FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Archive2017年04月 1/1

しろっぷ

39「ほぉ~らっ、ほぉ~らっ、気持ちいいでしょう」杏奈はラムのGスポットに、快感を送り込んだまま焦らし始めた。ラムは切れることのない快感に、逝くこともできずに悶え続ける。「あぁっ、ひぃぃ~、逝くっ、逝くぅぅ~、あぁだめっ、逝くっ、逝くっ、逝かせて、逝かせて、あぁお願い、逝かせてください」「ふふふっ、だめよぉ。じっくり、じっくり。じっくりと焦らしてあげる」「いやっ、逝きたい、もう逝きたい。あぁ逝くっ、...

  •  0
  •  0

しろっぷ

38「あぁだめ逝くっ、逝くっ」「んん? ここ? ほらっ、もうちょっと奥は?」杏奈は1ミリ刻みでラムのGスポットを探していく。「あぁぁっ、ひぃぃぃ~。そ、そこっ、そこそこ、そこですぅ~」「んんー、あぁー締まる締まる。凄い凄い」「あぁぁ、いいぃ、あぁ逝くぅ、逝っちゃいますぅ~、先生ぇ~」「あぁーここだ、ここ、ここ」「そうです、そこです。そこです。あぁ逝かせてっ、早く、早く逝かせてっ」「あらっ、何言ってる...

  •  0
  •  0

しろっぷ

37ラムの両手は自由だ。だが元より抵抗するつもりはないため、杏奈のされるがままになっている。いや、むしろ縛って欲しいくらいだ。しかし、それを言い出したことはない。もし本当に縛られら、戻ってこられないような気がする。その世界から、そんな自分から。元の自分に戻れないような気がするのだ。もちろん覗いてみたい世界ではある。いやむしろ片足を突っ込んでいると言ってもいい。しかし、まだ、まだ間に合う気がする。だか...

  •  0
  •  0

しろっぷ

36ラムは放課後の保健室で、制服姿にショーツだけを脱ぎ、ベッドに横たわっている。自ら脚を開き、両手で膝の裏を持ってその体勢をキープしている。保険医の桃井杏奈はそんなラムの真正面に座ると、拡げた股間の中心にゆっくりと指を挿入していった。「あぁっ、あぁん先生……」「だめよっ、動いちゃ」「は、はい」「ほらっ、まずは第1関節、第2関節」「あぁ、あぁぁん、先生、もう……」「まだよ。根元まで全部入れるわよ。いいわね...

  •  0
  •  0

しろっぷ

35杏奈はラムの足の間に座り、彼女の肉芽の皮をスルリと剥き上げた。「まぁ、可愛い」「あぁん、杏奈先生……」「どれどれ、よく見せて」杏奈は腰を折りたたみ、顔をラムの股間に近づけた。「うふっ、よく見えるわぁ。クリちゃんが濡れて光ってるわよ」「あっ、そんなっ、恥ずかしいですぅ」「まずは匂いよ。おかしな匂いがないか、よく匂いを嗅いでみますからね」「えっ、そんな……。あっ、いやっ……」杏奈は鼻の先を接触させ、わざと...

  •  1
  •  0

しろっぷ

34杏奈は指責めが好きだった。自分の指1本。そのわずかな動きの変化で相手に快感が生まれ、喘ぎ、感じ、やがて絶頂に達していく。その間の悩ましげな顔、苦しげな顔、時に助けを求めるように、食い入るように自分を見つめてくる。そんな顔を見ながら相手を弄ぶのもまた一興だ。それがラムのような可愛い子ともなれば、それはもう格別なものとなる。そしてラムは、そんな杏奈に責められるのが好きだった。彼女の指の動きも。熱く冷...

  •  1
  •  0

しろっぷ

33生徒会副会長のラムは、パンティーだけを穿いていない制服姿で、保健室のベッドに横たわっている。足を開かされたその足の間には、保険医の桃井杏奈が腰を下ろしている。そして今、ラムの脚がM字に折りたたまれ、スカートの中のアソコが丸見えになった。しかしラムは、ドキドキが止まらないのだった。「あっ、先生、そんなっ、恥ずかしいですぅ」「あらっ、この方がよく診れるのよ。我慢しなさい」「は、はい」「さぁ、開きます...

  •  1
  •  0

しろっぷ

32ラムは短い制服のスカートから、カモシカのような足がすらりと伸び、杏奈は白衣の裾が割れ、膝上のスカートから太ももが半分ほど見えている。「綺麗な脚ね、ストッキング履かなくて寒くないの?」杏奈がラムの白くツルっとした太ももを撫でた。するとラムは嫌がるそぶりも見せず、いやむしろ大歓迎といった感じで脚を少し開いた。「大丈夫です。それに、もうすぐ夏ですよ先生」「そうね……」手は脚の間に滑り込むと、そのままスカ...

  •  1
  •  0

しろっぷ

ー第2章ーPROLOGUEその電車に乗り長いトンネルを抜けると、鳥の名前のつく駅が三つ続く。ツグミ町、カワセミ町、セキレイ町。この三つ目のセキレイ町に、この物語の舞台となる、『雛百合学園女子高等部』がある。この学園は、トンネルのある山の上にある。山といっても数キロにわたって続く丘のようなもので、砂山のような独立した円錐形のものではない。このセキレイ町では多くの女子高生が乗降する。この町と学園の紹介がてら、...

  •  1
  •  0

蛍の言の葉

                                    ー蛍の言の葉ー  蛍の言の葉は予告やお知らせ、作者の近況報告などを知らせします□ あとがきしろっぷ、第1章が完結しました。サブタイルをつけるとすれば、『校長と生徒会長』『なかよし3人組』といったところでしょうか。超長期と銘打ってスタートした『しろっぷ』ですが、まだ街の景観や学校の様子などがあまり描けていません。第2章では、この辺...

  •  1
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日