさんを……」
「マリアちゃんはマリアちゃん。あたしはあたし。気の済むまでじっくりと焦
らして楽しみたいの。覚悟してねぇ」
良子の顔に、あの妖艶な笑顔が冷たく浮かんだ。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日