FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Archive2008年08月 1/1

蛍の言の葉

******** interview with character ********「あとがき」代わりの、蛍月とキャラクターのトークをお楽しみ下さい。☆ interviewer : 蛍月★ this guest :マリア 第1回目のゲストはマリアさんにお越し頂きました。マリアさんこんにちは。よろしくお願いします。 「こんにちは、マリアです。よろしくお願いしますって、もぉ~蛍さん  堅いですよぉ~。いつもそんな感じじゃないクセにぃー!」まぁまぁまぁまぁ、...

  •  0
  •  0

BEACH GIRLS

13秘密の砂浜 PM 19:00「どうですかぁ? マリアさん。前と後に指を入れられて、弱いトコロをジワジワと責められるのはぁ」「あぁぁ~、明日香ちゃん赦してぇ。あぁん、あぁん、あっあぁ~、あぁぁ~」マリアの蜜壺のスポットをピッタリと捉えた明日香の指が、焦らすように刺激を送り続けている。それはゆっくりと確実にマリアをコントロールしていた。「アナルの中でクネクネ動かされると、ほぉ~らっ、気持ちイイでしょう?...

  •  4
  •  0

BEACH GIRLS

12秘密の砂浜 PM 18:00膝立ちで明日香の顔を跨いだマリアは四つん這いになっていた。そのマリアの蜜壺に、明日香が深々と指を入れ、敏感なスポットを責めている。その明日香も脚を大きく拡げられ、濡れた肉豆を響子に舐められている。「あたしも……」響子は体を起こすとビキニを脱ぎ、そのまま明日香の片脚と自分の片脚を互い違いに交差させ、片手で上体を支えると自分の蜜壺を明日香の蜜壺にリズミカルに押し当てた。2人の蜜...

  •  0
  •  0

蛍の言の葉

 『蛍の言の葉』は、予告やお知らせ、作者の近況報告などをお伝えします。★ 今回は予告と更新予定です。お送りしてきました、夏休みスペシャル『BEACH GIRLS』。残すところあと2話となりましたが、いかがだったでしょうか? 少しでも夏休みらしさを感じていただけたら幸いです。■ 予告さて、次回作は星羅さんよりお題を頂いた、”くノ一物” です。舞台は「夢の森」でもない、海でもない、江戸時代です。初の時代物で正直戸惑いも...

  •  3
  •  0

BEACH GIRLS

11秘密の砂浜 PM 17:10夕暮れの水平線が、白いパラソルを茜色に染めている。マリアと響子が体を横に起こし、明日香を挟むように上になった。「明日香ちゃん……」右からマリアが明日香の唇をそっと塞ぎ、左から響子がビキニの胸の谷間にキスをした。2人は明日香の脚を開かせると、その脚に自分の脚を絡めた。脚を閉じられなくなった明日香のお腹に響子の手が乗り、その手はビキニラインに近付き、そして中へと潜り込んできた。...

  •  0
  •  0

BEACH GIRLS

10秘密の砂浜 PM 13:30響子の左手の指先がマリアの肉豆の皮を剥きあげた。皮の下から紅く濡れ光るプックリと膨らんだ肉豆が飛び出した。「あぁぁ~ん、だめぇ~響子ぉ」そしてそのまま皮を押さえると、右手の人差し指の先を近づけた。「ほぉ~らっ、こうしてあげる。ほらっ、ほらっ、どう? マリア」響子は爪の先で肉豆をそっと引っ掻いた。そしてまるで爪で肉豆を輪切りにするようにスッスッと爪を横に滑らせる。「ひっ! ...

  •  0
  •  0

BEACH GIRLS

9 秘密の砂浜 PM 13:00水平線の入道雲が青い夏空を覆っていく。陽光に煌めく海面は無数の波を運び、静かに繰り返す波音が、パラソルの3人を包み込んでいた。「感じますか? マリアさん」「あぁぁん、感じるぅ~明日香ちゃん。あぁん」「マリアは奥にすご~く感じるトコロがあるの。探してみて……」「だめだよぉ、響子~。そんなこと教えちゃ……あぁぁん、あぁん、だめぇ」「この辺ですかぁ? それともこの辺? もっと奥? ...

  •  0
  •  0

BEACH GIRLS

8秘密の砂浜 PM 12:30海から戻った3人は、白いパラソルの丸い影の中にいた。響子が冷えた缶コーヒーを2人に渡した。そして自分も一口飲む。「あぁー面白かった。マリアったら……」「マリアさん、大丈夫ですかぁ? 海水飲んじゃいました?」「うん、ちょっとね……、あぁー冷たくて美味しいねぇ~」「海水とコーヒーって、お腹こわしますよ……」「ええっ! 本当?」「嘘ですよ、う~そっ! もうマリアさん可愛いー!」「もう、明...

  •  0
  •  0

BEACH GIRLS

7秘密の砂浜 PM 12:10車から波打ち際までは20メートル程、海岸の両翼は50メートルもない小さな浜辺だった。焼けた砂に足を取られながら、3人は海に向かって歩いた。海に近付くにつれ、夏を奏でる波の音が静かに響いてくる。マリアは両手に大きなバッグを、明日香はクーラーボックスを、響子は両手で白いパラソルを運んだ。「この辺にしよう……ねっ!」砂浜の中程まで来ると、陣地を取るように響子はパラソルを立てた。真っ青な...

  •  2
  •  0

BEACH GIRLS

6アマデウス AM 10:10「やっぱりちょっと遅刻かなぁ?」『夢の森商店街』を早足で歩きながら、マリアは1人つぶやいた。薄い水色のワンピースの裾がヒラヒラと波打ち、そこから色白の太腿がチラチラと覗いている。ドアに『CLOSED』の札が掛かったアマデウスのドアを、息を切らせたマリアが開けたのは約束の時間を10分過ぎた時だった。「あっ、おはよう響子……」「10分遅刻ぅ~」「ごめんごめん、これでも急いで歩いてきたんだけ...

  •  3
  •  0

BEACH GIRLS

5アマデウス AM 9:30「そうねぇ、もう少しこのまま生殺しにして虐めようか」「いやぁ、いやいやお願い逝かせて、逝く顔を明日香ちゃんに見られてもいいからぁ。お願い、逝かせてぇ。あっ、あぁぁん、いっ逝くぅ~逝くぅ~」「どうしようかぁ? 明日香?」「もう少し楽しんでからにしようよ。ママをこうやって虐めるの久しぶりだし。マリアちゃんだっけ? 彼女が来るまでまだ時間あるでしょ?」「そうね! まだ30分くらい...

  •  3
  •  0

BEACH GIRLS

4アマデウス AM 9:15アマデウスの厨房に入った明日香はそっと中を覗いた。そこで明日香の目に映った光景は、響子とママの痴態だった。上半身をシンクに突っ伏し、白いお尻を丸出しにしたママは大きく脚を拡げている。その左足首には脱がされたショーツが引っ掛かっている。その後ににしゃがんだ響子は、ママの淫らな花びらをパックリと割り拡げ、その花をネットリと舐め上げていた。「あぁぁ~ん、あっ、あっ、イイ~。あぁ~...

  •  2
  •  0

BEACH GIRLS

3アマデウス AM 9:00「ママ! おはよう!」カフェ「アマデウス」のドアを開け、響子がやって来た。この店でバイトをしている女子大生の響子が、休みの日に珍しく顔を出した。「あらっ? おはよう響子ちゃん。今日はお休みでしょ? どうしたの?」奥の厨房から、もう四十路になるこの店のママ、良子の声が聞こえた。「うん、マリアと明日香と海に行くんだ。10時にココで待ち合わせなの」「あら、そう。明日香ちゃんも……。何...

  •  4
  •  0

BEACH GIRLS

2麗子の部屋 PM 24:00麗子は、息を切らし喘ぐマリアを愛おしそうに見つめていた。その切なげな表情や反応が、加虐心を更に煽っていった。逝けそうで逝けない快感責めの拷問を、麗子は思う存分楽しんでいった。「あぁっ、いっ、逝くぅ~、逝くぅ~あぁぁ~逝くっ、逝っちゃうぅぅ~」「今が逝く寸前ねぇ、ここでじっくりじっくり、あぁ~逝きたい逝きたい」「あぁ~逝くぅ逝くぅ~、お願い逝かせてください。あぁっ、あぁ逝くぅ...

  •  11
  •  0

BEACH GIRLS

 ー 2008・夏休みスペシャル ー                 BEACH GIRLSプロローグマリアの部屋 AM 7:00「マリア、マリア、何やってるの。早く起きてちょうだい」『夢の森』の西口の住宅街にある豪邸、氷見川家。そこでメイドとして働いているマリアの部屋の前で、氷見川麗子の声が響いた。麗子はドアを強く叩きながら何かまくし立てている。「今日から出張だって言ったでしょう」マリアはベッドの中で寝...

  •  5
  •  0

蛍の言の葉

 『蛍の言の葉』は、予告やお知らせ、作者の近況報告などをお伝えします。今回の『蛍の言の葉』は、予告と更新予定です。■予告今年も「夏休みスペシャル」の8月がやって参りました。去年は温泉地を舞台にした「秘湯の夜」を全7話でお送りしました。さて、今年の夏休みスペシャルは・・・。 ー 2008・夏休みスペシャル ータイトルは『BEACH ☆ GIRLS』です。 マリア・響子・星野明日香・の3人が、夏休みの1日を海で過...

  •  4
  •  0

死神イングリット

31蘭の自宅に救急隊から連絡があったのは、蘭が家を出てから1時間後のことだった。「夢の森書店」へ入荷した本を取りに行くと言って、自転車で家を出た蘭は雨に降られスピードを上げた。その時、見通しの悪いカーブで小型トラックにぶつかったのだ。現場にはタイヤの折れ曲がった赤い自転車と、頭から血を流す意識の無い蘭の姿があった。そのまま「夢の森病院」に担ぎ込まれた蘭は緊急手術を受け、今はICU(集中治療室)に入...

  •  7
  •  0

死神イングリット

30「さぁ、蘭。言うのよ。ずっとココにいると……」「いやっ! あたしは帰りたいの! 帰りたいのよ、イングリット」「いいの? 言わなければずっとこのまま生殺しが続くのよ」蘭は1度もイングリットの名前を言わずにここまで来た。それはもし呼べばその部屋をもう1度、いやクリアするまで永遠に繰り返されるからだ。(もし今、彼女の名前を呼んだらどうなるのだろう? やはりこの部屋が繰り返されるのだろうか? 最後のこの部...

  •  2
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日