FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ

6
麗子が帰ると、店内にはマリアと良子だけになった。
良子は店の外まで麗子を見送ると、こっそりとOPENの札を裏返しCLOSED
にした。そしてドアを閉めると鍵を掛け、そのままドアのカーテンを閉めた。
マリアは店の奥のソファ席から、そんな良子を見ている。

「響子ちゃんはまだお休み。今年は明日からなの」
奥のマリアに声をかけながら、良子は窓のカーテンを端から締めていく。
「そうなんですか、道理でいないと思った」
響子はマリアの親友で、Mのマリアに対し響子はS。同い年ということもあ
り、麗子と同じくマリアとの愛称はすこぶるいい。
「会いたかった? 響子ちゃんに……」
良子はすべてのカーテンを閉めた。それでも漏れてくる光で、店内はそれほど
暗くはならない。
「あっ、いいんです別に。どうせすぐ会えますから」
カーテンを閉め終えると、良子はマリアのいるテーブルへと歩いた。
「そうよね。だから今日は……」
マリアの隣へと座ると、マリアにピッタリとくっついた。
「あたしとマリアちゃんの二人きり……」
「あっ、はい。そうですね、ママさん」
「麗子もね、マリアちゃんを預けるって言ってくれたの。わかるでしょう。こ
の意味……」
「は、はい。わかります。麗子様公認……って、ことですよね」
「そうよ。可愛い子……。可愛い子はたっぷり可愛がってあげるわ」
良子は片手でマリアの頭を撫でると、耳元に唇を寄せた。
「あぁーいい匂い。マリアちゃん香水かえたのね。
「はい」
「とってもいい匂いよ。マリアちゃんにぴったり」
「ありがとうございま……、あっ、ママ……、さん」
良子はマリアにキスをした。最初は軽く触れ、次は自分から舌を入れた。
「んんっ、んあぁぁ~」
「マリアちゃんも舌出して。そう」
マリアが舌を伸ばすと、それをチュルッと吸い込んでしゃぶる。ひとしきり舌
をしゃぶると、今度は耳たぶを甘噛みした。
「あぁぁ~ん、ママさぁ~ん」
「なぁにぃ? 今日はあたしの奴隷よ。いいわよねぇ? マリアちゃん」
「は、はい。あたしはママさんの奴隷です」
「ちゃんとあたしの顔を見て、もう一度言って」
「あたしは、ママさんの奴隷です。なんでもお申し付けください」
「うふっ、可愛いこと言って。いい子ねぇ、本当にいい子」
そう言いながら立ち上がると、良子は下半身だけ裸になった。
「それじゃあたしのココ、綺麗にしてもらおうかしらぁ? できるわよね」
「はい。綺麗にします」

マリアにとって、良子との絡みは今までにもあった。大抵は良子のマンション
だが、この店でも何回かはある。すでに信頼関係もあり、麗子公認ということ
もあって、マリア自身それほど抵抗は感じてはいない。いや、むしろ日頃ママ
さんと呼んでいる良子に愛され、喜んでいるに違いない。

ソファに座っていたマリアは、座ったままで体をズルズルと下へ滑らせていっ
た。お尻がソファから落ち、腰から背中が滑り落ち、やがて後頭部だけがソフ
ァに乗っている状態になった。
良子はソファに向かってマリアの顔を跨ぐと、両手で背もたれに掴まった
「さぁ、綺麗にしちょうだい」
そう言うと良子は、股間をマリアの顔に近づけた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土