FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

ママと叔母さん

17
あやめは相手マンションに向かって軽く会釈をすると、そのままカーテンを閉
めた。スマホをテーブルに置き、椿の四肢の拘束を解くと、疲れ切った椿に軽
いキスをした。
「さっ、寝室へ行きましょう」
「今度こそ、二人きりね」
「そうよ。安心して……」

寝室には、ダブルベッドと小さなサイドボード、そして壁にクローゼットがあ
るくらいで、他には何もない。ただこのサイドボードの引き出しには、色々な
オモチャが入っているのはいうまでもない。
そんなダブルベッドに、先に横たわったのは椿だった。その姿はガックリと力
が抜け、疲れ切ったかのようだ。
「疲れたの? あれだけ潮を吹いたんですもの。無理もないわね」
あやめはそんな椿を見ながら服を脱いでいく。
「それにあの状況。知らない人達に見られているなんて。気疲れするわ」
「あれはあのサークルの中だけの秘密よ。その代りメンバーに外で会っても。
お姉さんはわからないけどね」
「それはそれでドキドキするわ」

全裸になったあやめが、サイドボードから縄やバイブを鷲掴みに取り出した。
「もう、そんなにオモチャ出して……。まだ責めてくれるのね」
「だってあれくらいでお姉さんが満足するわけないでしょう。今度はここで、
じっくりと虐めてあげるわ。大声を出してもいいのよ誰にも聞こえないから」

あやめはニヤリと微笑むと、一本の縄を手にして椿に近づいた。
そしてベッドで膝立ちになっている椿の両手を、背中で一つに縛り上げた。
「そのまま四つん這いになって」
真後ろから聞こえるあやめの声に、椿は自ら前に倒れて四つん這いになった。
四つん這いといっても、両手をつけない彼女は頭をベッドに押し付け、お尻を
高く突き上げた格好となる。
「いい格好よ、お姉さん。ビラビラが開いて、濡れたおま◯こが後ろから全部
丸見えだわ」
「あぁん、もう、あやめ。恥ずかしいわぁ」
「何言ってるのよ今更、あんな潮吹きまで見せて。それにこれ、潮で濡れてる
んじゃなくて、お姉さんのお汁でしょう? お・つ・ゆ」
そう言って花びらの内側を指で触る。
「ほらっ、こんなにヌルヌル。あぁー糸引いてるわぁ~。潮じゃ糸引かないも
のね。だからやっぱりこれはお汁ね。イヤラシイ、お・つ・ゆ」
「あぁ~ん、もう、焦らさないで早くシテ、あやめ」
「そう、そんなに責めて欲しいのぉ。それじゃコレを使ってあげるわ」

あやめはオモチャの中で一番太いオモチャを掴み上げるた。
それは肌色の筋張った血管が走るバイブで、その太さはあやめの腕程もある。
「あぁ、それは……」
「そう、特大バイブ。コレ使うとお姉さん気が狂ったように感じるものねぇ」
「だってそれ、とっても太くて……」
「今日はコレに媚薬を塗って、奥まで突っ込んであげるわ。それでバイブのス
イッチを入れたまま、ヌルヌルとじっくり出し入れよ」
「あぁ、嬉しいわ。あの媚薬を塗るのね……」
「だってあの媚薬好きでしょう? お姉さん。」
「そうね。媚薬で疼くおま◯こを、あのサイズのバイブで押し拡げられるのが
堪らなく感じるの」
椿は早くしてと言わんばかりに、四つん這いの両足を広げた。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ママと叔母さん

16
「さぁ、お姉さんが潮吹くところ、みんなに見てもらいましょうねぇ」
「ねぇ、本当なのぉ。本当に潮吹きなんて……」
「本当よ。ふふふっ、こうすると。ほらっ、どんどん吹きたくなってくる」
「あぁ、まさか……、本当に、潮吹きを見られるなんて……」
椿の中で淫らな圧力が高まっていく。それも強制的に、確実に……。
「あぁいやっ……、だめっ、もうだめっ、ねぇやめてっ」
「ほぉ~らっ締まってきた。どんどん限界が近づいてくる感じでしょう」
「あぁ、いやっ、いやよぉ。だめっ、あぁぁだめぇ。お願いそれ以上は……」
「あぁー締まってきた締まってきた。どんどん締め付けて、まだ締まるのぉ」
「あぁだめっ、出そう、もう出そうなの。お願いやめてっ」
するとあやめの首が、スマホの方に向き直った。
「もうすぐですから。ちゃんと見ててくださいね」
「大丈夫よ。望遠鏡で滴の1滴まで見えるから」
「それじゃ、そろそろトドメを刺しますか」
「そうして頂戴。みんな楽しみにしてるの」
「はい。それでは……」
そしてまた椿に向き直る。
「お姉さんの潮吹き、みんなに見てもらいましょうね」

そしてまさにトドメを刺さんと、あやめの指がそのスピードを増した。指は卑
猥な音を立て、椿の潮を汲み出さんとそのポイントを一気に責め立てたいく。
「聞こえますぅ? このクチュクチュっていう音」
「聞こえるわぁ。すごく濡れてるのねぇ、椿さん」
「いやぁ、あぁぁいやっ、出るっ、出ちゃうぅぅ~」
「いいのよぉ、お姉さん。ジャブジャブ吹いて。あれを見たらきっとみんなビ
ックリするわぁ。まるで "大人のお漏らし" だものねぇ」
「いやっ、絶対いやぁ」
「でも我慢できるかしら? ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ出ちゃう」
「いやっ、いやよっ、絶対いやぁ~」
「それじゃせいぜい我慢しなさい。出来るものならね。でもまた締まってきた
けど。これはどういうことかしらぁ?」
「あぁぁ~、あぁぁ~だめっ、お願い、もう、もう……、やめて……」
「だぁ~めっ、やめない。やめないわよぉ~。ほぉ~らっ、ほぉ~らっ」
「あぁぁ~だめっ、それだめっ、だめだめっ、出ちゃうぅ~、出ちゃうぅ~」
「もう限界ね。ほらっ、吹け。吹け吹け吹け……」
「あぁぁいやぁ、出ちゃう、ホントに出るぅ、見ないでっ、見ないでぇぇ~」
しかし次の瞬間。椿の股間から透明な液体がシャワーのように飛び散った。
「ほぉ~らっ、見えますぅ? この潮吹き」
「見える見える。ホントに凄い量ね。まだ吹いてるわ」
「いやぁ、いやぁぁ~」
「あんなに出るのねぇ。オシッコより多いんじゃない?」
「ホントに大人のお漏らしねぇ」
「見えるって、お姉さん潮吹き。良かったわねぇ、みんなに見て貰えて」
「あぁ恥ずかしぃ、恥ずかしいわ」

あやめは後ろから椿の腰を突き出すようにすると、改めて花びらを左右にパッ
クリと拡げた。
「これが今潮を吹いたお姉さんのおま◯こです。まだ潮が滴ってます」
「ホント。お毛毛にも水滴がついてる」
「あぁぁ~そんなに見えて……」
「ありがとう、椿さん。おかげで楽しめたわ。みんなも満足そうよ」
「それは良かったです。 "椿の潮吹きショー" を楽しんでいただけて。今度は
是非直に、目の前で見ていただいて……」
「是非そうさせていただくわぁ。それじゃ切るわね。ホントにありがとう」
「いいえ、失礼します」
あやめは相手マンションに向かって軽く会釈をすると、カーテンを閉めた。

ママと叔母さん

15
「ねぇ、その人潮吹くんでしょう? 見たいわぁ潮吹き。見せてよ」
「えぇ、大丈夫ですよ。何しろ勝手知ったら姉の体ですから」
あやめはこともなげに答えた。

「えぇ? ねぇ、ちょっと、いやよ。潮吹きなんて絶対いや」
「でもぉ、そういうリクエストだから……。諦めて、お姉さん。それに……」
「それに?」
「この状況じゃどうしようもないわよ」
「えっ……」
「こんな格好で四肢を拘束されて。いやも何もないじゃない。何をされても無
抵抗。あたしのするが儘、されるが儘なのよ。お姉さん」
スルスルとあやめの右手が椿の股間に伸びる。
「いやっ、やめて、やめて……」
しかしあやめの二本の指はもう、濡れた花びらを掻き分けている。
「やめて、やめてったらっ、あやめぇ」
「恥ずかしいわねぇ、みんななの前で潮を吹くだなんて」
まずは指先が2センチくらい、開いた花の中へ "ググッ" と潜り込んだ。
「あぁん、いやっ、いやよ。やめて」
しかし指は止まらずに、濡れた肉壁を擦りながら奥へと潜り込んでくる。
「お姉さんの潮吹きポイントはぁ……」
潜り込んでいく指が、ある場所でピタリと止まった。
「ここでしょう。そうよねぇ?」
「し、知らないわ」
「そう。それじゃ、確かめてみましょうねぇ」

指は肉壁を押しながらの小刻みなピストン運動、それプラス僅かな指の曲げ伸
ばし、といってもいいかもしれない。その指先はポイントからずれることく、
潮を吹くように吹くように、それを促すように動き続ける。
椿が悶え始めると、スマホの声も聞こえてきた。

「そうすると吹くのね」
あやめはスマホの方に首を向けた。
「そうです。ここをこうやってクリクリすると」
「はぁぁ~だめっ、だめよ。お願いやめてっ、やめてぇ~」
「うふふっ、続けて続けて……。みんな期待してるわよ」
「はい。大丈夫です。絶対吹かせますから」
「たいした自身ね」
「だって、こうやって吹かなかったこと、ないですから」
「まぁ、そうなの? さすが勝手知ったら姉の体ね」
「そういうことです。ほらっ、ここ、ここでしょう? お姉さん」
「はぁぁ~だめよぉ、あぁぁ出ちゃうぅ、出ちゃうぅぅ~」
「まぁまぁ、こんなに指を締め付けて。もういつでも吹ける感じね」
「ねぇ、出ちゃう、出ちゃうのぉ~」
「お姉さんの潮、いっぱい出るのよねぇ」
「いやっ、言わないでぇ」
「だってそうじゃない。いつもジャブジャブ出るじゃない。あっちこっち飛び
散らせて、もう部屋中潮だらけになっちゃうのねぇ~」
「お願い、言わないであやめ」
「だって本当のことじゃない。お姉さんが潮吹くところ、みんなに見てもらい
ましょう。あの潮の量を見たら、きっとみんなビックリするわぁ」
「いやよぉ、そんなのいやぁ。お願いやめてよぉ」
「うふふっ、ほぉ~らっ、こうするとぉ……、ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ」
椿の中で、淫らな圧力が高まっていった。

ママと叔母さん

14
「乳首をつねってあげる。ほらっ、お姉さんこれくらいが感じるもんねぇ」
「あぁぁ~ん、そんなにっ、だめっ、だめよぉ~。あぁぁ~ん、だめぇぇ~」

「そうそう、いい声よお姉さん。その悶える声をみんなに聞かせてあげて」
「そんなの……、あぁん、あっ、いいぃ~、いいぃぃ~」
「うふふっ、感じちゃうでしょう?」
「いやよ、こんなの。恥ずかしいわ……」
「それじゃもっと恥ずかしいことしてあげる」
後ろから乳首を摘んでいたあやめ両手が、ゆっくりと股間へ降りてくる。
「えっ、それって、まさか……」
「そう、ご開帳ってやつよ」
「いやっ、いやよっ」
「ほらっ、みんなによく見えるように、もっと腰を突き出して」
あやめは後ろから自分の腰を突き出し、椿の腰を押し出すようにした。
「あぁん。いやよこんな格好。やめてよ」
「さぁみなさん、大変長らくお待たせいたしましたぁ。ご開帳でぇ~す」
スマホのスピーカーから、パチパチと拍手の音が聞こえてくる。
「いやよ、いやぁ」
あやめの両手が、椿の股間の花びらを摘んだ。
「皆さん準備はいいですかぁ? 開きますよぉ」
「いいわよぉ、開いちゃってぇ~」
「大きく拡げてね。奥までよく見えるように」
「もちろんです。それでは、3・2・1……、ゼロ~」

秒読みに合わせ、あやめが花びらをパックリと開くと、椿の股間に赤い粘膜の
花が咲いた。今椿はそんな秘密の花を、どこの誰とも知らない女達に見られて
いるわけだ。そんな椿に、追い打ちをかけるようにスマホからの声が届く。
「まぁ~、よく見えるわ」
「綺麗な色ねぇ~」
当然そんな声は。椿の耳にも聞こえている。
「ねぇ、もっと拡げて。拡がるでしょう」
「こうですかぁ?」
淫らなリクエストに、あやめが一つ一つ答えていく。
「そうそう、わぁ、もっと見えるようになったわ」
「クリちゃんいじってみて……」
「ちゃんと皮向いてね」
「もちろん。皮、剥きますよぉ。ほぉ~らっ。見えますぅ?」
「見えるわ。もうプックリしてる」
「クリちゃん大っきいわね。指の間から飛び出してるじゃない」
「そうなんです。この子、クリちゃん大っきいんです」
「その大っきいクリちゃん。そのまま責めてみて」
「いいですよぉ。それじゃ、皮を剥いたまま、こんな感じで……」
あやめは左手で剥きあげた肉芽を、右手の人差し指の指先で嬲り始めた。
椿の敏感な肉芽に、執拗な指先の往復ビンタが無限に続く。
「あぁっ、あぁっ、あぁぁ~ん、あぁぁ~んだめよぉ~。そんなのだめぇ~」
「あらあら、いい声がきこえてきたわ」
「もっとよ、もっと続けて。でも簡単に逝かしちゃだめよ。うんと焦らしてよ
がらせて。あたし達そう言う女を見るのが好きなんだから」
「ねぇ、その人潮吹くって言ってたわよぇ」
「えぇ」
「見たいわぁ。見せてよ。難しい?」
「大丈夫ですよ。何しろ勝手知ったら姉の体ですから」
あやめはこともなげに答えた。

ママと叔母さん


まさか本当にスマホが繋がっていたなんて……。あやめの演技とばかり思って
いた椿は、驚きを隠せなかった。

「もしもし、椿さん? ここからよく見えるわよ。ここには五人いるんだけど
ね、みんな望遠鏡で見てるの。だからこんなに離れていても、手の伸ばせばあ
なたに届きそうな気がするわ」
「本当に見てるんですか」
「見てるわよ。今あなたは窓際にX字に磔みたいになってる。あっ、今あやめ
さんが後ろから、あなたに手ブラをしたわ」
確かに。この会話中にあやめが後ろから手を回し、椿の両乳房を手で隠した。
椿は言葉を失い、動揺を隠せない。

「どう? 椿。これで本当に見てるってわかったでしょう?」
あやめはスマホを耳に当てた。
「あっ、もしもし、これは切らずにこのまま……。えぇ、なにかご要望があれ
ば……。そうですね、はい、それでは早速」
あやめはスピーカーのアイコンをタップすると、スマホをテーブルに置いた。
そして椿の背中、肩甲骨の間を舐め上げていった。
「あぁぁ~」
「その色っぽい声も、みんなに届いてるわよぉ。さぁ、首の後ろも……」
「あっ、あぁぁ~ん」
「うなじも……、感じるのよねぇ。首から肩を舐めなながら、おっぱいも」
「あぁぁっ、だめっ」
あやめの両手は、椿の乳房を爪で触るようにサワサワと触った。それは深い関
係に二人だからこそわかる、無駄なく相手を感じさせる触り方だった。
十本の指は乳輪までしか触らず、肝心の乳首には触れそうで触れない。

「乳首、触って欲しいでしょう。ほらっ、周りをカリカリしてあげる」
「あぁぁ~だめっ、だめよぉ~。あぁぁ~だめっ……」
「ふふふっ、触ってない乳首が勃起してきたわよぉ」
「あぁぁ~、ねぇ、恥ずかしいわっ、見られてるんでしょう」
「そうよ。ほらっ、もう乳首がピンピン。さぁ、これをチョンと摘んだら、い
い声が出そうねぇ。その声をみんなに聞いてもらいましょうねぇ。向こうのス
マホもスピーカーにしてあるから、お姉さんの声もメンバーみんなに聞こえる
てるわ。まさに実況中継って感じね」
「そうなの?」
「さぁ、ピンピンの乳首を摘むわよぉ」
あやめは椿とスマホに同時に言うと、乳首を "チョン" と摘んだ。
「あぁぁ~ん」
あやめはスマホを耳に当てた。
「聞こえましたぁ?」
そして椿に言った。
「よく聞こえたって。ここに置いたままで大丈夫みたい」
あやめはスマホを置くと、今度は両手で乳首を摘んだ。そしてそのまま乳首を
指先でプニプニと弄んだ。
「あぁぁ~、あぁぁ~だめっ、やめてぇぇ~」
「聞こえたでしょう?  "乳首をもっと責めてみて" って。 "指先でコリコリし
て" って……」
「あぁぁ~ん、あやメェ。あぁぁ~、あぁぁ~んだめっ、感じちゃう……」
「いいわよお姉さん。その調子。つねるわよ。ほらっ、痛い?」
「はぁぁ~、そんなにあぁぁ~」
「でもお姉さんこれくらいが感じるもんね。ほらっ、ほぉ~らっ痛い」
「だめっ、だめよぉぉ~。あぁぁ~、あぁぁ~ん、だめぇぇ~」

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土