FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ


良子は背もたれに向いたままソファに上がった。両膝をついて膝立ちになる
と、お尻をつ出すようにして四つん這いになった。両肘を背もたれの上に乗
せ、その状態で掴まっている。
マリアは体を入れ替えるように立ち上がると、良子の後ろに立った。

「マリアちゃん。さっきの……して。」
「はいママさん。それじゃ……、入れますよ」
マリアはまだ濡れている右手の2本の指を、良子の蜜壺に沈めていった。
「あぁぁっ、あぁぁ~、そう、そうよ。そしたら指先で……」
「はい、ココ……、ココをぉ。こうやって……」
「あぁぁ~ん、そうソコ。ソコォ~」
「こうするとぉ……」
「あぁっ、あぁそれっ、それよ。あぁぁいいぃ、あぁぁ気持ちいいぃ~」
「これがいいんですよねぇ、ママさん。指先でクリクリされるのが」
マリアの指は、ここしかないという一点を集中攻撃している。ソコは良子にと
って、快感の源泉のようなところだ。
「あぁいいぃ、感じるっ、感じるっ、あぁそうよ、ソコが、ソコが凄く気持ち
いいのぉぉ~」
「ママさん凄く締め付けてくる。もうちょっと強くしてみますよぉ。ほらっ」
指先が微妙にスポットに食い込み、そのまま軟膏を塗る動きを見せた。
「ひぃぃ~、あぁぁなんて気持ちいいのぉ~。あぁっ、あぁっ、あぁぁ~ん」
「今度は、ちょっと弱くしてから、こうです……」
クリクリと動きながら、指先は微妙に押し付ける力に強弱を付け始めた。
「ひぃぃっ、ひぃぃあぁぁ~、だめっ、だめよマリアちゃん。そんなの、そん
なの、ひぃぃ~、ひぃぃ~」
「頭の中が真っ白になっていく感ですか? ママさん」
「そう、そんな感じ……。あぁマリアちゃん分かるのね……」
「はい。よぉ~っくわかりますよ、ママさん。これ以上されると、逝きたくて
逝きたくて堪らなくなりますよ。ほらっ」
「えっ? あぁマリアちゃん。あぁぁ~、あぁぁぁ~、あぁ逝くぅぅ~」
「どうです? 逝きたいでしょう」
「あぁぁいいぃ、逝くぅ、あぁ逝きたい、ホントに逝きたいわぁ」 
「どうしますぅ? 逝きますかぁ? それとも、焦らされたいですかぁ」
「逝かせて、逝かせてちょうだいマリアちゃん」
「でもママさん。今日はアナルがまだですよぉ。いいんですかぁ?」
良子に考える余地を与えんとばかりに、マリアの刺激が少し弱まる。
「えっ、アナル? アナルは……」
今すぐにでも絶頂を味わいたい。しかしアナルも感じる良子は、その快感も捨
てがたい。
「いいですよ。あたしはどっちでも。ママさんの好きな方で。あたしママさん
の奴隷ですから。言う通りにします」
「あぁ、マリアちゃん。あぁぁ~、あぁぁん」
今すぐに逝くか、アナルの快感も楽しむか。良子の淫らな天秤は止まらない。
麗子に責められているマリアには、そんな良子の気持ちがよく分かる。そんな
マリアは、もう左手の中指を舐めている。
「それじゃママさん、アナルも……」
マリアは良子の返事を待たずに、濡らした中指をアナルに少し差し込んだ。
「えっ? あっ、マ、マリアちゃん、あぁっ、あぁぁ~ん」
「まずは入り口を……」
第一関節まで入れた中指を、かぎ型に曲げてグリグリと手首ごと捻り回す。
「あぁっ、あぁぁ~、マリアちゃんいいぃ~、やっぱりアナルもいいわぁぁ」
「うふふっ、やっぱり……。今度は奥ですよぉ」
指を根元まで差し込むと、またグリグリと手首ごと捻り回した。
「あぁぁ~いいぃ、いいぃぃ~、あぁぁ気持ちいいぃ~」
「とどめは、Gスポットをいっしょに……、いきますよぉ~」
そう言った瞬間。良子の背中がビクッと震えた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日