FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

白い魔女 6

22
彼女に促され、あたしは隔離室に入室した。
そこは10畳以上はあるかなり広い病室だった。しかしちょっと、いや大分
変わった病室だった。
まず目についたのは、部屋の真ん中がカーテンで仕切られていることだ。
窓側半分は通常の病室で、ベッドにテレビ、小さな棚にベッド横のサイドボ
ード。窓からの日差しはまだ閉まっているカーテンを明るく照らしている。

しかしもう半分は、かなりの違和感がある。
まずは床。床は浴室のようなタイル張りで、部屋の中央には大きな排水溝が
ある。そして一番の違和感は、なんと言ってもそこにあるベッドだ。
そのベッドはクッションのない。ベッドというより手術台なのだ。
つまりこの隔離室は、カーテンで仕切られた半分は病室、もう半分は手術室
のようだった。

あぁなんだろう、このゾクゾクする感じは。期待、興奮、欲情、発情。
そしてそんなあたしに、あの院長の言葉が……。
「完璧な防音室であなたと二人きりになったら、二人の声は誰にも聞こえな
い。あなたは何回も絶頂を味わって、それでも責められて……」
そんな言葉を思い出しながら、あたしは婦長さんに聞いてみた。
「あのう、この部屋って防音室って聞いたんですけど……」
「そうですよ。部屋でクラッカーを鳴らしても外には何も聞こえません。隔
離室っていうのはそういう意味なんです。世間から完全に隔離されている。
だから窓も開きませんし、ガラスも二重になっていて完全防音です。ちなみ
にガラスは特殊ガラスで、カーテンを開けても外から室内は見えません」
「ホントに隔離されているんですね」
「えぇ……。それから、病室から出るときは、ナースコールでナースステー
ションに連絡してくださいね。普段は施錠されていて勝手に外に出れません
から。連絡して解錠してもらってください」
「それってもう幽閉では……、って思ったけど。何故かどこかで喜んでいる
自分がいた。やっぱりあたしは少しおかしいのだろうか……?」



夢の森病院の婦長『御堂雪絵』は、興味深げに隔離室を見回す『青山皐月』
を後ろから見ていた。細くもなく太くもない。スリーサイズを勝手に想像す
るならば、バストが86。ウエストが58。ヒップは90ぐらいだろう。
暗めのブラウン系の髪は、肩で綺麗に切りそろえられ、顔もなかなかに可愛
い。キツネ顔かタヌキ顔かと聞かれれば、整ったタヌキ顔だろう。

しかしこの女が、そんな性癖を持っているとは、院長から診察室での出来事
を聞かなければ、到底信じられない。
だから雪絵は知っていた。この青山皐月が今貞操帯を装着され、一週間の禁
欲状態にあることを……。
一週間の禁欲。これ自体人によっては何でもないことなのかもしれない。
しかし彼女にとっての一週間は、しかも院長との余韻を残し、一週間後の悦
楽を約束された一週間は、この性癖を持った彼女にとって、とてつもなく長
く感じられたに違いない。
そして皐月を禁欲から解放する為の貞操帯の鍵は、雪絵が真弓から預かり、
今ナース服のポケットに入っているのだった。
そして雪絵は静かに言った。
「一週間、長かったでしょう?」
「えっ……?」
「シタくてシタくて、堪らなかったんじゃありませんか?」
雪絵はポケットから、皐月が見忘れるはずのない鍵を出して見せた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

白い魔女 6

21
あたしは外すことのできない貞操帯を、自分のイヤラシイお汁で濡らしてし
まったことに気がついた。このままではコレを外した時に、恥ずかしいシミ
が付いていることになる。
しかし貞操帯には指一本入らない。つまりそのお汁をを拭くことができない
のだ。もちろん鍵がなければ外すこともできない。

二日目、三日目の夜も、あたしは悶々とした夜を過ごした。
あと四日。遅々として進まない時間が、あたしを時の牢獄に閉じ込める。
如月院長は、 "変な気を起こさないで普通に生活してればいいの" って言っ
てたけど、あたしには無理だった。大体変な気を起こさないというのが無
理なのだ。それどころか、あたしの性欲は日毎に募っていく。
触りたい、指を挿れたい。そして思いっきり掻き回したい……。
心ゆくまで快感を味わって、そして悦楽の瞬間を迎えたいのだ。
でもあたしの股間には、分厚い革の貞操帯が……。
そしてまた今夜も、イヤラシイお汁で貞操帯を濡らしてしまった。

四日目、五日目、そして入院前日の六日目。
日々の禁欲による性欲は、最高潮に達していた。あぁどうして一週間後なん
て言ったのか。せめて五日後だったら今頃……。

そして入院当日。
来た、ようやくこの日が。やっと、やっとコレが外せる日が来たのだ。
あたしは嬉々として夢の森病院へと向かった。

夢の森駅東口から線路沿いを五分程歩けば、あの白い病棟に到着だ。
新緑の葉をつけた中庭の大銀杏が、威容を誇るようにそそり立っている。
あたしは正面玄関から中へ入ると受付をし、入院前の諸検査を済ませた。
病室に案内するので検査室で待っているように言われたあたしは、早鐘のよ
うな胸の鼓動を感じながら、小さな椅子に座っていた。
目の前にはカーテンが引かれ、すぐ横の廊下に人の往来を感じる。
五分ほど待ったろうか、ドアノブが回る "ガチャ" という音が聞こえた。
カーテンが引かれ、そこに一人の看護師が立っていた。
「えぇっと、今日から入院される、青山皐月さんですね?」
「はい、青山皐月です」
「それじゃ、病室の方、案内しますね……」
「はい」

あたしは少し早足の彼女の、後ろから付いていった。
彼女は受付の横を通り、エレベーターに乗ると四階のボタンを押した。
すると静かに扉が閉まり、二人だけの空間が生まれる。
「青山さん、院長に診察してもらったんですって?」
「えぇ、はい……」
「そう。ラッキーだったわねぇ。院長はいつも予約でいっぱいだから」
「そうなんですか……」
「あっ、それから申し遅れました。あたくし、青山さんを担当する御堂雪絵
と申します。ここでは婦長をしております。よろしくお願いします」
「婦長さんなんですか。青山です。よろしくお願いします」
互いにペコリと頭を下げた時、エレベーターが四階に到着した。

エレベーターを降りると、あたし達は長い廊下を一番奥まで歩き、一番奥の
ドアの前で立ち止まった。
「ここです」
見ればドアの上には "隔離室" と書かれた札がついている。
「隔離室……?」
「はい。まだできたばかりの病室で、青山さんが初めての患者さんなんです
よ。どうぞ、お入りください……」

白い魔女 6

20
「言ったはずよ。禁欲の日々が始まるって」
「はい。そうですよね……」
諦めたように俯く青山皐月を、真弓は白衣のポケットの中で、貞操帯の鍵を
弄びながら見下ろしていた。



病院から帰った夜、あたしはベッドの上で悶々とした夜を迎えた。

今あたしの脳裏には、今日の院長とのコトが有り有りと蘇っている。
院長の髪、綺麗な脚。ズルズルとパンティを下ろしていく姿。アソコの色や
形、匂いさえも、まるでまだ目の前にあるかのようだ。
「クリちゃんも舐めなさい……」
そう言われて舌先を尖らせ、チロチロと小刻みに舐めた。その時のコリコリ
としたクリトリスの感触も、まだ生々しくこの舌先に残っている。
そしてその瞬間を迎えた院長が、 "ガクン" と大きく体を震わせた時、その
時のあたしの悦び……。

あぁ如月真弓。真弓。あたしはもっともっとあなたに責められたい。
シタい、あぁシタい。シタくてシタくて堪らない。そんな思いで股間に伸ば
した指先を、あなたの付けた貞操帯の分厚い革が、頑として拒絶してくる。
それでもあたしの指は未練たらしく、分厚い革の上からソコを触り続ける。
隔靴掻痒(かっかそうよう)。
突然、そんな四文字熟語を思い出した。
意味は "靴の上から痒いところを痒くような、 思い通りにならず、もどかし
いこと、核心に触れないで、はがゆいこと" 。
だったけど。今のあたしはまさに、その隔靴掻痒感で一杯だ。

あたしの手は貞操帯を離れると、パジャマ代りのTシャツを捲り上げ、両乳
房を掴んだ。乳房に食い込んでいた五本の指はすぐに親指と中指の二本にな
り、早くもシコり勃っている褐色の乳首を "チョン" と摘んだ。
「あぁぁ~ん」
ようやく得られた快感。あたしは乳首をコリコリと嬲り、クリクリと転がし
た。ギュッとつねったり、指先で往復ビンタのように小刻みに弾いてみたり
もした。
しかしそこから先が繋がらない。あたしの体に、上半身と下半身が分離した
ような、妙な感覚が広がっていく。
「あぁ邪魔だ。取りたい。なんでこんなモノを……」
貞操帯の分厚い革は金属のように固く、外からの刺激を全て無にしてしま
う。もちろん鍵がなければ脱ぐことなど夢のまた夢だ。
「触りたい触りたい。もう触らせてよ。あたしの体でしょう」
でも貞操帯は、体のカーブに沿ってにピッタリと張り付いたようになってい
て、隙間ができてもごく僅かで、とても指なんて入らない。
なんて完璧なオナニー禁止器具。あたしにはとても太刀打ちできない。

「あぁもう、ココはすっかり濡れてるのに……」
えっ? 濡れてる? 濡れてるって……。これってもしかして……、このま
ま病院に行ったら……。
あたしは自分の恥ずかしいお汁で濡れた貞操帯を拭こうとした、でも拭けな
い。だって指の入る隙間がないのだから……。
ということは、一週間後、病院でこれを外した時……。
恥ずかしい。それは恥ずかしい。だって借りたパンティに、シミを付けて返
すようなものだ。しかもそれはあたしのイヤラシイお汁。
しかも貞操帯の期間はまだ、丸々一周間あるのだ。

白い魔女 6

19
「入院当日まで、これを付けて貰うわよ」
真弓は革のTバックのようなものを見せた。
「これは女性用の貞操帯よ」
「貞操帯?」
「そう。これを穿くとね、アソコが触れなくなるの。だからもう女性の制服
姿を見て妙な気分になっても、トイレでこっそりオナニーできないわよ」
「は、い……」
「それから一応言っとくけど、トイレは大も小もできるから……。というわ
けで、パンティ脱いで」
「えっ、あっ、は、はい……」

真弓はその分厚い革のTバックのような貞操帯を、皐月に取り付けた。
最後に鍵を掛ければ、もう自分では脱ぐことはできない。脱ぐには鍵が必要
なのだ。もちろんその鍵は、真弓は入院当日まで預かることになる。

「これで鍵を掛ければ、今日から一週間。禁欲の日々が始まるわ」
「なんか、あたしこんなの初めてで……、不安です」
「大丈夫よ、変な気を起こさないで、普通に生活してればいいの……。そう
いえばさっき、あたしだけ逝っちゃって、あなたは逝ってないけど、逝きた
くない? 大丈夫? 正直に言ってね」
真弓は白衣の前を合わせると、いつもの女医の姿に戻った。そしてそれは同
時に、皐月を刺激する制服姿でもあった。
「そんなっ……、あたしは」
「いいの? 一週間でもあなたには禁欲は辛いと思うけど。鍵を掛ける前の
今なら……」
「だ、大丈夫です」

その返事を聞いて、真弓は貞操帯に鍵をかけた。
その瞬間、皐月のその顔には明らかに後悔の念が見て取れた。
なにしろこのモヤモヤを残したまま一週間、彼女は禁欲しなければならない
のだ。それも貞操帯で強制的に……。
真弓にはそれがゾクゾクくて堪らない。でももう少し煽ってやりたい。貞操
帯を装着した今、物理的というより精神的に……。

「皐月さん、あなたが入院したら、しっかり治療しましょうね」
「はい」
「あなたには特別に個室を用意するわ」
「個室を……?」
「そうよ。新しくできた特別な部屋があるの。その部屋は完璧な防音室だか
ら、どんな音も外には漏れないないわ。わかるわよね、この意味……」
真弓の唇には妖しい微笑が浮かんでいる。
「そんな部屋であなたと二人きりになったら……」
「あぁ、先生、想像してしまいますぅ」
「部屋に入って鍵を掛けてしまえば、二人の声は誰にも聞こえない。たとえ
ドアの外に人が立っていても何にも聞こえないの。二人だけの世界よ」
「先生もう……、あたし……」
「入院しているあなたには時間がある。そしてあたしはこの病院の院長。誰
にも怪しまれない。だから何時間でも楽しめるわ。あなたは何回も何回も絶
頂を味わって、それでも責められて……」
「先生、やっぱりあたし最後に……、逝き、たい、です……」
「だからさっき聞いたのに。鍵をしたらもう外せないわ。言ったはずよ。禁
欲の日々が始まるって。それはもう鍵を掛けた瞬間から始まっているの」
「はい……。わかりました」
青山皐月は、諦めたように返事をした。

白い魔女 6

18
「舌先を尖らせて、チロチロと小刻みに舐めて……」
「こうですか……?
「あぁぁ~いいぃ、続けて、もっと続けて。あたしが逝くまで続けなさい」
「はい、先生……」
皐月はそれが当然だと言うように返事をした。

この女はMだ。それも奉仕好きのドM。これはいい患者が来た。早速婦長
の御堂雪絵にも知らせよう。こういう女は雪絵の大好物だ。きっと嬉々とし
て弄ぶだろう。
まずは入院させて、全てはそれから……。
真弓は皐月にソコを舐めさせながら、そんな犯行計画のようなものを描いて
いた。

真弓は両手で皐月の頭を持つと、その舌を深く受け入れんと、自分の股間に
押し付けるようにして抑え込んだ。
「あぁぁ~いいぃぃ~、逝くっ、逝くわ、逝くっ」
皐月は舌で真弓の奥を舐め、クリトリスを吸っては舌先で責め続けた。
「あぁぁ~逝くっ、逝く逝くっ、あぁぁ~逝っくぅぅ~あぁぁぁ~」
真弓は一度 "ガクン" と大きく体を震わすと、そのまま机に乗せていた脚を
下ろし、力なく椅子に座った。

「青山さんあなた、女が好きなだけあって、上手ねぇ~」
「そうですか、ありがとうございます。あたしは先生が素敵過ぎて、もう無
我夢中で……」
「いいのよ、それで……。それでいいの」
「は、はい……」
それから真弓がパンティを履くまで、暫しの沈黙が流れた。

「先生……、それであたしはぁ……」
「そうね、入院した方がいいかもね」
「入院……、ですか?」
「えぇ、だってあなたを野に放したら、何をしでかすかわからないから」
「そんなっ、大丈夫ですよ」
「だめだめ。現に痴漢未遂までいってるんだから、そのうち必ず痴漢する
わ。そして最悪逮捕……、なんてことに」
「そんなっ、大げさですよぉ……」
「わからないわよぉ~。ありえない話じゃないでしょう?」
「それは、まぁ、そうかもしれませんけどぉ……」
「ほら見なさい。症状が悪化したら、本当にわからないわよ。徐々にエスカ
レートしてるのは確実なんだから。症状が軽いうちに手を打たないと……」
「は……、はい……」
「でっ、いつから入院できるの。できるだけ早い方がいいんだけど……」
「えぇっとぉ……、来週末くらいなら……」
「わかったわ。それでは一週間後に "入院" というこで……、いいですね」
「はい」
「手続きの方は総合受付で、入院当日は看護師から説明があるから……」
「はい」
「それから入院当日まで、これを付けて貰うわよ」
真弓は革のTバックのようなものを見せた。
「それは……?」
「女性用の貞操帯よ」
そう言った真弓に唇が、三日月のようにパックリと割れた。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土