FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

緋色の奥義



緋色の奥義


ー序章ー
長く続いた戦国の世、それも天下分け目の戦を持ってその勝敗を決しようと
していた。
東西いずれかの国の命を受け、時代の裏で暗躍したきた忍び達も、やがてそ
の役目を終えようとしていた頃、どこにも属さぬ二つの忍びの衆があった。
一つは艶魔(えんま)流忍術を駆使する一団、『艶魔衆』。
そしてもう一つは、淫靡流忍術を駆使する『淫靡衆』だった。

なぜこの二つの忍び衆がどこの国にも属さなかったのか、それは全員が女忍
の "くノ一" であること。そしてその目的は、忍術による最高の快楽を追求
することにあったからだ。しかも彼女らは射精で終わる男の快楽ではなく、
終わりのない女の悦楽こそが極めるべき道としていた。その為、男は種付け
だけに使われると、後は始末されていたのだ。

そして昨今、密かに西方ガンダーラより最古の性典書『ラーマ・カイラ』が
渡来した。古来より伝わりし性の奥義が書かれたこの書物を奪うべく、二つ
の流派の暗躍が始まった。



其の一
艶魔衆の住む艶魔谷。その際奥部に建つ艶魔堂。そこに三人のくノ一が呼ば
れた。彼女らを呼びつけたのは他でもない艶魔衆頭領『無空』だった。
いったい何年生きているのか、その年齢は誰も知らない。六十歳にも見えれ
ば八十歳にも見える。その髪は艶々と黒く輝き、肌も皺らしい皺はほとんど
見えない。しかし百年以上も昔のことをまるで見たきたように話すのだ。
四十五十になったくノ一達が、幼い頃から彼女はこの身なりのまま変わらず
にいるのだった。

三人のくノ一達は、艶魔堂の床に片膝を立てて控えていた。
「無空様、『椿』ただいま参りました」
「『桔梗』参上仕りました」
「『お蘭』はここに……」
齢百を超えていてもおかしくない無空は、爛々と輝く二つの瞳で、頭を垂れ
る三人を見下ろした。
「うぬらを呼んだは他でもない。ラーマ・カイラの件はもう知っておろう」
「はい。なんでも西方より伝わりし、性の経典とか」
「そこには古来ガンダーラの性の奥義が書かれているとも、聞き及んでおり
ます」
「無空様、そのガンダーラの奥義書を我ら三人で……」
「いかにも……。我ら艶魔流は快楽を罪とする。もしこの経典に書かれてい
る奥義が、民の広く知るところとなれば何とする。民は快楽に溺れ働かず、
堕落の限りを尽くし、やがてこの国は滅びよう」
「いかにも……」
「そうならぬうちに我ら艶魔衆でこれを奪い、永遠に封印するのじゃ」
「はっ」
無空を見上げていた三人は、改めて頭を垂れた。
「おそらく、時を同じくして淫靡流の者共も動き出すじゃろう。しかしうぬ
らの忍術体術をもってすれば必ずや奪えよう」
「ありがたきお言葉にござりまする」
「聞けば書物を持った一行は、明日には小田原入りすると聞いておる。さす
れば翌日には鎌倉に運ばれよう。鎌倉に入っては監視も厳しくなる」
「ならばその前に……」
「そうじゃ。行け、椿、桔梗、お蘭。この奥義書を奪うのじゃ」
無空がそう言い終わらないうちに、三人の姿はその場から掻き消えていた。


淫靡衆の住む淫靡谷。その最奥部に建つ淫靡楼に、三人のくノ一が呼ばれ
た。呼びつけたのは他でもない、淫靡衆頭領『幻空』だ。
彼女の年齢は誰も知らない。その姿は六十歳にも八十歳にも見え、髪は艶々
と輝き、肌も皺らしい皺はほとんどない。しかし百年以上も昔のことを見た
きたように話す。全てのくノ一が幼い頃から、彼女の姿はこのままなのだ。

三人のくノ一達は、淫靡楼の床に片膝を立てて控えていた。
「幻空様、『烏』ただいま参りました」
「『百舌』参上仕りました」
「『梟』はここに……」
齢百を超えていてるであろう無空は、爛々と輝く二つの瞳で、頭を垂れる三
人のくノ一を見下ろした。
「うぬらを呼んだは他でもない。ラーマ・カイラの件はもう知っておるな」
「西方ガンダーラより伝わりし、性の奥義書と聞いておりまする」
「そのラーマ・カイラ。汝ら三人で奪って欲しい……」
「奪う……?」
「そうじゃ。我ら淫靡流は快楽を友とする。この経典を正しく世に広め、民
に快楽があってこそ本当の人の和合があると理解させねばならぬ。それ叶わ
ずば、民は永遠に快楽に翻弄され堕落し、やがてこの国は滅びよう」
「いかにも……」
無空を見上げていた三人は、改めて頭を垂れた。
「そうならぬうちに、我らでこの経典を奪うのじゃ」
「はっ」
「おそらく艶魔流も動くじゃろう。経典は明日小田原に入り、その後鎌倉八
幡宮に運ばれる。鎌倉に入っては監視も厳しくなる。そうなっては面倒」
「ならばその前に……」
「そうじゃ。行け、烏、百舌、梟。この性の奥義書を奪うのじゃ」
幻空がそう言い終わらないうちに、三人の姿はその場から掻き消えていた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

蛍の言の葉


         ー蛍の言の葉ー

  蛍の言の葉は予告やお知らせ、作者の近況報告などを知らせします


□ あとがき

『あたしの先生』の連載が終わりました。
今回は教え子と教師の立場が逆転するという、よくあるタイプのストー
リーでした。
これといってドンデン返しがある訳ではありませんが、自分的には妄想の
中で結構遊べました。
前々作の『すれ違いラプソディ』で登場した、女タクシードライバーも女
王様役で再登場させてもみました。実は彼女、 “すれ違い〜” を書いてい
て少々気になっていたのです。気が向いたら、またどこかで登場するかも
です。勿論タクシードライバーとして・・・。




□ お知らせ
さて次回作は打って変わって、女忍者、”くノ一物” です。
タイトルは『緋色の奥義』です。
久しぶり、本当に久しぶりです。久しぶり過ぎて、前作のストーリーは
覚えていないのですが、なんとなくエロ少なめだったような気がしてい
まして、今回はその辺修正していきたいなと、思っています。
一応これがXmas直前まで、連載予定となっています。




□ 予告
「さぁ、おいで。おやっ、よく見れば可愛い顔してるじゃないか」
「なっ、なんだと」
「さぁ、ゆっくりと可愛がってあげる。うんと可愛がって味わって、それか
ら始末してあげるよ。御誂え向きにここは江ノ島だ。腹を空かせた魚やカニ
がいっぱいいるだろうからねぇ」


『緋色の奥義』は、少しお時間をいただき、

11月11日(日)スタートとなります。
お楽しみに。


あたしの先生

23 ー最終話ー
「うん、先生はもうあたしの奴隷。あたしの先生だもんね」
ベッドにX字に磔になった先生。そんな先生の顔に押し付けたおま◯こ越し
に、あたしは先生を見下ろした。
先生はあたし声が聞こえなかったのか、一生懸命あたしのクリちゃんを舐め
てくれている。
「あぁ~先生あたし、あたし……。あぁ~そう、そこ、そこ、あぁいいぃ、
逝くっ、逝くっ、あぁ逝くぅ。逝くぅ、逝く逝く逝っちゃうぅ~。」
そしてあたしはそのまま逝き果てた。それは最高の快感と満足感だった。
そしてそれがスイッチのとなったのか、あたしの中で沸々とSの血が目覚め
ていったのだ。

「どんな気分。奴隷に奉仕させるのは」
「もう最高。あたしもっと責めたい。先生を犯して虐めてやりたい」
「そうよ。由美子もそれを望んでいるの」
「そうなの? ホントにそうなの? 先生」
先生は黙ったまま深く頷いた。
「そうね。本当よ真澄ちゃん。もっとあたしを虐めて、責めて、犯して、真
澄ちゃんの好きにして」
「先生……」
あたしはその時、先生との信頼関係が構築されことを感じた。
責める側。責められる側。時に痛み苦しみ与え、時にその快感さえ奪う。そ
んな奇妙と言ってもいい不思議な信頼関係を……。

「さぁ由美子。いらっしゃい」
ママは先生を部屋の中央に連れていった。そこには天井から手枷のついた鎖
が数本吊り下がっている。鎖は壁のスイッチで長さが調節できるようだ。
「なにするの? ママ」
「まずはこれに繋いで……」
ママはもったいつけるように言うと、先生の両手を手枷に繋いだ。そして壁
のスイッチを押した。すると鎖はどんどん短くなっていく。だから両腕はピ
ンと伸び、足は爪先立ちになっていく。
そうして出来上がった先生のポーズは、はまるで部屋の中で踊るバレリーナ
のようだった。

「それで、今度はなに? なにするの? ママ」
「今度はねぇ、これよ」
ママは持ってきたバッグの中から、一番がさばるであろう物を取り出した。
「ほらっ、一本鞭よ」
「えぇ? 鞭ぃ?」
「そう。この鞭は一味違うわよ」
「その鞭は革製で黒く長く、よく使い込まれた鞭に見えた。きっと先生はこ
の鞭で数え切れないくらい打たれてきたのだろう」
「使ってみる? 真澄」
「うん。でも最初はママがやってみて」
「いいわよ」
ママは鞭を片手でしごきながら先生に歩み寄った。しかし2人の距離は、鞭
を打つための絶妙な距離感が保たれている。
「覚悟はいい? 由美子」
「あぁ、十和子……」
「あなたの大好きな鞭よ。真純ったらね、最初はあたしに打って欲しいんで
すって。淫らな奴隷の悲鳴を、あの子にたっぷり聞かせてあげなさい」
そしてママの右手を振った。黒い鞭はその場から消え、 "ビュッ" という空
を切る音だけが聞こえた。そしてコンマ数秒後には、鞭は先生の腹に巻きつ
き、先生の悲鳴が部屋中に響いた。



エピローグ
「ひぃっ、ひぃぃ~、あぁ十和子、あぁぁ~」
数え切れないほど空を切る鞭は、同じ数のミミズ腫れを先生の腹に刻み込ん
でいく。
「やってみる? 真純」
「うん」
あたしは生まれて初めて鞭というものを手にした。やっぱり最初は力がうま
く伝わらない。でも数回振っているうちに、徐々にコツが掴めてきた。
「どう? 先生、痛い? ほらっ、ほらっ、どう?」
「ひぃぃっ、ま、真純ちゃん、痛いっ、痛いわ」
「そうそう、上手よ真純。もっとスナップを効かせて」
先生の痛みが手応えとなって帰ってくる。
「ほらっ、もっと啼いて先生。教え子のあたしにもっと啼き声を聞かせて」
「ひぃぃっ、ひぃぃ~、あぁぁ真純。そう、そうよ。もっと先生を打って」
「ふふふっ、由美子、これからは真澄と2人で責めてあげるわ」
「あぁ、嬉しいわ……」
「それじゃ今度はロウソクよ。その痛々しいミミズ腫れに垂らしてあげる」
「ママ、あたしにやらせて」
「いいわよ」

あたしは赤い蝋燭を先生の、ううん、あたしの先生のミミズ腫れに、ポタリ
ポタリと垂らしていった。


ーENDー


あたしの先生

22
先生は時間が止まったように硬直し、痙攣し、そしてガックリと弛緩した。
それが先生の絶頂だった。
あたしとママは先生の二穴からそれぞれ腕を抜いた。
「うふふっ、先生まるで気絶してるみたい」
あたしとママはそんな先生を、分娩台からベッドに連れてきた。
「そういえば先生、最初から抵抗なんかしなかったね。言葉では拒否して
も、結局あたしたちの言うこと聞いてくれるもんね」
「さっきも言ったけど、この人はね、縛られて自由を奪われて、それで無理
矢理されるのが好きなの。ねっ、由美子」
「そんな改めて言わないでよ。恥ずかしいじゃない……」
「でもホントにそうだよね、先生。ねぇ、今度はあたしがシテあげる」
「えっ?」
「手伝って、ママ」
「良いわよ。真澄のお手並み拝見ね」

あたしはママと2人で先生をベッドにX字に縛り付けた。ピンと伸ばした手
足を、それぞれベッドの4本の足に縛り付けたのだ。
あたしは先生の頭に枕を当ててあげると、その顔の上を跨いだ。
当然先生は、あたしの股間を真下から見上げることになる。
「どう? 先生。あたしのおま◯こ。よく見える」
「見えるわ」
「綺麗?」
「綺麗よ」
「それだけ?」
「えっ?」
「今、あたしのおま◯こ。どんな状態かって聞いてるの」
「濡れてるわ。いやらしく濡れてる」
「そう。それじゃ……、綺麗にして」
あたしはそう言う先生の顔の上にしゃがみ込んだ。
「あっ、真澄ちゃん」
「ほらっ、舐めて、先生。舌で舐めて綺麗にして」
「できないの? 由美子。返事はどうしたの?」
ママが追い打ちをかけるように言いながら、先生の顔を覗き込む。
「は、はい」
「うふふっ。そうだよ、最初からそういえば良いのに」
あたしはおま◯こを先生の口にくっつけた。
「ほらっ、舐めて先生。」
「舐めなさい。由美子。真純の濡れたおま◯こを舐めるの」
するとあたしは、先生の生温かい舌をそこに感じた。
「あぁぁ~ん、そう、そうだよ先生。あぁ~上手ぅ、ホントに上手」
「そうでしょう? あたしも由美子の舌は大好きよ。この人はね、最高の舐
め犬なの。舐め犬奴隷なのよ」
「あぁぁ~こんなに、こんなに気持ちいいなんてっ、あぁぁいいぃ、あぁぁ
いいぃ気持ちいいよぉ~、先生……」
「あらあらっ、逝っちゃいそうねぇ、真澄」
「だって、凄く気持ちいいんだもん。あぁいぃぃ~、あぁぁ~逝くぅ~」
「由美子、クリちゃんを……」
すると先生はそれこそ追い打ちをかけるように、あたしのクリちゃんを舌先
で小刻みにチロチロと舐めだしたのだ。
「あぁぁ~、それっ、逝くぅ、ママ、あたし、あたし逝っちゃうぅぅ~」
「いいわよ、逝きなさい。由美子はもうあなたの奴隷でもあるのよ」
「うん、先生はもうあたしの奴隷。あたしの先生だもんね」

あたしの先生

21
あたしとママの腕が、妖しく動き始めた。
「いやぁぁ~、あぁぁ~逝くっ、逝く逝くっ、あぁ逝かせてぇぇ~」
「先生の感じるここを、ほらっ、ほらっ、ほらほらほらぁ~」
「ひぃぃ~、あぁだめっ、そんなのだめよぉぉ~」
「なにがだめなの? 先生。だめじゃないでしょう」
「そうよ由美子。悪い先生はお仕置きしなくちゃねぇ」
「いやっ、いやっ、やめて十和子」
「直腸の奥の奥、感じるここをグリグリして、ほらっ、こうされると……」
「いやっ、お願いやめてっ……」
「ふふふっ、ほらっ、いくわよ。グリ、グリ、グリグリグリグリ……」
「ひぃっ、ひぃぃ~」
「相変わらず弱いのねここは。本当に敏感。虐め甲斐があるわぁ」
「やめてぇ、あぁやめてぇ~、だめっ、だめっ、もうだめぇぇ~」
「真澄とあたしに前後の快感ポットをじっくりと虐めて貰って……。嬉しい
でしょう? ねぇ、由美子ぉ」
「先生あたしも。ほらっ、おま◯こ奥。感じるここをグリグリグリグリ」
「その調子よ真純。あたしは直腸のここをグリグリグリ」
「だめっ、だめよ真澄ちゃん。十和子も。そんなことしたらだめぇぇ~」
「うふふっ、どうだめなの? 先生。ホントに変態なんだから」
「あぁぁ~やめてぇ~、やめて2人ともぉ、あぁいいぃぃ~、あぁぁ~ん」
「もう逝きそうでしょう、由美子」
「逝きそう、逝きそうよぉ~」
「だって……。真澄」
「そう、それじゃもっと責めてあげる。もっともっと逝きそうになるまで」
「あぁぁ~、ひぃぃ~、だめっ、だめぇぇ~、あぁぁもう、もうやめてぇ」
「まだまだ、まだまだだよ、先生」
「そうよぉ、じっくりじっくり追い込んであげる。由美子の弱いここをじっ
くり責め込んで、ほらっ、ほらほらっ、ほぉ~らっ」
「いやぁぁ~、いやよぉ~、あぁ逝くぅ、逝っちゃうぅぅ~」
「だぁ~めっ。逝かさなぁ~い」
「そんなっ、逝くわ、もう逝く、逝く逝く、あぁぁ~逝くぅぅ~」
「逝けそうで逝けないって、どんな感じ? そんなに辛いの? 先生」
「辛いわ、辛いわよ。凄く辛い……。あぁ~だめっ、だめよぉ真澄ちゃん」
あたしは指先をミリ単位でズラしながら、より感じる場所を探した。先生の
敏感な体は、簡単にそれを教えてくれる。
「こっちより、こっちの方が、ほらっ、ここ、ここの方が感じるでしょう」
「あぁぁ~、そこ、そこそこ、あぁ真澄ちゃんそこよぉ~」
「やっぱり、ここを指の先でクリクリすると? どうなるわけ?」
探し当てた場所を、今度は指先でピンポイントに責め立てる。
「あぁそう、それ、それ感じる、あぁぁ~逝っちゃう、逝っちゃうわぁ」
「もう、真澄ったら……。お尻の奥も負けずに責めなきゃねぇ」

ママが本気でアナルに差し込んだ腕を、動かし始めた。捻りピストンから奥
まで突っ込み、ひとしきり責め立ててはまた捻りピストンを繰り返す。
もちろんあたしはあたし。指先のクリクリで先生を追い込んでいく。
前と後ろ、あたしとママ。先生は2本の腕で2つの快感を味わう。やがて2
つの快感は1つになって、絶頂という大波となって先生を飲み込むのだ。

「気持ちよさそうねぇ、由美子。そろそろ逝きたい?」
「逝きたい、逝きたいわ十和子。お願いだからもう逝かせて、……」
「先生そんなに逝きたいんだぁ。どうするぅ? ママ」
「そうねぇ、それじゃ……」
あたしとママの目が合うと、後は簡単だった。
「ひぃぃ~、そう、そう、そこそこ、そこよぉ~、あぁ~いいぃ~逝くっ、
逝くっ、あぁぁ~逝くぅ~、逝くぅぅぅ~ひぃぃぃ~、ひぃぃぃ~」
先生は時間が止まったように硬直し、痙攣し、そしてガックリと弛緩した。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土・祝祭日