FC2ブログ

あなたの燃える手で

Welcome to my blog

花京院家のドSメイド

8
伊織は薫の焦りを楽しむように、腰を動かし始めた。その動かし方はもち
ろん "のの字のの字" だ。

「あぁぁ~、だめっ、そんなっ、いやよっ、いやっ、お母様の見ている前
で逝くなんて……。伊織ぃ~」
「ご覧ください奥様、口では拒絶しても、体はこんなに感じております」
「本当にアナルが、ううん、全身が逝きたがっているのね」
「はい。アナルだけで逝くお嬢様を、もうすぐご覧いただけます」
「楽しみだわ。この子がアナルだけで……。どんな顔で逝くのかしら」
「是非正面にからご覧ください。お嬢様のその時の顔を」
「そうね、そうするわ」
葵はテーブルの反対側に回ると、椅子に座って薫を見た。
「さぁ、いつでもいいわよ伊織」
「はい。それでは本格的に……。責めて参りますよ、お嬢様」

すると伊織の腰が、今まで以上にリズミカルに "のの字のの字" を紡ぎ出
した。それは波に乗ったように、そしてその波は薫を絶頂へと絶え間なく
煽り続ける。
「ほらっ、 "のの字のの字" でございますよ。お嬢様」
「いやっ、いやよぉ~。あぁぁ~だめっ、もう、もうそれ以上は……」
「もう我慢も限界でございますか? でもこのままお母様の目の前で逝く
まで、何回でも "のの字のの字" で責めて参りますよ」
「あぁぁ~だめっ、ホントに、ホントに逝っちゃうぅ~」
「まぁ~伊織。薫が、薫が逝きそうよ」
「それもアナルだけで逝く、アナル逝きでございます、奥様」
「あぁぁ~、お母様見ないで、見ないでぇ~」
「薫。本当に逝く気なの。それもアナルだけで……。母親であるあたしの
見ている前で……。それがどれだけ恥ずかしいことか、わかってるの?」
「だって、だってぇ、あぁぁだめっ、もうだめっ、もう逝っちゃうっ」
「見てるわよ薫。お母さんここからよぉ~っく見てる。アナルで逝くあな
たの絶頂の瞬間を、その時の顔を、よぉ~っく見てるわよ」
「ふふふっ、それではお嬢様。そろそろトドメを……」
「いやっ、いやよぉ、やめて伊織ぃ~」
「奥の奥のココを、ディルドの先端で、グリグリグリほじくると……?」
「ひぃぃ~、そんなっ、逝くっ、逝くっ、あぁぁ~逝く逝く逝くぅぅ~」
「奥様……」
「分かるわ。こんなに全身を震わせて、よっぽど気持ちいいのね」
「その瞬間のお嬢様のアナルの締まりが、ディルドを通して伝わって参り
ました。あれはかなりのものかと存じます」
伊織はディルドを抜ける寸前まで引くと、そこからゆっくりと付け根まで
入れていった。それだけで薫の全身は、思い出したようにガクガクと打ち
震える。
「まだ余韻が残ってるのね」
「お嬢様。お母様の目の前でアナル逝き、あぁ、なんてはしたない……」
「いいのよ、薫。今度はお母さんが……」
葵は立ち上がると、力なくとテーブルにもたれ掛かっている薫の後ろに回
り込んだ。
「今度はお母さんがシテあげるわ。伊織、選手交代よ」
「はい奥様。どうぞお使いください」
「えっ……?」
薫は夢うつつといった感じで聞き返した。
「薫。今度はお母さんがアナル逝きさせてあげる」
「お、お母様……」
そんな会話を聞きながら、伊織は腰のディルドを取り外した。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

花京院家のドSメイド

7
玄関のチャイムが『花京院 葵』の帰宅を告げた。
「 "噂をすれば影" でございますね、お嬢様」
「あぁ、ママ、なんで帰って来ちゃうの……」

玄関のドアが "ガチャリ" と開き、そして閉まる音。靴を脱いでいるのだ
ろうか、その後の僅かな沈黙。
「ただいまぁ。伊織ぃ、帰ったわよぉ」
食堂のドアが閉まっている為、その声は少しくぐもって聞こえた。
「奥様ぁ、こちらでございますぅ」
伊織は自分が食堂にいることを知らせるように声を張った。
葵が食堂のドアを開けるまで、時間の掛かるはずもない。スリッパで歩く
音が食堂に近づき、玄関よりも控えめな "カチャッ" という音で食堂のド
アが開いた。

「お帰りなさいませ、葵奥様」
そう言った伊織は、制服のままテーブルに突っ伏した薫のお尻に、腰を押
し付けるように突き出している。
「お……、お帰り、なさい、お母様……」
薫は薫で上半身をテーブルに乗せ、首だけを葵に向けている。
そんな光景があまりに意外すぎたのだろうか、葵は一瞬その場に立ち尽く
した。ように見えた。しかしそれは、彼女にとってそれほど意外な光景で
はなかったようだ。
「まぁまぁ、なぁにぃ? お仕置きかしらぁ? 伊織ぃ」
「はい。お嬢様のテストの点があまりに……」
「もしかして数学……? そうでしょう?」
「はい」
「やっぱりねぇ。昔から数学が苦手な子だから……。でっ、どんなお仕置
き?」
「長いアナル用のディルドで、お嬢様の直腸の奥の奥を責めております」
「まぁ、アナルに入れてるの?」
葵は二人の横に歩み寄ると、その結合部分を上から覗き込んだ。
「あらっ、本当にアナルに入ってるわ」
「お嬢様には今まで届いたことのない奥の奥を刺激し、初めての快感を楽
しんでもらっております」
「伊織、あたしまだ一度も……」
「そうでございますね。肝心の絶頂はまだ一度も達しておりませんね」
「まぁ、焦らして楽しんでるのね」
「はい。お嬢様はアナル性感がお強いので、いいお仕置きになるかと」
「そうね、いい考えだわ。」
「それもかれこれ、1時間。奥様がお帰りになられるまでというお約束で
したので、お嬢様にはようやくここで絶頂を味わっていただきます」
「まぁ、あたしが見てるのに? いいの薫」
「いやっ、いやよ。お母様の前で逝くなんて絶対いや」
「こう言ってるけど? 伊織」
「だからいいお仕置きになるのでございます。さぁ薫お嬢様」
「だからいやよっ」
「そうは言っても、焦らしに焦らされたこのアナルが逝きたがっておりま
すよ。今一度 "のの字のの字" で責められれば、お嬢様はいやでも……」
「な、なによ」
「今度は逝くまで "のの字のの字" ございます。ほぉ~ら……」
「ひぃっ、だめっ、やめて伊織。ホントに逝っちゃう」

薫の焦りを楽しむように、伊織は腰を動かし始めた。

花京院家のドSメイド

6
「あと50分は確実に、この生殺しを楽しんでいただきます。あたくしも
心ゆくまで楽しませていただきますので……」

制服のまま食堂のテーブルに突っ伏した薫。
メイドの伊織は、そんな薫のスカートを捲り、ショーツを下ろすと、自分
も股間のアナル用の長いディルドを薫に突っ込んだ。伊織はアナルの奥で
ディルドを "のの字のの字" と動かし、お仕置きの名のもと、最高の快感
を与えていくのだった。もちろん生殺しにしたままで……。

「ふふふっ、ココがお嬢様の感じるところ。直腸の奥の奥。この突き当た
った辺り。この感じるところにディルドを押し当てて……」
「あぁぁ~ソコはだめっ、ソコ感じるっ、あぁぁいいぃ~」
「押し当てたまま "のの字のの字" ほぉ~らっ、逝きたい逝きたい」
「あぁぁ~いいぃ~、いいわぁ~、伊織ぃ、ソコ、ソコ、ソコがいいいの
ぉ~、あぁ逝くっ、逝くぅ~」
「いかがです? 薫お嬢様。 そろそろ我慢の限界では?」
「限界よ。もう逝きたくて逝きたくて堪らないの。わかってるクセに。も
う伊織の意地悪。あぁもうだめっ、逝っちゃうぅ、あぁ~逝かせてぇ~」
「残念ながら、逝かせるワケには参りません。なぜならこれはお仕置きな
のですから」
「そんなぁ、お願いだから逝かせて、ねっ、いいでしょう、伊織ぃ」
「だめでございます。お嬢様にはこのままじっくり、 "のの字のの字" の
快感を味わっていただきます」
「あぁ逝くっ、もう逝くっ、逝く逝くっ、あぁ逝くっ、逝かせてぇ~」
「また逝きそうでございましたねぇ。一番弱いココ、ココだけを集中的
に、徹底的に、ジワジワと時間を掛けて執拗に責めて参りますよ」
「あぁぁ~そんなっ、それで逝かせないなんて、残酷よ伊織ぃ~」
「そう、あたくしは残酷でございますよ。でもそんなことはとっくにご存
知のはずでございますが? お嬢様。それに残酷は、あたくしのもっとも
欲しい称号でございますれば、ありがたく頂戴致しとうございます」
そんな伊織の言葉に嘘偽りはなかった。
薫はそのまま何十分も責められ続けたのだ。

「あぁ伊織ぃ、逝くっ、ホントに逝くっ、逝く逝く逝くっ、あぁ逝くぅ」
「お嬢様? お嬢様が逝けるのは、奥様が帰ってきてからでございます」
「えっ? なにそれ」
「つまり、お嬢様には奥様の見ている前で逝っていただきます」
「いやっ、いやよそんなのぉ」
「せっかくのアナルのディルド責めでございます。しかも薫お嬢様には新
たなる快感を発見していただいた模様。そんなお嬢様がアナルで、アナル
だけで逝く瞬間を、奥様には是非ご覧い頂きたいと、左様に思っておる次
第ででございます」
「いやよ、ママの前で逝くなんて。それもお尻だけでなんて……」
「お尻だからいいのでございます。このディルドを引き抜いて、ポッカリ
と洞窟のようになったアナルの中も、しっかりと覗いていただきます」
「いやよ、いやいや、そんなの恥ずかし過ぎるわ」
「そうは言っても、そろそろ奥様が帰って来る頃かと存じますが……」
「えっ? ウソ?」

そして数分後、玄関のチャイムが花京院 葵の帰宅を告げた。
「ほらっ、早速……。 "噂をすれば影" でございますね、お嬢様」
「あぁ、ママ、なんで帰って来ちゃうの……」

爛爛と目を輝かせる伊織とは対照的に、薫は絶望の淵へと沈んでいった。

花京院家のドSメイド

5
薫の母『葵』が帰るまでの1時間。薫は焦らされることになった。

伊織は薫の腰を掴むと、再び長いストロークを始めた。
「あぁぁ~ん、伊織ぃ、そっ、そんなに、あぁぁ、あぁぁ~ん」
「さぁ、薫お嬢様。アナルだけで逝っていただきますよ」
「あぁぁん、そんなっ、おま◯こも触ってぇ。あぁぁ~、あぁぁ~ん」
「お嬢様はもう逝けるはずでございます。ですから他は一切触りません」
「そんなぁ、おま◯こも触ってよぉ。あぁん、うぅん、あぁ~いいぃ~」
「だめでございます。ここだけで逝っていただきます。この奥の奥で」
「あぁぁ~、そうよ、ソコ、ソコソコ。あぁぁ~いいぃ~、感じるぅ~」
「うふふっ、ココでございますね、お嬢様」
「そうよ、そう、ソコをさっきみたいに、責めてちょうだい」
「ココにディルドの先を当てて "のの字のの字" でございますか?」
「あぁぁ~いいぃ~、それよ、それそれ。あぁぁ~、もうクセになりそう
なくらい気持ちいいわぁ~」
「結構でございますよ。クセになって。時間はたっぷりございます」
「あぁぁ~いいぃぃ~、そう、そうよ、もっと、もっとしてぇぇ~」
「お嬢様。この快感をしっかりと体に刻み込んでいただきます。お尻の穴
の奥の奥で感じる背徳の快感、悦楽を。これを知ったらもう戻れません」
「あぁぁ、もう堪らないわぁ、あぁぁ凄いぃ、ホントに戻れないかもぉ」
「うふふっ、ほらっ、もっと押し付けると? ほぉ~らっ」
「ひぃぃ~、感じる。押し付けられると、更に感じるわぁぁ~」
「そしてそのまま "のの字のの字" でございます。ほらほらほらっ」
「ひぃぃ~、そうよ。それ、それがいいの。もっと、もっとして、もっと
して伊織ぃぃ~」
「わかっております。ココを徹底的に……、ほらっ、ココココ」
「あぁぁそう、そう、何度されても感じるわぁ~」
「お嬢様のその声。かなり感じていらっしゃる時の声でございますね」
「だってこんなに気持ちいいんだもん。あぁぁ~いいぃ、逝くぅぅ~」
「そうは参りません。逝くことだけは叶いません。絶対に……」
「あぁぁ~そんなっ、あぁ逝くっ、逝くわ伊織ぃ~、逝くぅぅ~」
すると伊織の "のの字のの字" がスーッと弱まる。
「ほらっ逝けない。ジワジワとこのまま生殺しでございますよ。お嬢様」
「そんなっ、そんなぁ、逝かせてっ、逝かせてよぉ~」
そしてまた "のの字のの字" が始まる。
「ほぉ~らっ、この "のの字のの字" が気持ちいい。ほらほらほらっ」
「はぁぁ~、それっ、それ逝っちゃう、伊織ぃぃ~」
「ホントに逝きそうでございますねぇ、お嬢様。余程この "のの字のの字"
がお気に召されたようで。この "のの字のの字" が。ほぉ~らっ、ココ」
「ひぃぃ~、ソコぉ。あぁ逝くっ、逝く逝く逝くっ、あぁ逝っちゃうぅ」
「うふふっ、まだまだ。 "のの字のの字" でございますよ、お嬢様」
「あぁ~もうだめっ、もう我慢出来ないぃ、堪えられない。お願い伊織。
もう逝かせて……」
「だめでございます。我慢出来ない体を、堪えられなくなった体を、じっ
くりと嬲り楽しむのが、この伊織の至上の喜びなのでございます」
「あぁ~んもう、伊織のドSぅ」
「ドS ……。それは最高の褒め言葉でございます。さぁ、お嬢様。奥様の
お電話からまだ10分も経っておりませんよ」
「えっ、嘘、嘘でしょう……?」
「つまりあと50分は確実に、この生殺しを楽しんでいただけます」
「50分って、そんなに……。ちょっと待って……」
「あたくしも心ゆくまで楽しませていただきますので。ほぉ~らっ、お嬢
様の大好きな "のの字のの字" "のの字のの字" でござますよ。何度も何度
も、逝かないように "のの字のの字" "のの字のの字" ……」

花京院家のドSメイド

4
「太くしたディルドを奥の奥まで入れて、ほぉ~らっ、のの字……」
伊織の腰がひらがなの "の" の字を描くいて動く。その動きは薫の直腸の
奥で、敏感な腸壁を刺激し、えもいわれぬ悦楽を生み出していく。

「あぁぁ~いいわぁぁ~伊織ぃ。ソコ、ソコよ、ソコが感じるのぉ~」
「ココ。今まで触れたことのない、奥の奥でございますね」
「そ、そうね、でも凄くいいぃ。あぁぁ感じるっ、あぁぁ~いいぃぃ~」
「それは宜しゅうございました。それではココをじっくりと……」
「ひぃぃ~、そうよ、そうよ、もっと、もっとして伊織ぃ」
「お任せ下さいませ、お嬢様。おま◯ことは違うアナルの快感。たっぷり
とお楽しみ下さいませ。ほぉ~らっ、ほぉ~らっ、ココをほらほらっ」
「ひぃぃ~、逝くっ、なんか、なんか逝きそうよぉ、伊織ぃ」
「それはだめでございます。逝かせるわけには参りません」
「どうしてよぉ、こんなに感じてるのにぃ。逝かせて、逝かせてょぉ~」
「薫お嬢様。これはお仕置きということをお忘れですか?」
「えぇ……?」
「そもそもこれは、お嬢様が数学のテストで50点以下という醜態を晒し
た故のお仕置きなのです」
「だってぇ~、それはぁ……」
「 "だってぇ" じゃございません。80点は取って欲しいところを50点以下
とは言語道断でございます。したがってこの伊織、心を鬼にしてお嬢様か
ら絶頂を奪い、徹底的に焦らす所存でございます」
「な、何よそれぇ~」
「快感に貪欲な体から絶頂を奪う。絶頂寸前の快感を味わいながら逝くに
逝けない。いかがです? 薫お嬢様には、一番効果的なお仕置きと……」
「もう伊織ったらぁ~、なんてこと考えつくのよぉ」

その時、伊織のスマホが鳴った。
ポケットから取り出したスマホには、 "葵奥様" の3文字が見える。
「はい、伊織でございます」
「あぁ、伊織? これから帰るわ」
「お早いお帰りでございますね。いつもより1時間位以上早いかと……」
「そうなの。予定が変わってね。」
「いかがでございましょう。こう言う時くらい、お帰りになられましたら
ジョギングでも」
「まぁ、この暑いのに?」
「えぇ、もちろん奥様の汗はこの伊織が綺麗にいたしますので」
「綺麗に? その舌で?」
「勿論でございます。隅から隅まで、全身くまなくでございます。ただし
奥様を吊るして、でございますが」
「嬉しいわ。アレ身動き出来なくて、とっても感じちゃうのよね」
「それでは、用意をしてお待ちしております。お気おつけてお帰りくださ
いませ」
「わかったわ。それじゃ……」
伊織はスマホを耳から離すと、ポケットに戻した。

「お嬢様、もうすぐ奥様がお帰りになられます」
「だからぁ?」
「丁度いいので、奥様がお帰りになられるまで、お嬢様には逝くのを我慢
していただきます」
「えっ、嘘でしょう?」
「嘘ではございません。おそらくあと1時間ほどの我慢でございます」
「1時間も……? そんなに我慢出来ないわよぉ」
「だからいいお仕置きになるのでございます。そしてこの伊織もゆっくり
と楽しめるというもの……」

伊織は薫の腰を掴むと、再び長いストロークを始めた。

About this site
女が女をじっくりと、生殺しのまま犯していく。その責めに喘ぎ仰け反る体。それは終わり無き苦痛と快楽の序曲。     
About me
誠に恐縮ですが、不適切と思われるコメント・トラックバック、または商業サイトは、削除させていただくことがあります。

更新日:日・水・土