FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

あたしの先生


「あなたMだものねぇ、それもドの付くドM。ねぇ由美子」
「あたしは別に……」
「先生そうなんだぁ、ドMだったんだぁ」
「違うの、違うの真純ちゃん」
「あらっ、なにが違うの?」
ちょっと怒ったようなその言い方。ママさんは先生の両手を後ろに取ったま
ま、ベッドにうつ伏せに押し付けた。
その強制力に先生は床に膝をつき、上半身だけがベッドに押しつけられる格
好になった。
「やめてっ、十和子ぉ」
「いいじゃない由美子。3人で楽しみましょうよ。真澄、服とブラを脱がし
ちゃいなさい」
「はぁ~い。先生、丸裸に剥かれちゃいますよぉ~」
「いやっ、いやよっ、やめてっ、やめなさい真純ちゃん」
あたしは先生のそんな訴えさえ楽しんでいた。ママさんと息のあった連携プ
レーでシャツとブラを取り去り、あたしは先生の上半身を裸にした。
するとママさんが、持って来た縄で先生の両手首を1つにして縛った。

「さぁ、今度は下半身よ。恥ずかしいわねぇ、由美子ぉ」
ママさんがベッドに上がり、先生の背中に乗った。
あたしは完全に動けなくなった先生のスカートに手を掛け、ボタンを外して
まずはスカートだけをズルズルと脚から引き抜いた。
「いやっ、いやぁぁー」
「わぁ~可愛いぃ、ブラとお揃いのパンティ履いるんだぁ~」
「真純、その可愛いパンティも脱がしてあげて」
「はぁ~い」
あたしは先生のパンティに両手の指を引っ掛けた。
「これ脱がされたら、全部丸見えになっちゃいますよぉ先生ぇ~」
「だめよっ、だめっ、やめなさい。お願いやめてちょうだい真澄ちゃん」
「だっめでぇ~す。だって見たいもん。先生がどんなおま◯こしてるのか」
「真澄ちゃん」
あたしは先生のパンティを引き下ろした。
それはお尻をツルンと滑り、床に着いた膝で直角に曲がると、足先から引き
抜かれた。
「わぁー丸見えだよ先生。先生のお尻、白くて柔らかそうでとっても綺麗」
「もう、真純ちゃん……」
「そうか。あなたたち体の関係はないから、真純は由美子のお尻見るの初め
てなのね」
「そうなんです。あたしと先生はキスをしただけで……。それ以上のことは
なにも……」
「そんなこと当たり前でしょう。まだ高校生のあなたと、肉体関係を持つな
んて、教師として……」
「でもキスはするんだぁ」
「それは……」
「でも、もう高校生じゃないし、あたしも20歳を超えた大人だよ。だから
シテもいいよねぇ先生と、肉体関係……」
「ちょっと、なに言ってるの真純ちゃん」
「そう言うことになるわね」
十和子ママが、先生の上でニヤリと嗤った。
「先生? お尻の穴も見えてるよ。ほらっ、こんなに白いお尻の真ん中に、
ここだけ色素の沈着してる。可愛い、先生のお尻の・あ・な」
「いやっ、言わないで」
「ねぇ先生。お尻の穴の下のこのプックリとしところ。ここはなぁに?」
「ほらっ、由美子。言いなさいよ」
「いやよ」
「もう、先生ったらぁ。おま◯こでしょう。お・ま・◯・こ」
「真純ちゃん、あなた……」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

あたしの先生


部屋への内ドアは、防音効果があるのか妙に密閉度が高かった。
「あらぁ、いいじゃない。あたし好きよ。こういうの……」
先に入ったママさんが、何やら感激している。
「これが……、SMルーム」
先生はママとは対照的に、その場に立ち尽くしていた。
あたしは密閉度の高い内ドアを確実に閉めると、改めて室内を見た。
そこには想像以上に広い、淫らな空間が広がっていた。

広さは二十畳……、いやもっと広いかもしれない。そしてこの部屋には
とにかく目新しいものが多すぎた。壁には赤いX字型の磔台。部屋の隅には
赤と黒に塗り分けられた分娩台。ギロチンのように首と手首を穴に入れる拘
束台。これは金色に塗られキャスター付きだ。天井からも手枷のついた鎖が
数本吊り下がり、バストイレはそのまま部屋の隅に設置され、身を隠す一切
の壁はなかった。

「さぁ、先生……」
あたしは先生のシャツのボタンを摘むと、1つづつ外していった。
「あっ、ちょっと、真澄ちゃんなにするの……」
ボタンを外すあたしの手を掴もうとした先生の手を、後ろからママさんが掴
んで、そのまま背中に回してしまった。
「あぁっ、十和子ママまで」
先生の手は背中に回された。だからあたしは楽にシャツをボタンを外せた。
ボタンを外すと、シャツの前を思いっきり開いた。
「あぁ、いやっ」
シャツに下から現れた先生のブラ、それは水色の花柄だった。
「わぁ、先生のブラ可愛いぃ」
「そのブラも外してあげて、真純」
「はぁ~い」
あたしは先生の前から背中に両手を回し、ブラのホックを外した。
「ちょっと、いやっ、やめて」
そしてとりあえずといった感じでブラを大きくずらした。
「やめてっ、真純ちゃん」
するとそこには、服の上からではわからない、メロンのような乳房がたわわ
に実っていたのだ。
「わぁ、先生の胸ってこんなに大きかったんだぁ」
「あらっ、知らなかったの? 由美子は着痩せするタイプなのよ」
「そうなんだぁ」
あたしはそんな乳房を下から持ち上げるようにして揉んで見た。
「柔らかぁ~い」
その柔らかさといったら、指の間からこぼれ落ちそうだ。
「真澄ちゃん、自分が何やってるかわかってるの」
「先生、人のこと言えないでしょう。生徒の唇奪っといて……」
「でも、それとこれとは……」
「同じでしょう。先生はあたしとキスをしたくてした。つまり自分のしたい
ことをしただけ。だからたしも自分のしたいことしてるだけよ」
「真澄ちゃん」
「うふふっ、一本取られたわね、由美子」
「十和子、あなたもよ。もうやめて」
「そんなこと言っていいのぉ。知ってるのよ、あなたの性癖」
「えっ……」
「あなたMだものねぇ、それもドの付くドM。ねぇ由美子」

あたしの先生


「さぁ、着いたわよ。真純」
そんなドライバーの言葉に、先生は言葉を失い目を丸くしていた。
「えっ? どういうこと? どういうことなの真純ちゃん。教えて……」
「びっくりした? 先生。紹介するわね。この人はね、ママさんよ」
「ママ?」
「そう。ママって言ってもお母さんじゃないわよ。あるお店のママさんよ」
「お店?」
「さて、どういうお店でしょう」
「どういうって、そんなの分かるわけないでしょう」
「先生も行ったことあるお店よ」
「えぇ? その声、もしかして……、まさか……」
「お久しぶりね、美和子」
「えっ? あっ、十和子ママ……?」
「そうよ。ビックリした?」
「なんで十和子ママがここに……」
「いいから、早く行きましょう」

車を降りると、駐車場からホテルに入った。
あたしと先生はほぼ手ぶらだけど、ママだけは大きなバッグを持っていた。
あたしは一足先にフロントへ行き、部屋を選ぶと鍵を持って二人の元へと戻
った。そして今度は3人でエレベーターへと歩く。
エレベーターは1階で待っており、そのままに乗ることができた。あたしが
10階のボタンを押すと、小さな箱にフワリと浮遊感が生まれ、ドア横の階数
表示が1つづつ上がっていった。
「ねぇ、本当にこんなところで……」
先生は不安を隠しきれない顔で問いかけた。
「そうよ。いいじゃないお互い知らない顔じゃなし。ねぇ真澄」
「そうですよぉ」
「どうして十和子ママと真澄ちゃんが……」
「あらっ、あなたと同じよ。うちのレズバー『Hupa Lips』のお得意様よ」
「えぇっ、本当なの真澄ちゃん」
「本当ですよ。でも先生が通ってる店だなんて知りませんでしたけど」
「そうね、真澄とあなたが先生と生徒の関係だったことを知ったのは、つい
最近よ。それまでは全然知らなかったわ」
「先生、このホテルにSMルームがあるの知ってます」
「SM ルーム……? 知らないわ」
「ちょっとお値段は高いんですけどね、そこはママさんに任せて……」
「そういうこと」
エレベーターが10階に着くと扉が音もなく空いた。そこから右へ10数メー
トル。あたし達は足早に歩いた。そもそもここ10階には、このSMルームし
かないのだ。
「さっ、ここよ先生」
ドアの前で立ち止まると、あたしは鍵を開けて先生を中へと促した。
「どうぞ先生」
「えっ……」
「ほらっ、早く入って……」
戸惑う先生の背中を、ママが軽く押した。
先生が最初に、続いてママが入室した。そして最後にあたしがドアを閉めて
鍵をかけた。
「さてどんな部屋かしら……」
あたしはフロントのバネルでチラリと見たが、ここまで来たら百聞は一見に
しかずだ。
あたし達は靴を脱ぐと、部屋への内ドアを開けた。このドアは防音効果があ
るのか、妙に密閉度が高かった。

あたしの先生


「あたしも、大人になりました……」
あたしはそう言って先生を熱く見た。
すると先生は、そんなあたしの思いを汲み取ったかのように言ったのです。
「いいの? あたしなんかで……」
「はい。由美子先生なら、あたしは喜んで……」
「そう、ありがとう」
「由美子先生こそいいんですか? あたしなんかで」
「もちろんよ」
「本当ですか? あたし、変態かもしれませんよ」
「えっ? たとえそうでも真純なら大丈夫よ。あなたのすることなら、どん
なことでも受け入れてみせるわ」
「言いましたね?」
「はい。言いました」
「それじゃ、今度近いうちに……」
「いいわよ。もちろん」
「なんなら今度の日曜日あたり、どうですか?」
「そうね、構わないわ」
「本当ですかぁ?」
「本当よぉ。真純ちゃんとの約束だもん。絶対行くわよ」
そしてあたし達は、日曜日に会う約束をした。

当日、先生は時間通りに待ち合わせ場所に現れた。待ち合わせと言っても、
場所は夢の森駅の西口だ。
あたしはそこで先生と会うと、バスターミナルに併設されているタクシー乗
り場へと歩いた。そこからタクシーで直接ホテルへ向かう予定なのだ。
「あらっ、タクシーいないわね」
「そうですね。でもそのうち来るんじゃないですか」
「だといいけど……」
乗り場にタクシーは一台もいなかったが、まるであたし達の歩みに合わせる
ように、一台の黄色い個人タクシーがやってきた。
「あっ、タクシー来ました。よかったですね」
「ホント。よかったわ。」
あたしと先生はその黄色いタクシーに並んで乗り込んだ。ドライバーは最近見
かけるようになってきた女性ドライバーだ。
あたしは彼女に 隣駅の駅前を告げた。実は隣駅の裏通りに『ハーモニー』と
いうラブホテルがあり、そこがここから一番近いホテルなのだ。
「はい。駅前ですね」
滑るように走り出したタクシー。その後部席であたしと先生は手を握った。
ハンドルを握る女性ドライバーは、なんとなくバックミラーであたし達の様
子を盗み見ている感じで、あたしと目が会うのも1度や2度ではなかった。

隣の駅までは、幹線道沿いに10分も走ればついてしまう。その間あたしと
先生の手は、離れることなく握り合っていた。
「あのうそろそろ着きますけど。裏に回りましょうか?」
「えっ?」
そんなドライバーの問い掛けに、先生はちょっと驚いているようだった。
だからあたしが先生に代わって答えた。
「はい、お願いします」
車が幹線道路から外れ駅裏に回ると、ホテルハーモニーは目の前にあった。
入り口は2つあり1つは地上に、もう1つは地下駐車場にある。
「地下に降りますか?」
「はい、お願いします」
先生はますます驚いているようだった。でも本当に驚いたのはドライバーの
次の言葉だったろう。
「さぁ、着いたわよ。真純」

あたしの先生


「ねぇ、真純ちゃん。キスしよっか。いいでしょう? キスくらいしても」
「えっ?」
お互い告白をしてから数週間。あたし達はまだキスもしたことがない。とい
うよりか、あたしはまだファーストキスもまだなのだ。
「真純ちゃん、まだキスしたことないの?」
「は、はい」
「そう、それじゃ、先生に真純ちゃんのファーストキスを捧げて。いい?」
「はい……、由美子先生なら喜んで」
「ホント、嬉しいわ……。それじゃみんなが帰ってこないうちに」
「えっ、今? ここでですか……?」
「そうよ。ほらっ、早く立って」
「は、はい」
あたしは急かされるように立ち上がると、先生と向かい合った。
「目瞑って……」
「はい」
ドキドキとトキメク胸。何と無く怖いような緊張と期待。そしてそんな胸の
思いを全て吹き飛ばすように、唇に柔らかくて暖かなモノが重なった。
でもそれは瞬間的に離れて……。
「どう? 真純ちゃん」
「ど、どうって、言われても……」
「そうよね。先生チョット意地悪な質問だったかな」
「そ、そうですよぉ」
その時、廊下にみんなの戻ってくる声が聞こえてきた。
「今度は、ちゃんとシテあげる」
「は、はい……」
教室のドアが開くと、みんながゾロゾロと入ってきた。私はそれと入れ替わ
るように、筆とパレットを洗いに教室を出ていった。
でもそれからあたしと先生は、みんなの目を盗んではキスをするようになっ
た。そして10回目のキスをする頃には、もう舌も絡めていた。


「はぁ~い、アイスコーヒーでぇす」
ミニスカートから白い脚線美を見せたバイトの子が、トレイに載せた2つの
グラスと伝票をテーブルに置いた。
「ごゆっくりどうぞぉ~」
そう言って厨房に戻って行く彼女の脚を、先生はまた見ていた。

「卒業以来ね。こうして真純ちゃんと会うの」
「そうですね。でも学校以外で会うのはもしかしてこれが初めてじゃ……」
「そう言えばそううねえ。初めてね」
「2人きりになれるのは、いつも美術室でしたから」
「そうそう。みんなの目を盗んではキスをしたわね」
「はい。今から思うと、随分と忙しいキスでした」
「ホント、忙しいキスだったわ」
「さっき先生、あのバイトの子の脚、見てたでしょう」
「あらっ、バレてた? だって綺麗な脚してるから」
「そうですね。あたしも綺麗な脚だなぁって思いました」
「そうでしょう?」
「由美子先生、やっぱり今でも女の人が……?」
「そうね。こればっかりは……。真純ちゃんは? もしかして先生のせい
で……、女に目覚めちゃった?」
「そうかもしれません……。由美子先生?」
「んっ?」
「あたしも、大人になりました……」
あたしはそう言って先生を熱く見た。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日