FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Archive2012年09月 1/1

白い魔女 4

9院長室で責められている御堂雪絵。普段の婦長の姿からは想像もできない変態振りを、いま院長の如月真弓の前にさらけ出していた。御堂の体は媚薬で熱く火照り、過敏になった蜜壺を筆で責められ、全身が性感帯になったようなその体は、異常なまでに絶頂への欲求が高まっていた。そして今、真弓は右手にゴム手袋をした。ゴム手袋といってもそれは手術用の薄いモノで、装着すれば手にピタリと貼り付く。長さは手首よりやや長い。真弓...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

8あぁ、明日、明日本当にこんな診察が……。まさか、そんなコトあるワケない。そう思ったとき、肉壺の中の指の動きが止まった。それは、改めて妄想と現実のギャップに、目が覚めたのかも知れない。あたしが勝手に期待して、妄想して……。そうだ、あたしは御堂さんとのメールのやりとりを、自分の妄想の材料にしただけだ。明日病院に行っても、淡々とした問診や診察が待っているだけ。それが当たり前なのに。でも、でももし……。ううん...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

7あたしの乳首は硬くなり、ピンと起ち上がっている。こうなると、もうあたしのイケナイ妄想は止まらない。あたしは診察室のベッドに移動させられた。婦長の御堂さんがあたしの横から乳首をそっと摘んだ。するとジンワリとした快感が体の芯に染み込んでくる。そのまま大胆に乳房を握って、クニュクニュと揉みし抱く。そんなあたしを院長は、正面から観察するように見ているのだ。自室のベッドの上で、背中が弓なりに反り返り、まる...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

6ローテーブルに縛られた御堂の様子に、明らかに変化が見られた。最新の媚薬が効果を見せ始めると、彼女は動けぬ下半身を必死によじるようにして身悶え始めたのだ。「どんな感じなの? 雪絵」「最初にとっても熱くなって、でもそれが収まると今度は、性感の感度がアップしているような、とってもイヤラシくジンジンと疼くんです」「そう、ジンジン疼くのぉ? イイ感じじゃない。ほぉ~らっ」真弓は人差し指と中指を伸ばすと、御...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

5ここで院長室の簡単な説明をしておく。院長室はB棟4階の奥にあり、ドアを入って正面に机。右側の壁にソファとローテーブル。左の壁にビデオカメと50インチのモニター。そのモニターの横にバスルームと仮眠室へのドアがある。バスルームのバスタブは大きく、排水溝も特大サイズだ。仮眠室には窓はなく、キングサイズのベッドが置かれている。この4階の奥、特に院長室に用事がある場合は事前に内線連絡が必要で、普段ナース達も...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

4土曜日の朝、あたしは8時にメール出すと、その後30分程軽いジョギングをした。そしてシャワーを浴びると、まさかとは思いながら、いやどこか御堂婦長からの返信を期待してサイトにアクセスしてみた。「えっ、本当に……?」すると、何と返信が来ているではないか。いい意味で期待を裏切られたあたしは、早速そのメールを読んだ。>>>   こんにちは。   『夢の森病院』、婦長の御堂です。   早速返信していただいて、あ...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

3『WHITE SEXUALITY』のメールのやりとりは、公開と非公開が選べる。あたしは非公開にしてある。つまりこのメールのやりとりは、あたしと相手しか読めないのだ。あたしは『夢の森病院』からのメールを読み始めた。>>>   はじめまして。   あたしは『夢の森病院』の婦長をしております御堂と申します。   今回、院長代理でこのメールを出させていただいております。   秋恵さんのご相談メールを読み、思うと所あっ...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

2「院長、メールが1件……」御堂が重ねていた唇を離した。「もう、そんなの後でイイじゃない、それよりも今は……」「でも、差出人だけでも確認しておいた方が……」「そうね。それじゃ、差出人だけ」真弓は渋々といった感じで机に向かうと、届いたメールを確認した。するとそれは、最近登録した医療相談のサイト『WHITE SEXUALITY』への着信だった。『WHITE SEXUALITY』は、女性限定で実際の医師に相談出来るというサイトで、女性なら...

  •  0
  •  0

白い魔女 4

白い魔女 4羞恥診療PROLOGUE:夜になると、また淫らな妄想があたしを包む。あたしは薄暗い部屋で、大の字にベッドに縛り付けられている。そんなあたしを、年の頃も近い女性が見下ろしていた。彼女の顔は上半分が陰になり、その顔をうかがい知ることは出来ない。しかし、彼女の手にしたペンライトの光が、まるでその視線を現しているかのように、あたしの全身を舐めていく。やがてペンライトの光は、あたしの股間でピタリと止まり...

  •  0
  •  0

蛍の言の葉

『蛍の言の葉』は、予告やお知らせ、作者の近況報告などをお伝えします。■お詫び長らくお休みしてしまい、大変申し訳ありませんでした。少々体調を崩してしまい、創作活動から離れていました。もう少し早く復帰できるものと思っておりましたが、予想以上に時間が掛かってしまいました。今はもう体調も戻り、新作を10話まで書き上げています。■お知らせさて、21話まで連載しておりました『NIGHT BLOOD』ですが、中途半端な形で休載...

  •  0
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日