FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Category8月のマリオネット 1/2

8月のマリオネット

7「あぁぁ~、逝く逝く逝くぅぅ~、逝っちゃうぅ、逝っちゃいますぅぅ~」「逝きたい? マリアちゃん」「は、はい。逝きたいです。早く逝かせて下さい」「そう、そんなに逝きたいのぉ。そう、それじゃそろそろ……」「えっ、逝かせて……、くれるんですか?」「うふふっ、どうしようかなぁ~。じゃ、これに堪えられたら」そして仁美は肉豆の糸をギュッと強めに引っ張った。「ひぃぃ~、あぁぁ~、それは、それはぁぁ~、あぁぁ辛い、...

  •  0
  •  0

8月のマリオネット

6糸に繋がれたマリアは、それでも仁美股間の全てを舐め続けた。その成果が実り、やがて仁美も絶頂を向かえんとしていた。「あぁぁ~、そう、そうよマリアちゃん。あぁぁいいぃ~、いいわぁ~。もうすぐ逝きそう、逝きそうよっ」「あぁ嬉しい、仁美様、もっともっと気持ち良くなって下さい」「あぁ逝くっ、あぁ吸って、吸って、あぁ舐めて、あぁだめ逝くっ。逝く逝くっ、もう逝くっ、逝く逝く逝っちゃうぅぅ~」ガクンという震えと...

  •  0
  •  0

8月のマリオネット

5右足首と右手首、左足首と左手首を縛られたマングリ状態のマリア。彼女の左右の乳首と肉豆には、ナイロン製の糸が結ばれ、数十センチはある糸の反対側には、銀色のリングが結ばれていた。「さぁこれでいいわ、準備完了」仁美は仰向けになったマリアの下半身側を向き、顔を跨ぐとゆっくりと腰を下ろしていった。「さぁ、マリアちゃん、あたし気持ち良くして頂戴。勿論あたしもマリアちゃんをタップリ虐めてあげるから……」マリアの...

  •  0
  •  0

8月のマリオネット

4「あぁ~逝くぅ~、あぁ逝っちゃうぅ。いやっ、逝かせてっ、逝かせてぇ~」仁美は、片足をバスタブの縁に載せたマリアの股間に吸い付いていた。その舌は肉豆を嬲り、指先は蜜壺の快感スポットを嬲り続けている。しかもそうされながら、マリアは自分で淫花の花びらを拡げているのだ。仁美はマリアの指に自分の指を添え、更に花びらを開くと。花奥の蜜をジュルジュルと卑猥な音を立てて啜り上げた。「あぁぁっ、あぁぁ~いやぁぁ~...

  •  0
  •  0

8月のマリオネット

3バスタブの縁に片足を載せたマリアの前に仁美が座っている。その顔は丁度マリアの蜜壺の高さと同じだ。「うふふっ、可愛い顔。柔らかな髪。全身を包む白い肌に綺麗な脚。でもこんなに可愛いマリアのここが、こんなにイヤラシイなんて……」自分で花びらを開いて、あたしのよく見せて頂戴。「えっ、自分で……」「そう、自分で開くのよ」マリアは自分の指で、2枚の花びらをそっと左右に開いた。「もっとよ。奥までよく見えるように、...

  •  0
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日