FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

マリアフレンズ


「それじゃ、そろそろ……これよ。マリア」
麗子が右手を開くと、さっき見せた小ぶりな真珠が載っている。
「あぁ本当にそれで……」
「もちろんよ。まずはこれを奥まで……」
花びらを開いたまま、右の中指で真珠を蜜壺へと押し込んだ。
「あぁ~ん、れ、麗子さまぁ~」
「あとはこの真珠を……、マリアのGスポットに……」
麗子は真珠をGスポットへと近づけると、今度はそれを指の腹に乗せ、Gスポ
ットにジワリと押し付けた。
「あぁ、だめっ、あぁソッ、ソコはぁ~」
「そうねぇ、ココがマリアのGスポット……。ほらっ」
そのあまりに正確な位置。おそらく1ミリとズレてはいないだろう。
「あぁぁ~、麗子さま。ソコッ、ソコですぅ~、あぁいいぃ、いいぃぃ~」
マリアはGスポットに真珠を感じると、途端に感じ始めた。
「ふふふっ、この真珠をここでこうやって、コロコロコロコロほぉ~らっ」
マリアのGスポットで、麗子の指に乗った真珠が転がり始めた。その場所、力
加減、転がし方。それらはマリアの体を知り尽くした麗子でなくては出来ない
ことだ。長年の二人の関係が築きあげた、一朝一夕にはなし得ないマリア専用
のテクニックといってもよかった。

「あぁぁっ、あぁぁ~、麗子様、だめっ、だめっ、だめぇぇ~」
マリアの全身に電流のような快感が走り抜ける。いや、走り続ける。
「んん~、ココがそんなに堪らないの? マリア」
「は、はい。堪りません堪りません。あぁだめぇ、あぁ感じる、感じるぅぅ」
「そう、そんなに気持ちいいの。それじゃもう少し強く……、ほらっ」
「はぁぁ~、いいぃい~、あぁぁっ、あぁぁっいいぃぃー」
「あぁー堪らない。ほぉ~らっ、ほぉ~らっココだ」
敏感なマリアの身体は、どんどん絶頂へと押し上げられていく。
「ほぉ~らっ、ほぉ~らっ、逝きたくなってきたでしょう」
麗子の指は強弱をつけ、位置を微調整しながら、一番感じる一点だけに真珠を
当てて転がしている。
「ひぃ~だめぇぇ~、あぁ麗子様、あぁぁ~、あぁぁぁ~お赦しくださいぃ」
「だめよっ。赦さない。せっかくマリアの一番好きな "真珠転がし" だもの。
もっと楽しまなくちゃ。ねぇ、そうでしょう」
「そんなっ、でも、でもこれ以上は、あぁ、あぁぁ~逝くぅ、あぁぁ~」
両手を拘束された体で、マリアは必死に身悶える。
「んん? まだよ、まだ逝かせない。言ったでしょう。年を超えるまでこのま
まだって。ほらっ、まだ1時間以上あるわよ。」
「あぁぁ~、あぁだめぇぇ~。もうだめっ、もうだめっ、いっ、逝くぅ~」
しかし麗子はここぞとばかりに刺激を弱める。それは止めるのではなく、弱め
るのだ。しかも必要以上には弱めない。マリアが逝けないギリギリを見切って
弱める。その時間が最短なのは言うまでもない。
一方マリアは、それによって逝くことができない。絶頂1秒前、いや0,5秒前
で逝くことができなくなるのだ。しかも次の瞬間には、また絶頂寸前の快感が
全身を包み込み、一気に絶頂へと、それも強制的に押し上げられていくのだ。

麗子は姿勢を変えて、マリアに添い寝をした。まずは自分の脚をマリアの脚に
絡め、脚を閉じられなくするとその股間に右手を伸ばした。真珠をGスポット
にセットすると、再び転がし始めた。
「ひぃっ、あぁ麗子様っ、あぁぁ~、あぁぁ~いいぃぃ~」
「うふふっ、マリアの感じてる顔、特にこうやって焦らされてる時の顔。とっ
ても可愛いわよ。この顔あたし大好きなの……」
そして麗子は、逝きそうで逝けないマリアの顔を、真上から見下ろした。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土