FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Archive2010年07月 1/1

クレオパトラの指先

8「それじゃ続きを始めますわ、よろしくて? マリアちゃん」「えっ? 続き?」「バスルームの続きのコトですわ。コチラの部屋でって、申し上げましたよ」「えっ、あっ、チョッ、チョット待っ……」しかし有無を言わせず、20本の指はマリアの両肩からそれを始めた。「あぁ、あぁぁん、こ、こんな、触り方……あぁぁ~ん」それは羽根。いや更に軽い羽毛か。限りなく軽く、限りなく優しい。それでいて粘り着くような、確実に触られてい...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

7さゆりは悶えるマリアを、その指先で思う存分嬲り尽くしていた。「あぁぁ~あぁぁ~、逝くぅ、逝くぅぅ~、あっ、あっ、逝っちゃうぅ~」「ふふふっ、こんなに指を締め付けて……。ホントに逝きそうですわね」「あぁ~だめっ、もうだめっ、逝くぅ、逝く逝くっ……」急上昇した快感が、マリアの全身を稲妻のように走り抜ける。しかし次の瞬間、さゆりの2本の指はマリアの体からかき消えた。あと少し、あと少しで……、逝けたのに。「そ...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

6さゆりの両手が、マリアの前後でヌルヌルと上下に滑り始めた。「あっ、あぁ、あぁぁん」「どうかなさいました? マリアちゃん。キレイに洗って差し上げますわ」「あっ、あぁ、は、はい、で、でも、そ、そんな、トコロまで……ですか」「勿論ですわ。ココは特に念入りに。こうやって……」右手の指先は尾てい骨からアナルを通り、左手は黒い茂みから柔らかな花びらの付け根をヌルヌルと滑り降りる。そして股下で両手が出会うと再び離...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

5マリアが全裸になると、さゆりは白いバスタオルを手渡し、それを体に巻くように言った。「それではバスルームにご案内しますわ……」彼女は優しくマリアをうながした。バスルームは向かいの部屋だった。コレなら言ってくれれば1人で行けたのに……。そんなコトを思いながらシャワーを出した。白い湯気と共に熱い飛沫が勢いよく飛び出した。マリアは首を傾け、首元からシャワーをかけ始めた。透明な湯は湯気を上げながら、マリアの体...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

4「さぁ、ココよ。このマンションの1010号室。そこの入口から入るとすぐにエレベーターがあるわ」「1010号室、はい、わかりました」「いってらっしゃい、マリア。しっかり疲れを取ってくるのよ」「はい、いってきます」マリアは麗子の白いBMBから降りた。ヨーロッパ調の外観、椰子のような葉を持った大きな植物。それらを横に見ながらエントランスを歩くと、麗子に言われた入口からマンションに入った。そしてそこにあるエレベ...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

3「驚きましたわ、麗子さんが直々にお電話下さるなんて」「あらっ、別に初めてじゃないはずよ、ゆかり」「それはそうですけど、いつもこうして電話でのお話だけで……」「確かに1年前のティーパーティーから、お互いゆっくり会ってないものね」「あれからもう1年になりますの?」「そうよ、ホントに早いものねぇ。あっ、そうそう、今日電話したのはプライベートな用件なのよ」「と、申しますと……? 麗子さんのご来店?」「ううん...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

2マリアはなんとなく変わった雰囲気に目を開けた。額のおしぼりを押さえたママの唇が、もうスグ目の前まで来ている。「あっ、もうママさんったらぁ」「夏バテのマリアちゃんも可愛いわぁ~。何だか目がトロンとしちゃって」「えっ? 目が? そ、そうですか」「うん。そんな目されると、また可愛がってあげたくなっちゃうわぁ。何なら麗子と2人で、またじっくりと……、ねっ、マリアちゃん」「そんな、ママさん」「あらっ、イイじ...

  •  0
  •  0

クレオパトラの指先

2010:夏休みスペシャルクレオパトラの指先プロローグ2010年、夏。日本列島は太平洋高気圧にスッポリと飲み込まれていた。連日35度をこえる猛暑が、もう5日も続いている。そしてその容赦ない灼熱の刃は、ここ『夢の森』の街にも向けられていた。この日、マリアは隣町での買い物を済ますと「夢の森駅」に降り立った。改札を抜け、駅前のロータリーを迂回するように歩くと、幹線道路の横断歩道の信号に捕まった。ノースリーブの白い...

  •  0
  •  0

蛍の言の葉

 『蛍の言の葉』は、予告やお知らせ、作者の近況報告などをお伝えします。■お知らせ最近HP(ホームページ)を作りました。作ったのは一般小説をUPしている「いつかあの空の下で」です。手書きで作ったHPですので、あまり見栄えはしませんが、色々とデザインの変更を加えるのは楽です。ここには今までUPしてきた作品と、書き始めた新作の連載を始めました。新作は箱根駅伝を題材にした青春小説です。おそらく自分としては...

  •  0
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日