FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

Category花散る午後 1/6

花散る午後

30 最終話いよいよ奈津子の尿意は限界を迎えつつあった。「あぁぁ、もう出る。出ちゃうぅ」「あらあら、お漏らしですのぉ? 皆さんカメラの用意はよろしくて」「いつでもいいわよ」「あたしも」恵美と綾子がタイミング良く返事をする。「あぁ、やめてっ和美さん。ホントにホントに出ちゃうのぉ」「それは大変ですわぁ」そう言う和美に、奈津子が哀願の眼差しを向ける。「んん? まだやめませんわよ。出るその瞬間まで続けます...

  •  0
  •  0

花散る午後

29和美の執拗な責めは、終わる気配は全くない。責めが長引けば長引くほど奈津子の尿意は高まっていくばかりだ。和美を操る綿棒は、奈津子の反応を見ながら微妙に動きを変えていった。角度や深さ、動かし方やリズムを変え、一番悶える場所を探していった。「ああぁ、いやぁぁ~やめてぇ~。あぁ、だめっ、いやいやぁ、だめぇぇ~」「んん~んん~堪らないわねぇ。ほらぁ、これはどうかしらぁ?」その時、奈津子の喘ぎが一際高まっ...

  •  0
  •  0

花散る午後

28ローテーブルに縛り付けられ、尿意の迫る体を責められている奈津子を、志帆は満足そうに眺めていた。「ふふっ、とっても面白いわ。もっと虐めてやりなさい。ジワジワと苦痛を長引かせてやるのよ」「志帆さんも好きなんだから。まぁ、あたしも人のことは言えないけどね」そう言って志帆の隣で奈津子を見下ろしている、リーダー格の綾子が立ち上がった。「ねぇ、こっちの花瓶にしない」綾子が持ってきたのは透明なガラスの花瓶だ...

  •  0
  •  0

花散る午後

27和美の摘む綿棒が奈津子の小さな穴に触れた。そして軽いノックを繰り返す。「うっ、くっくっぅ。いやぁ、だめっ、だめよぉ和美さん」「ふふふっ、こうやってジワジワと虐めるのって、とっても興奮しません?」「いやぁ、やめてぇ」「んん? ココからいっぱい出るんでしょう? 恥ずかしいわぁ、みんなにみられるなんてぇ。とってもはしたいことですわよ。奈津子さん。んん? ココでしょ? ほらっ、ココココ」「あぁぁ、本当...

  •  0
  •  0

花散る午後

26部屋のローテーブルに寝かされた奈津子を、5人が取り囲んだ。志帆が立ち上がり、新たな縄を持ってくきた。そして奈津子の片脚の膝を曲げさせると、脛と太股に縄を巻き付けそのまま縄をテーブルの下に回した。「ねぇ、お願い待って。トイレに、トイレに行かせて……」恵美が奈津子の脚を広げ、閉じられないように力を入れた。「あぁん」「そのまま抑えてて」そう言って志帆はテーブルの下の縄を1度強く引き、テーブルの脚に2~3...

  •  0
  •  0
About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日