FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

お部屋でしましょうね

9
「感じるのはこれからよ。お尻のバイブもスイッチを入れてあげる」
「えっ、待って、そんなっ、前も後ろも……」
「そうよ。前も後ろもバイブでかき回されたら、今よりずっと感じるわよ」
そしてアナルバイブが、あたしの直腸の奥の奥で震え始めのです。

「ひぃっ、ひぃぃ~、あぁぁ~だめっ、凄いぃ、あぁぁ凄いのぉ~」
「うふふっ、もうそんなに感じて……。ともみはバイブ好きだものねぇ」
「だって、だってこんなの」
「さぁ、ここからはたっぷりと楽しませて貰うわよ。さっきのあたしよりず
っと長く焦らしてあげる。せいぜい悶えて感じるといいわ」
「いやっ、いやっ」
「あらあらっ、あなたがあたしにしたことでしょう? ともみぃ。ずぅ~っ
と生殺しのまま、ネチネチと虐めてあげる。時間を掛けてたっぷりとね」
「あぁぁ、そんなっ、校長先生……。あたしは校長先生が喜ぶと思って」
「あらっ、あたしもよぉ、ともみぃ。あなた大好きじゃない。こうやって虐
められるの」

そうなんです。あたしも校長もM。でも適度にSでもあって、責める楽しさ
と責められる快感を、いつもこうして分かち合ってるんです。
だからあたしも縛られてもいないのに、無抵抗でこの責めを受け入れている
んです。もちろん嬉々として……。

「校長先生、あたし逝っちゃう、もう逝っちゃう、逝っちゃいますぅ」
それも当然です。二本のバイブはあたし逝かそうと、おま○この中でクネリ
続けているのですから。
「逝けるものなら逝ってごらん。あたしが絶対逝かせないから」
「そんなっ、そんなっ」
「うふふっ、言ったでしょう。ネチネチと生殺しのまま虐めてあげるって」
「あぁぁ~逝くぅ、逝く逝く逝くぅ~、あぁぁ~逝っちゃうぅぅ~」
「まだまだ、時間を掛けてたっぷりよ。ほらっ、こういうのはどう?」
校長先生は、二本のバイブで一緒に抜き差しを始めました。
「あぁぁっ、いやっ、そんなっ、あぁぁ~感じるぅ~」
「二本同時に入れて、同時に抜くの。ほぉ~らっ、ほぉ~らっどう?」
バイブが頭をクネらせながら、あたしの中を滑ります。
「いやぁぁ~、あぁぁ~」
すると今度は互い違いに、抜き差しを始めました。
「ほぉ~らっ、これとどっちがいいかしら。これが一緒……」
「ひぃぃ~、感じるっ、感じますぅぅ~」
「それでこれが変わり番子に、入れたり出したり、ほらほらほぉ~らっ」
「ひぃぃ~、それも、それも感じるぅぅ~」
「あらあらっ、どっちもだなんて。ともみはホントにイヤラシイのね。やっ
ぱりスポット責めが一番効くのかしら。ほらっ、ココをグリグリよ……」
「ひぃぃっ、だめっ、ソコは、ソコはだめですぅ、あぁぁだめぇぇ~」
「そうねぇ、ココがともみの一番堪らないトコロ。ほらっ、じっくりと」
「あぁぁ~だめっ、ソコは、ソコだけはっ、あぁぁ~だめっ、いやぁぁ~」
「ほぉ~らっ、ココだ。ココココ。ココをじっくりじっくり」
「だめぇぇ~、だめっ、だめだめっ、だめですぅ~」
「んん? 堪らない? そう、それじゃ何度も何度もしてあげましょうね」
「そんなっ、あぁぁ~ひぃぃ~、またっ、あぁだめっ、だめぇ~」
「うふふっ、ともみが感じるように感じるように、逝くように逝くように、
責めてあげる。ほぉ~らっ、ほぉ~らっ、ほぉ~らっ堪らない。うふふっ」
「あぁぁ~逝くっ、逝く逝くっ、逝かせてっ、逝かせてくださいぃ」
「だぁ~めっ。まだよぉ。まだまだ生殺しのまんま。可愛そうねぇ」

昼下がりの校長室に、卑猥な言葉と喘ぎ声が響きます。
でもそんな声も、誰にも届きません。まだ職員も生徒も大勢残っているはず
なのに。ここで起こっていることは、あたしと校長しか知らないのです。
そんな二人の秘め事は、淫らな密室の中で続いていくのでした。

スポンサーサイト
[PR]

お部屋でしましょうね

8
あたしは床に立ったまま、上半身は机に突っ伏しています。そんなあたしの
後ろには、二本のバイブを持った校長が座っています。
「うふふっ。まずは拡げて……」
校長はそんなあたしのビラビラを、両手でパックリと割り開いたのです。

「まぁ、すっかり濡れて……。欲しいのね。今バイブを突っ込んであげます
からね」
するとすぐに、開いたままのビラビラにバイブの先端が当てがわれました。
「うふふっ、入れるわよぉ。ほぉ~らっ、ほぉ~ら入ってく……」
太く長いソレは、秘肉を押し拡げながら、半ば強引に入ってきました。
でもその太さは絶妙で、決して無理な太さでないんです。
「あぁっ、あぁぁ~ん、太いぃ~」
「それがいいのよ。この太さが。そしたらコレをココに合わせて……」
バイブが埋没すると、校長は手元近くの枝分かれした先端、そのクチバシの
ような部分を、あたしのクリちゃんに合わせたました。
「あぁっ、あぁぁ~ん」
「これでいいわ、後はスイッチを入れるだけ……。覚悟はいい? ともみ」
「はい、お願いします」
「それじゃ……、はい」
バイブのスイッチが入り、あたしはおま○ことクリちゃんに淫らな微振動を
感じました。
それはあっという間に快感を生み出し、あたしを性感の高みへと押し上げて
いくのです。
「あぁぁっ、あぁぁ~、凄いぃ、凄いですぅ校長先生……」
「凄いでしょう、いいでしょうコレ。クリちゃんもこの先で虐めてあげる。
ほらっ、ほらっ、ほぉ~らっ感じちゃう」
弾力のあるクチバシが、クリちゃんにこれでもかと振動を送り込んでくるの
です。もうあたしは感じずにはいられません。
「あぁぁ~、あぁぁ~いいぃぃ~、あぁぁ感じるぅ、あぁぁいいぃぃ~」
「このバイブね、中でクネらせることもできるのよ。ほらっ」
するとバイブの頭が、あたしの奥でグリグリと輪を描くようにクネリ始めた
のです。そんなバイブを校長は、あたしの奥に押しつけてくるのです。

「ひぃぃ~、ひぃぃぃ~、こ、校長先生、だめっ、だめぇぇ~」
「どう? ともみのスポット目掛けてグリグリしてあげる。ほらっ、この辺
でしょう? ほらほらっ……」
校長はバイブの挿入角度を微妙に変え、バイブのクネリがあたしのスポット
をほじくるように押し付けてくるのです。
「ひぃぃ~、ソコ、ソコぉ~、ソコですぅ。あぁぁ~、あぁぁぁ~」
「んん~、ココねぇ、奥までしっかり届くから、あなたのスポットもしっか
り責められるわ。こうやってほじくるようにするのがいいのかしら…?」
「ひぃぃ~、それっ、それっ逝っちゃうぅぅ~、あぁぁ~逝くぅぅ~」
「あらあらっ、もうそんなこと言って……。まだアナルがあるのよぉ、この
長いバイブを全部入れるんだから」
するとアナルバイブの細い先端が、あたしのアナルに当てがわれました。
「そんなっ、今はだめっ、だめですぅ。あぁ待ってぇ~」
でもアナルバイブは、ヌルヌルとあたしの中に潜り込んできたです。

親指より僅かに太く、長さは中指の倍は優あるアナルバイブ。
ソレがこれでなくては届かないであろう、奥へ奥へと入ってくるのです。
そして今あたしは、直腸の奥の奥にバイブの先端を感じています。
「あぁぁ~、そんな奥まで……」
「うふふっ、どう? このバイブ。アナルの奥まで届いて、感じずにはいら
れないでしょう」
「はい、はい。感じるっ、感じますぅ」
「でも感じるのはこれからよ。こっちもスイッチを入れてあげる」
そうなんです。校長はまだスイッチを入れてなかったんです。
「えっ、待って、そんなっ、前も後ろも……」
「そう、前も後ろもバイブでかき回してあげる。今よりもっと感じるわよ」
「そんなっ、これ以上感じるなんて……」
そして奥の奥まで届いたアナルバイブが、あたしの直腸で震え始めのです。

お部屋でしましょうね

7
校長の体に絶頂前の硬直が始まりました。でもあたしはギリギリを見切っ
て、執拗に焦らし続けます。

今にも逝きそうな校長の首は、仰け反っては俯き、俯いては仰け反ります。
大きく突き出されたお尻は、早くトドメを刺してとばかりに妖しくヒクつい
ています。
「逝きそうですね、校長先生。もう逝く寸前でしょう」
「そうよ、そうよ、あぁぁ~逝くっ、逝く逝く逝くぅぅ~、逝かせてぇ~」
「んん~、ほぉ~らっ、もうちょっと、ほらっ、ほらっ、ほらっ」
「ひぃ~、逝くっ、逝く逝くっ、逝かせてっ、逝かせて頂戴、逝かせてぇ」

アナルに一本、おま○こに二本。あたしのたった三本の指に校長が翻弄され
ています。逝かすも焦らすもあたし次第。でもここは校長室。気の済むまで
というわけにはいきません。あたしはそのまま校長を十分ほど焦らすと、絶
頂へと導くことにしたのです。
「さぁ~校長先生。逝かせてあげますよ。大好きな二穴で、前と後ろの同時
絶頂。深い深ぁ~い絶頂を味わって下さいね。ほぉ~らっ、逝け逝け……」
「ひぃぃ~逝くっ、逝っちゃうっ、逝っちゃうっ、逝っくぅぅ~」
あたしはココぞとばかりに、三本の指で前後のスポットをコネくります。責
め続けました。
もう焦らすことはせず、一気に校長を絶頂の高みへと押し上げたのです。
当然校長は、爆発的な快感に一気の飲み込まれました。
なにしろ今まで焦らしに焦らされ、逝くに逝けなかったエネルギーが一気に
解放されたのです。そんな校長の逝きっぷりは、それはそれは凄まじいもの
でした。

机の上で四つん這いのまま、校長は荒い息を整えています。その間校長室
は沈黙に包まれていました。
やがて校長はおもむろに起き上がると言いました。
「ともみ、今度はあなたの番よ」
「えっ……?」
校長はそのまま机から降りました。
「だってあなた、まだ逝ってないでしょう」
あたしは校長に席を譲るように立ち上がり、校長は空いた椅子に座ります。
「は、はい、でもぉ……」
立ち上がったあたしは、なんとなく校長と向き合いました。
「さっ、後ろ向いて、机に突っ伏しなさい」
「は、い……」
あたしが校長に背を向けると、校長の手があたしの背を軽く押しました。
あたしは下半身は床に立ったまま、腰から直角に折れ、上半身は机に突っ伏
し、座った校長の前にお尻を晒す格好になったのです。
「そう、いい格好よ。ともみ。さっ、それじゃコレで虐めてあげる」
校長は引き出しを開けると、そこから何かを取り出したようでした。
あたしが振り返ると、校長の手には二本のバイブが握られていました。それ
は初めて見る黒いバイブでした。

一本は立派なペニスを模したモノで、筋張ったその姿は禍々しく、手元近く
では枝分かれしています。もう一本は細くて長いバイブで、先端はやや先細
り、一言で言うなら、 "とてつもなく長い指" といった感じです。こちらは
アナル用のバイブだと思われます。
そんな二本のバイブが、校長の右手の中で堂々とそそり立っているのです。

「さぁ、今度はあなたが三所責めを受ける番よ。あたしを焦らした罰に、あ
たしの倍以上の時間焦らしてあげるわ」
「でも校長先生……」
「大丈夫、今日は時間はたっぷりあるから。はい、足拡げてぇ」
校長が二本のバイブを机に置くと、あたしはすぐにビラビラの両脇に、校長
の指先を感じたのです。
「うふふっ。さぁ、まずは拡げて……」
そんな声と共に、校長はあたしのビラビラを両手で割り開いたのです。

お部屋でしましょうね

6
「先生の好きな二穴責めです。Gスポットも、アナルも奥まで、ほらっ」
「あぁぁ~、あぁぁ~そうよぉ、ソコ、ソコなのぉ」
「校長先生凄く締まってる。このままクリちゃんを擦られたら……?」
あたしは右手の親指で、校長のクリちゃんを擦り始めました。

「はぁぁ~そんなっ、あぁぁ~だめよっ、逝っちゃう、逝っちゃうわぁ」
「うふふっ、二穴責めからの三所攻めです。いかがですか?」
あたしは狙いすました三箇所を、正確に責め込んでいきます。
「あぁ~逝っちゃうぅ、逝っちゃうわ、ともみっ」
「ここ、校長室ですよ。いいんですか? こんな所で逝っちゃって……」
「だって、だって、あぁぁ~逝くっ、逝く逝くぅ~、あぁぁ~逝くぅぅ~」
「うふふっ、この締まりよう。校長先生ホントに逝きそうですね。もしもこ
のまま焦らされたら、どうなっちゃいます?」 
「いやよ、焦らすなんて。こんなに感じて逝きそうなのに、絶対いや」
「そうですよねぇ。このタイミングでネチネチ焦らされたら。どんなに辛い
でしょう。ねぇ校長センセ」
「いやよっ。そんなの逝きそうで逝けない生殺しじゃない」
「そうです。逝きそうで逝けない生殺し……。それをじっくりとされたら」
「いやよぉ~、お願いだからやめて、ともみ」
「でも嫌いじゃないですよね。こういうの」
「そ、それは……、じゃ一度だけ先に逝かせて頂戴。ねっ、お願いだから」
「だめです」
「どうして……」
「そういう状態にある体を焦らすから面白いんです。逝きそうで逝きそうで
でも逝けなくて。絶頂1秒前がずぅ~っと続く。そんな焦らしです」
「いやよ、そんなの残酷すぎるわ。あなたも女なら、それがどんなに残酷な
こかわかるでしょう」
「はい。よぉ~っくわかります。逆に言えば、どうされたら辛いかも。だっ
て女の体は女が一番よくわかりますから」

そしてあたしは、本格的に三所責めを再開しました。校長の弱いアナル、敏
感なGスポット、一番触られたくないクリちゃん。それらを感じるように感
じるように、でも逝かないように、じっくりネチネチと責め続けるのです。

「ひぃぃ~だめっ、だめよ、あぁもうだめっ、逝くっ、逝っちゃうぅぅ~」
「あぁー、締まる締まる、さっきより締まってますよ校長先生。もうすぐで
すね、もうすぐ逝っちゃうでしょう」
「逝くわ、もう逝くっ、もう逝くっ。あぁぁ~逝くっ、逝く逝く逝くぅ~」
「はい、だめぇ~」
「いやっ、やめないで。逝きそうなのぉ。ねぇお願い逝かせて」
「だめですよ。こうやって何度も何度も、じっくり、じっくぅ~り。ほぉ~
らっ、また逝きそうですよ。校長先生。ほらっ、ほらっ、ほぉ~ら逝っちゃ
う、ほぉ~らっ、ほらほらっ、ほぉ~らっ、ほぉ~らっ」
「ひぃぃ~だめっ、もうだめっ、あぁ辛いわ、辛いの、ともみぃ」
「そうですよねぇ。スケベで変態な校長先生には一番辛い責めですから」
「そうよ、そうよ。一番辛い責めよ、だから、だからもう逝かせてぇ~」
「んん? まだまだですよ。ほぉ~らっ、ほらほらほらっ」
「いやっ、逝かせてっ、逝きたくてもう気が狂いそうなの。あぁ逝くっ、逝
く逝くっ、あぁ逝くっ」
「まだですよぉ、まだ逝かせませんよ。ほぉ~らっ、ココ、ココでしょう」
「ひぃぃ~だめっ、だめよっ、ソコは、ソコはだめぇぇ~」
「んん~これが堪らない。ほらっ、ほぉ~らっ、じっくりと続けますよぉ」
「いやぁ~だめっ、もう赦してっ、あぁ逝かせてっ、逝くっ、逝くぅぅ~」
「ほらっ、ココ。ココをほらほら、ほぉ~らっ、ほぉ~らっ堪らない」
「だめっ、だめっ、もう我慢できないわ。逝かせてっ、あぁ逝かせてぇ」
「我慢できません? でもまだまだ何度も何度も。だって生殺しですから」

校長の体に絶頂前の硬直が始まりました。校長は逝く前。いつもこうなるん
です。それでもあたしはギリギリを見切って、執拗に焦らし続けました。

お部屋でしましょうね

5
「あたしは校長先生の排泄物ならなんでも受け入れられます。だって先生が
そうさせたんですよ」
その時のあたしは、校長のアナルを見つめて微笑んでいました。

「でも、やっぱり恥ずかしいわ。便を穿り出すなんて。ホントに恥しいの」
「うふふっ、だ・め・で・す。さぁ、ウンチを穿り出しますよ」
あたしは人差し指に加え、中指もアナルに差し込みました。
そして2本の指を微妙に動かし、校長の反応を楽しみ始めたのです。
「あぁー、あるある。コロンとした硬いのが指先に触ってます。コレを挟ん
で引っ張り出しますよ」
「いやっ、やっぱりやめてっ。恥ずかしい過ぎるわ」
「あっ、挟めた。このままゆっくり……」
あたしはソレを挟んだ指を、ゆっくりと引き出し始めました。
それ程太くなく、しっかりと硬いソレは、指二本分の太さが加わっても、十
分に引き出せそうでした。でも油断は禁物です。
「あぁぁ~いやよっ、いやいやっ。お願いだからやめてっ、ともみぃ」
「大丈夫ですよ、しっかり挟めてますから。あとは途中で千切れないよう
に、ゆっくりと引っ張ってくるだけです」
「いやぁ、ねぇ、ホントにやめてぇ」
「こうやってゆっくりゆっくり、あっ、ほらっ、なにか茶色いモノが見えて
きましたよ。これが校長先生の……」
「いやっ、言わないでっ」
「あぁ出てきた。指と一緒ですけど、これって校長先生の排便ですよね」
「いやぁ、いやよぉ。やめてぇぇ」
「あたしだけが見れる、校長先生の排便ショー。アナルが凄ぉ~く拡がっ
て。指と一緒いズルズルと出てきましたよ」
当然ソレは仄かな匂いも伴っていて……。
「あっ、くっさぁ~い。臭い臭い。さすがに臭いますねぇ、校長先生」
「あぁぁ~、恥ずかしいぃ、恥ずかしくて体が震えるわ」

そうなんです。校長先生本当に震えていたんです。校長にすれば、それは意
図しない体の反応だったのでしょう。でもその反応があたしの嗜虐心に火を
点け、油を注いだのです。

「さぁどれくらいの大きさか、全部出して見せて貰いますよ」
「あぁ、そんな……」
あたしは指をそのままズルズルと引き出すと、ソレを掌に載せました。
手術用のピッタリとした手袋は、その重さと硬さが如実に伝わります。
「ほらっ、校長先生」
四つん這いのまま振り返った校長に、あたしはその手を差し出しました。
「いやっ、そんなモノ見せないで」
「あらっ、ご自身から出てきたモノじゃないですか」
「そんなこと言っても」
「そうですか、それじゃ元に戻しておきますね」
「えっ……?」
「元に戻す。もう一度中に入れるという意味です」
指に挟んで引き抜いたソレを、今度は指で摘んで差し込んでいきます。
指と一緒に出てきたソレは、指がない分余裕で戻っていきす。そのまま指も
差し込み、さらに奥へと押し込んであげました。
「はい、戻りましたよ、校長先生」

あたしはお尻の指はそのままに、おま○こにも右手の指を二本差し込むと、
校長の二つの穴を三本の指で捏ねくり回します。
この責め、校長は結構好きなんです。
「あっ、あぁぁ~ん、ともみぃ~、それはぁ、あぁぁ~、あぁぁ~ん」
「うふふっ、そうです。校長先生の好きな二穴責めです。おま○こもアナル
も、たっぷり掻き回してあげますからね」
「あぁぁ~いいぃぃ~、いいわぁぁ~、あぁぁ~感じちゃうぅ~」
「ほぉ~らっ、ココがGスポット。アナルも奥の奥まで入れて、ほらっ」
「あぁぁ~、あぁぁ~そうよぉ、ソコ、ソコなのぉ。あぁぁ~いい、もっ
と、もっとしてっ、そう、そうよぉ~、あぁぁいいぃぃ~」
「校長先生凄く締まって、もう逝きそうな勢いですね」
「そうよっ、逝きそうなの、あぁぁいいぃぃ~、ホントに逝っちゃう~」
「うふふっ、校長先生、このままクリちゃんを擦られたら……?」
「そんなっ、そんなことされたら、ひとたまりもないわ」
「そうですか。それじゃ……」
あたしは右手の親指で、校長のクリちゃんを擦り始めました。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土